時間の旅人として宇宙を生きている ~ 自然療法プログラム・よしてるくん物語

41歳のよしてるくんが自然療法プログラムを受け始めたのは、先日自然療法プログラムを卒業したエニーがプログラムをスタートさせたのと同日である、6月6日のことでした。今回は、それから1ヶ月後に卒業を迎えたよしてるくんが卒業コンサートで発表した「ケア滞在記」と、ケアコーディネーターのようこがまとめた「よしてるくんのケア物語」、そして「ジイジからよしてるくんに贈られたメッセージ」をご紹介します。


 

よしてるくんのケア滞在記

私が初めて木の花ファミリーを訪れたのは、今から13年前のことでした。その後、何度かここを訪れ、4年前には1回目の自然療法プログラムを受けました。1ヶ月後、ケアは終了し、そのままここの仮メンバーになり、ここで1年弱を過ごしました。しかし、自分と向き合うことにやる気を無くし、メンバーを辞め、ここを去りました。

ここを去った後の最初の1年間、私は知的障碍者の社会生活や就業支援の指導員として働きました。心も体も不安定だった私は、この1年で自分は指導する側の人間ではなくて、指導される側の人間だと気付きました。

そして私はその事業所を辞め、発達障害(ASD)の認定を受け、それから1年間、専門のカウンセラーの元、その改善に取り組みました。そこでの取り組みは、脳機能を含めた肉体改善が主体の取り組みでした。その取り組みの中で、穏やかに安定して生きていくには、やはり考え方をどうにかしないとダメだと気付きました。

そして私は仏教に出会い、それまでの肉体改善主体の取り組みを辞め、仏教組織に通い、経典を読み、瞑想を習うようになりました。可能性を感じ、それなりに心の落ち着きは得たものの、経典通りには進められず、根本的なところの改善には届きませんでした。

根本的なところというのは、自己中心的な心、傲慢な心、慢心し怠ける心、そして思考ですべてを処理していくこと。

その取り組みは、一人だけの取り組みでもあり、一人だけではしっかりと取り組めず、根本的なところの問題を残したままでした。

そんな中、これからは自分の人生とそこにある責任は全部自分のものだから、自分で背負って生きていこうと決意することがあり、親からの金銭的な支援をすべて断りました。

ですが、この先、そのように生きていくためには、根本的なところの問題を残したままでは難しいという感覚があり、不安になっていました。そこのところの改善がどうしても必要で、そのためには、しっかりと取り組めるだけの環境と改善に向かうことができる指針のある所が必要でした。

私の知る限り、そういう所は木の花ファミリーしかありませんでした。自分自身のために、プライドを捨て、再びここへ救いを求めることを決心しました。それはちょうど時代の切り替わり、令和元年5月のことでした。

翌月の6月6日、ケア滞在がスタートしました。同じ日に中国人のエニーも、ケア滞在のスタートでした。彼女は私より3日早く卒業しました。そのおかげで自分以外のケア滞在の一連、スタートから卒業までを生で見ることができ、それはとても良い刺激になりました。エニー、ありがとう!

私のケア滞在はちょうど丸1ヶ月で終わりました。今回の2回目のケア滞在の目的は、けじめのつかない自分を卒業すること、道理が分かる人になり、そして分かっているだけの状態からやっている、成っている状態へ進化していくことでした。

滞在中には毎日、起きた出来事とその時々に湧いてきた思いを日記に綴り、主治医のジイジにコメントをもらいました。そのコメントを受け、次の日の取り組む姿勢を決めていきました。

サポーターのヒロッチには、ノートのコメントの解説や日々の取り組み方、その時々の悩みなどの相談に乗ってもらいました。同じ部屋で寝起きし、過ごしてもらえることで、取り組む姿勢を保てたり、気持ちをほぐしてもらえたり、とても助かりました。

この取り組みに必要な環境を作ってくれているメンバー達には、色々と話を聞かせてもらうことも多く、その話から、または一緒に作業をさせてもらうことから、あるいは彼らの日常の様子から、改善のヒントを色々と得ることができました。

ケアスタート時、私はたくさんの思考を回していて、そしてそれをうまく処理できない状態でした。そこでまずは、自分で自分の思考をうまく処理できるように思考を仕分けていくことが最初の課題となりました。

このような自分自身の問題点や課題が、日々起きてくる出来事とそれを読み取るジイジのコメントから次々に現れてきて、そのことに一つ一つ取り組んでいきました。

思いを仕分けることの他には、思考と行動のバランスを取ること、主観的に物事を捉えずに客観的に捉えていくこと、慢心しないこと、意欲を持って日々過ごすこと、自分を超えた者の視点に立ち、世界観を広げていくこと、評価を狙うことを辞めること、上げ底にならずに本音を元に進めていくことがありました。

メンバーや滞在者や子供達、色々な人達と関わることの中で起きてくる出来事を課題に取り組むチャンスにしたり、今の自分の状態を確かめるキッカケにしながら一つ一つ進めていきました。

そのように進めていくうちに、自分自身の主観的な思いやネガティブな響き、周りとの繋がりを無視したあり方が自分にも周りにも負の影響を与えていくことの実感と、客観的に捉え、響き良く、繋がりを意識したあり方が、穏やかで心地良い日常を作り出す実感とが、自然と感じられていきました。

社会情勢や社会問題をテーマにメンバー達が話し合う時間も多くあり、そういった中でも人間の心のあり方やそれぞれが持つ世界観が個人の人生や世の中にどのような影響を与えるかということを学ぶことができました。

不登校がテーマの時は、自分が得しようとするあまり、評価ばかりを気にして不正直に過ごし、家族にも誰にも心を開かず、繋がりを感じられない孤独な世界観の中で生きてきたことを振り返ることができました。そして、自分自身がそうであったからこそ、つまらない苦しみの多いうまくいかない人生が私にもたらされていたことを確認することもできました。

このような話し合いの時には、必ずジイジからの広く高い視点からのコメントがあり、その話を聴くことが私の世界観を広げてくれる助けとなりました。ここで発行されているニューズレターやホームページのブログを読むことも取り組みのひとつとしてありましたが、それも同じように私の世界観を広げてくれる働きをしてくれました。

そのような広い世界観を借り、思いの働きを日常の中で探っていくと、自分自身に起きる問題はすべて自分自身の影響があることが理解されていきました。

本当はすべて繋がっていて、その流れの中に自分もいて、不満も不安も感じようのない優しい世界がここにもある。それを歪めているのは自分自身、人間自身。人間の歪んだ世界観と繋がりを無視した自己中心的な思い。

この場所でたくさんの人達に助けられながら色々な体験をする中で多くのことを学びましたが、私は自分自身の人間性にふさわしく出来事が起こり、自分自身の人間性が自分自身の人生を創っていくことは、ケアに来る前から分かっていました。他を無視して自分本位で生きていくことがどのような結果を生むか分かっていました。

それなのに、それを辞めることができず、ずっと同じことを繰り返していました。

そんな私を見て、ジイジは、もうええかげんにせえよ、と。いつまでも自分だけの世界に囚われていないで、天と共に美しく流れる人生を歩んでいきなさいよと、そうできるように天と私をつなぐ柱をプレゼントしてくれました。

ジイジは私に日の丸のようにさわやかに生きていくことを提案してくれました。自分が存在することで、自分も周りも迷惑しない、物事がうまく運んでみんなに喜んでもらえる。そういうふうに誇りが持てる。そんな人生を生きていく。

私の名前は「慶(よろこ)」ぶに「日の光」と書いて、慶晃(よしてる)です。今まではその意味を日の光を慶ぶ人だと思っていた。でも、これからは、日の光のように存在し、みんなに慶んでもらえる人になっていく。

道理を理解し、今の響きを感じながら、これからどういう響きがやってくるのかを感じながら、そこにある流れを受け、この世界の仕組みと共に、この世界の一部として、そこにある思いを共有しながら、そうやって生きていく。

今日は卒業式だけど、日の丸のように生きていくNEW慶晃に成っていくためのスタート式でもあります。

この卒業式とスタート式を創りあげてくれたみなさま。ジイジ、サポーターのヒロッチ、メンバーのみなさん、関わってくれたみなさん、どうもありがとうございました。

みんなと共にあったこと、みんなと共にあることがとても嬉しいです。これからもどうぞよろしくお願いします。

 


 

よしてるくんのケア物語

41歳のよしてるくんが初めて木の花ファミリーを訪れたのは、今から13年前のことでした。大学生の頃から社会生活に馴染めず、うつ的で引きこもりがちだったよしてるくんは木の花ファミリーに長期滞在をしたり、いろいろな形で関わってきました。そしてうつ的な状態が悪化してきた2015年1月には1回目の自然療法プログラムを受けました。当時は順調にプログラムが進み、1ヶ月で卒業を迎え、その後よしてるくんは「第1回1ヶ月間の真学校」の受講を経て、木の花ファミリーメンバーとなったのでした。

しかし、自分と向き合う気持ちがなくなったよしてるくんは、その後木の花ファミリーを離れる決断をし、それから連絡が途絶えていたのですが、今年の5月に突然、連絡が入りました。よしてるくんは木の花を離れている間に発達障害や化学物質過敏症と診断されたそうですが、「今後安定して生活し続けられるように精神面を改善したい。ひとりでも向き合えるように、ウソのないように生きることが必要だと思っています。できましたらお力をお貸しいただけないでしょうか」というメールを木の花宛てに送り、再度自然療法プログラムを受けることを決意しました。そして6月6日、木の花ファミリーを再訪し、ケア滞在がスタートしたのです。

ケアスタート面談の際、ジイジからよしてるくんに次のように伝えられました。「今、時代は大きく変わりつつあります。それは、大きく変わりつつあるから時代に置いていかれるということではなく、時代が変わるときには今までなかなかきっかけを掴めなかった人にはチャンスだということです。平穏な時代には一発逆転を狙おうと思ってもなかなかきっかけが掴めないものですが、この世界的大変革の波に乗れば、スイングバイできるチャンスでもあるのです。ですから、まずは健全な社会生活を営むことができる精神状態になるために取り組んでいきましょう。あなたは私から観れば、病気でもなければ、発達障害でもありません。これはあなたの人間性の問題です。前回、あなたは背のびしすぎて、模範生として立派なことを語り、内にある癖が取りきれていなかったのですが、これからそれを個性として活かし有効活用すればいいのです。あなたの問題の発信源は理屈っぽく自らの問題と向き合うことから逃げていることです。それを物事の道理を正していく能力として今後は活かしていきましょう。」それを聞いたよしてるくんは「自分を誤魔化して逃げる癖が自分でもわかりつつやめられないのです」と答えると、ジイジからは「あなたの自浄能力はそこが限界です。そこで現状を突破するために私たちを信頼し、他者の力を借りて、ある意味自らの道理の通らない理屈を打ち負かすことが大切です」と伝えられ、ケア滞在がスタートしたのでした。

まず、ジイジからよしてるくんに与えられた課題は、今までの自分について思うことや日々の心の動きを日記に綴りながら、自らの奥に秘められている悪想念を日記に出していくことでした。ジイジ曰く、「悪想念を浄化するために日記に出していくことを意識し、前向きに取り組めたらいいですね。」そうして、よしてるくんは日中は畑や倉庫、キッチンでの作業に参加しながら、自分と向き合う旅を始めたのでした。

1週間面談の際、ジイジはよしてるくんに次のように伝えました。「今回の取り組みを成功させるためには、この取り組みを成し遂げるという決意が大切です。日記のところどころであなたの理屈先行型の癖が出ていて、それはあなたの個性でもあるのですが、余計な思考でもあるのです。ここ1週間の日記を読んでいたとき、前回の取り組みのときのあなたの日記のことを思い出し、あなたは筆記テストでは良い点を取るのですが、いざ実力となるとからっきしダメなところがあり、そこが一番の問題点なのです。今回のあなたの日記を読んでいると、あなたはいつも自分に負けています。自分に負けるということは、自分の癖・性分が出たときにコントロールできていないということです。しかし、私たちにとって人生の一番大切なテーマは自分に打ち勝ち、優れた人格となることなのです。優れた人格となると、自分の行動以上に事がうまく進むようになります。それは天が味方しているということです。さらに優れた宇宙意識レベルに到達すると、フリーエネルギーで無駄がなく、エネルギーを足さなくても事がなっていくようになるのです。」

それからも、作業に出ながら自分と向き合おうとしていたよしてるくんですが、用事を済ませるために一度東京に戻ったときには、「ひとりになるといろいろと自分の都合でやりたいことが湧いてくる。木の花にいるとまわりのサポートがあって自制しやすいから、今の自分にはここの環境が必要だ」と感じたようでした。

そうして迎えた2週間面談の際、ジイジから、「あなたは一生懸命取り組んでいるようですが、あなたにはまわりに受けることを期待して取り組んでいるところがあるので、意外と変化の手ごたえが少ない印象があります。本当は受けることではなく、自分の変化のために取り組まないといけないのです」と伝えられると、「自分でも良く思われようとして日記を書いていて、その癖が染み付いているのがわかります」と苦笑いしていたよしてるくん。そんなよしてるくんにジイジは、「かっこ悪くても正直にすべてを出したほうが改善は早いのです。良いも悪いもない自分のそのままを書いていくことを癖にしたらいいのです。今のあなたの癖を続けていくと、ある意味自分の人生に問題ごとの種を蒔いていることにもなりますからね。何回もこの取り組みを繰り返すわけにはいかないのですから、今回を最後の取り組みとするだけの決意を持つことが大切です。
この面談の前にエニーと面談したのですが、彼女には『いかに私たちは宇宙人として生きるのかがこれからのあなたのテーマですね』と伝えましたが、あなたの場合は『いかに健全なよしてるとして生きていくのか』がテーマです。しかし、これは紙一重の話なのです。この瞬間に目覚めたら、いきなり宇宙人になれるのですから。つまり、今あなたの意識がどこにあるのかというだけのことなのです。そしてすべてのキーポイントは悟りなのです。たとえば、引きこもりの人が外に出るようになれば『外に出ることはいいことだ』と悟っているのですし、現代人が地球の癌細胞のようなものだと気付き、『一般の生き方ではない、もう少し優れた生き方をしよう』と気付くことも、悟りです。そこから、『自我に囚われていてはいけないから、自我を超越しよう』と決意して生きたならば、それこそそれは菩薩から仏への歩みなのですから、本当の悟りになるのです。いきなり仏の境地に至ることはできないかもしれませんが、いきなり菩薩にはなれるのですよ。
そして、自分にふさわしい至れり尽くせりのことを日々与えられ、そのゆりかごの中で育てられているくらい私たちが配慮されて生かされていることに気付けば、私たちはなんとありがたい世界で生きているのかがわかるのです。そうすると、今まで自分に人から注文をつけられていたと思うことすら、ありがたいことになるのですよ。そして仕舞いにはそういうこともどうでもよくなるのです。それはそういうことが必要な段階にあるからありがたいのであって、実際にこの世界にはありがたいも何もないのです。あるからあるだけのことです。それが、周りの環境や自らの精神に振り回されない安定した状態となり、人間の目指す最終到達地点となるのです。」

この面談以降、この先の生き方に対する目標を明確にし、自分と向き合いコントロールする意欲を継続するために、作業にも参加しながら、ジイジブログやニューズレターを読む時間も意識的に取るようにしていったよしてるくん。よしてるくん曰く、「自分がここに来てどれだけ根本が変わったのかはわからないが、日々自分の思考に飲み込まれて深みにはまるようなことがずいぶんなくなってきたところを観ると、何かしらの変化はあったということなのかと思う。」

そして3週間面談の際、ジイジはよしてるくんに次のように伝えました。「この取り組みは長く続けるものではないので、1ヶ月を区切りにして卒業してもらいたいと思います。あなたは自分の問題点を語ることはできるのですが、あなたの問題はそれを日々語りながら捨てようとしないことです。それを捨てればよいだけのことです。そこに取り組んで、このプロジェクトを終了しましょう。次回までのテーマは区切りをつけることです。不要な思考が出たらそれをさっとその場で消せる人、できれば不要な思考が出ない人になることが最終目標です。」

こうして迎えた4週間面談の際、ジイジからは、「あなたは今まで物事の流れを無視し、自らの理屈で生きてきたことを理解する必要があります。流れは宇宙が創っているのですから、いただきますという精神が必要です。簡単に言うと、人生は神様からいただいて神様にお返しする。生きるということは自分が生きているのではなく、神様にいただいたものなのですから、『あなたの命に従って生きています』という謙虚な心を持つことが大切です。それは自我を捨てることですから高い意識の人となります。そのことを理解し卒業してください。先日卒業したエニーが中国代表だとしたら、あなたは日本代表として日の丸のようにさわやかに卒業し、これからさわやかに生きていってください」と伝えられ、ちょうど1ヶ月でよしてるくんは卒業を迎えたのでした。

卒業する前々日の日記にはこう書かれていました。「蓮池の葉と水面の間の世界を覗いた。地球上にいてもその背景に宇宙が広がり、日常の風景の裏には潜象世界が広がっている。裏と表、上と下、縦と横、手前と奥。意識を広げられた分だけ、繋がりを感じられ、繋がりを感じられた分だけ囚われから離れ、穏やかに過ごせる。」それに対しジイジは、「哲学者になったやないか、お前!有効活用しましょう」とコメントしたのでした。卒業後も木の花ファミリーに滞在しながら、社会復帰に向けて取り組んでいくよしてるくん。これからは「人生学哲学者」として健全で充実した人生を歩んでいってください。まずは卒業おめでとうございます。

 

ー 時間の旅人として宇宙を生きている byジイジ ー

私はいつも意識があなたのほうを向いていることに気付きます。それは、私がこの世界に存在することの原点を感じるからであります。そのあなたを感ずる私の力は微妙なものであります。私が肉体的意識をセンサーにして生きれば、あなたの存在を感じることは難しいものですが、たびたび意識の隙間からあなたの存在する世界にセンサーがアクセスすることがありますので、存在を感じるのです。私はあなたの存在を感じたとき、不思議な気持ちになります。それは私の存在する世界で、どのように喜びを発掘しようと思っても得られないものです。そのあなたのおいでになるほうに意識を向け、あなたの存在の息吹を感じたとき、なにかしら言いようのないすべてのふるさとのように感じられる響きの世界があることを感じ、私が存在するこの現象世界で得られるであろう喜びのすべてを超越した満足が、そこにあることに気付くのであります。

ですから、私は時々この世界にいることを空しく思い、そしてあなたのほうに旅立つことを望むのであります。どちらにしても、あなたのもとから来た私にとっては、いずれまたあなたのもとへ還るのですから、私は十分に満足なのです。

毎日、瞬間瞬間の時の旅を留まることなく永遠に歩んでいますが、この永遠は私個人の体感する枠の中では有限なのです。私はそのことがわかっているので、永遠に続くように思われるこの現象世界の中にいても、至福の心を持ち続けることを可能にするのです。

私は赤子のように物理的なすべてを取り去って裸になり、霊的にすべてのこだわりを取り去り魂だけになったとき、この境地に浸ることの喜びに至るのです。

 


よしてるくんのケア滞在記とケア物語が読まれた後、ジイジからよしてるくんにメッセージが贈られました。


 

地球を健全にするプロジェクト・自然療法プログラム

最近の傾向として、うつ病や社会生活不適応など、心の病気を抱えている人たちは、木の花ファミリーに自然療法プログラムの問い合わせはするのですが、実際に自然療法プログラムを受ける決断をする人は少ないのです。今年の2月にPさんが自然療法プログラムを卒業して以来、しばらくこのプログラムを受ける人はいませんでした。私は長年このプログラムを提供してきていますから、プログラムの申し込みに波があることを知っています。時代が令和になる前からそういった傾向はありましたが、今、何か流れが変わってきているように感じています。

そのような中、中国人のエニーと日本人のよしてるくんが今回同時期に自然療法プログラムを受けたのです。しかし、私の見解からすると、ふたりとも心の病気ではありませんでした。特に、今日卒業を迎えたよしてるくんは、障碍者認定を国から受けているのです。これは、国の制度が間違っているのか、本人が障碍であることに逃げたのでしょうか。長年、このような人たちの改善に関わってきた私からすると、彼が病気ではないと言えるのです。こういった現象は今、世界中でそうなのでしょう。精神的な病というのは、物理的なものと違って、本人の心の問題なのです。ですから、改善は結局本人の意志にかかっているのです。ところが、現代の医療機関は精神病と言えないような人たちに対しても治療し、お金儲けをしているのです。特に日本の精神医療を観ていると、その傾向が感じられ、それは間違っていると私は思います。お医者さんになった優秀な人たちや、医療システムを提供する国のあり方が間違っている、と私は考えています。

今、世界は資本主義の仕組みの中で、人々は自らの欲に溺れている状態です。それは、自らの欲望を追求する心に振り回されているのです。このように誰もが欲望を満たそうと競争する状態になっていると、同時にそこから落ちこぼれる人たちもたくさん出てくるのです。日本にもこういった問題はたくさんあり、今現在、日本には390万人の精神病患者がいると言われています。それに予備軍も加えると、4000万人に達するとも言われ、現代社会に暗い影を落としています。それは、日本人の3分の1が何らかの精神的問題を抱えていることになるのです。さらに、中国ではこれからこのような傾向がもっと激しくなるのでしょう。それは、現代の人間のあり方が間違っているからです。

そのように考えると、地球を健全にするプロジェクトとは、一人ひとりの人間が本来の生命としての尊い役割に目覚めることです。それを進めることが私の生きる目的であるという意味では、自然療法プログラムを提供することにこれまでエネルギーを使ってきましたし、これからもその志は変わりません。

そのような中、よしてるくんの問題もエニーの問題も、単に個人の問題ではなく、現代の社会の背景から観ると社会問題と言えるのです。こういった現象は、現代社会のひずみや矛盾がもたらしたものだと観ています。物事を広く大きく捉え、そこで社会の問題としてそういった現状を表現しているとしたならば、こういった現代の一人ひとりの問題を解決することは世直しにつながるのです。ですから、よしてるくん一人が健全に人生を生きるということは、それだけ地球が喜ぶのです。

今日、ゲストのAさんが来ていましたね。彼女はとても健康で能力が高く、四ヶ国語を話します。中国語は中国人のペイペイより上手でしたね(みんな、笑。「彼女の日本語は上手」と言うペイペイに対して)それはそうでしょう(みんな、笑)。しかし、私は彼女の華々しい優れた能力の背景に、いつも悩んでいる姿を感じ取りました。それで、通常はしないことなのですが、今日は彼女と話すことを提案し、午後その時間を持ちました。「あなたはこれから何をするのですか?」と質問すると、「今までとても忙しく、今、少し時間ができましたので、これから南フランスの田舎に行って、チーズとお酒を楽しんでこようと思います」と彼女は答えました。そこで私は、「そのことに対してはあなたが求めることですから、何も言いませんが」と言って、注文をつけたのです(みんな、笑)。「あなたはなぜそうするのかわかりますか?」と質問すると、彼女は自分のスケジュールの流れを説明し始めたのです。しかし、なぜフランスまで行ってチーズとお酒を楽しむのかというと、それはストレスが溜まっているからなのです。だから、それを解消したいのですよ、と伝えると、彼女は納得していました。そのように、誰もが無意識に選択する行動の原因を吟味せず、ただ湧いてくる感情やストレスのままに行動しているのです。彼女がフランスへ行って、チーズを食べお酒を飲むことに、地球は喜ばない。それは、私たちが生命であるということから問われる、生命力という意味では、逆の道を進んでいることになるのです。

人間たちは能力が高く、自然のままに生きているといろいろと不便を感じるでしょう?だから、それを改善していくのです。その結果、とても豊かな社会を創りました。これから、さらに究極の豊かさが訪れ、人間が考えるべきことを考えなくてもよくなる時代が来ます。それはAIが考えてくれるような時代が来ると言われているのです。そこで反対に、不便なことをいつも自らの行動に取り込んで生きていけば、人間は常に生命力が強くなります。そうすると、生きることを自分で考え、超えていける力を持つことができます。ところが、それを問題ごとだからといって、人間の高い能力で技術は人間が学習しなければいけない機会を奪い、より便利さを求め、楽な生活(現代はこういった状態を提供することをビジネスチャンスにしている)を実現するための改善を行っていくと、私たちから問題ごとを超えていく能力(生命力)を奪っていくことになるのです。

そのように、近代において、人間の技術革新・進歩は、人間の生命力を奪ってきました。先程のAさんは、どこかで高い意識を求めるために生きている人なのですが、ストレスから来る行動が自分の生命力を奪っていることに気付かず、ストレスに翻弄されている状態です。私は彼女に、「私は縁あってあなたに出会ったのですから、その縁にふさわしくあなたに親切で伝えています」と伝えました。彼女は、そのような物事の捉え方の切り口を初めて知ったのです。彼女は、両親やいろいろな人たちから彼女の生き方について、今までも言われてきたのでしょう。しかし、彼女は能力が高いので、すべて言葉でクリアし、自分の好きなように生きてこられたのです。しかし、そのように生きれば生きるほど、他者の話を聞かないのですから、孤独になっていきます。ストレスを何かで解消すればするほど、ストレスは蓄積していくのです。そして、何かで解消しなければ次に進むことができなくなるのです。これは、多くの人が陥る落とし穴ですね。

エニーはどこか神秘的で優秀な人ですし、よしてるくんは日記を見ると難しい字をさらっと書いていました。「あなた、すごいね!」と伝えると、「携帯で調べながら書いていました(笑)」と言っていました(みんな、笑)。でも、日記の内容はとてもしっかりとしているのです。前回のケアのときでもそうでした。よしてるくんは前回ケアを受けた後、よしてるくんの日記と私のコメントのやりとりが心の問答集としてホームページに掲載されたのです。しかし、結果挫折しました。つまり、良いことを書いて点数は得られても、それが実力にはならない。表面的に言葉で良いことばかりを語り、それに溺れ、自らの実力にしないのですから、先程から皆さんに伝えている要領の悪い人間の代表のようなものです。

よしてるくんは今回2度目の挑戦ですが、そういった不要なことはできたら一度もやらないでいたいものです。一度もやらなくても、物事をスムーズに行うためには、自分に向き合って逃げないことです。そして堂々と歩んでいく姿勢があったときに、不要なことをやらず、効率の良い人生を歩むことが可能になります。

今日はよしてるくんの卒業ですから、私は彼に伝えているようですが、実は彼をひとつの視点にして、その後ろにいる現代社会を生きる人々に伝えているのです。現代医療は彼のような人たちを食い物にしてきました。社会はそのような問題をこの世界にたくさん出しておきながら、解決するどころか、それをビジネスチャンスとしているのです。そういった現代社会の矛盾をひも解き、行き詰っている人たちが本当の原因を悟ることができれば、自ずとその行き詰まりは解決できるのです。ですから、ここで一番伝えたいことは、こういった医療機関では不可能な改善が、ここでは可能なのです。こういった現象のことを、一般社会では奇跡と呼びます。お医者さんでは不可能なことが可能となるのです。しかし、これは奇跡ではありません。物事の道理です。当たり前に人のあるべき方向性を考え、そのように進んだら、問題ごとには出会いません。ですから、何かに突き当たっても、逃げないで自分と向き合ってください。そういったとき、人はみんな、インチキをしている自分を知っているのです。自然の生き物は、生きることが真剣ですから絶対に誤魔化しません。しかし、人間は誤魔化して、たとえば学校に行きたくないとなったら、頭が痛くなったりして、器用に症状我発症するのです。

現代の人々が考えている豊かさや善意は、私たちに問題ごとの原因を与えていることになるのです。ですから、私たちも含め世の中の人すべてが、心を入れ替えないといけない時代が来たのです。先日卒業したエニーには、「今までのケア卒業生の中でもっとも高い意識で卒業する人です」と伝えましたが、よしてるくんには面談の中で悟りの話に触れていました。私たちは人間ですが、目覚めれば菩薩になれるのです。仏になるのは簡単にはなれません。菩薩の精神を継続し、その高い精神状態の延長に死を迎えることで、仏への道が開かれるのです。

そして、ようこちゃんがまとめたよしてるくんのケア物語の最後にある「時間の旅人として宇宙を生きている」というメッセージは、今朝私に湧いてきたものをようこちゃんがこのケア物語の最後に付け足したのです。そうしたら、タイトルといい、よしてるくんのケア物語にぴったりの内容でした。すごいなと思います。何がすごいのかというと、何も考えないで、思いのままに生きていたら、物事はすべて物語となりつながって、「なるほど」と納得できるのだと思いました。そのためには、言葉巧みに語り、評価を求めるのではなく、正直に素直に日々を物事から逃げないで生きることです。

よしてるくんは、三度目の正直とならないように。今後はしばらく木の花ファミリーで長期滞在をしながら、将来の方向性を探っていく予定です。ですから、以前とは違うよしてるくんになったと思います。彼には「人生学・哲学者」という称号を与えました。それは、生きることの意味を学習し論じる人のことです。よしてるくんは言葉を並べるのは得意なのですから(よしてるくん、苦笑)、健全な人生学を語れる人になってもらいたいと思います。

 

ー 生きることは私たちに託された「宇宙実験」 ー

これまで、私たち人間は欲望を満たすために獲得することによって幸せを得ようとしてきました。しかし、過去にも現在にも、地球上にそのような生命はいません。現代の物理的偏重の歴史は有史以来6500年と言われています。たった6500年のここまでの歴史は人間に託された、言わば「宇宙実験」のようなものだったのです。人間が獲得し何を得るのかというと、自我満足、つまり自我の欠乏を満たしているだけのことなのです。ところが、自我を満たせば満たすほど、自我は膨らんでいきます。その実態がようやく観えてきたとき――、人間の高い能力を美しい法則のままに生きている他の生命のように活かして、地球を生きなさい。そのように人々が地球上で生きたとき、私たち人間は、天が生命の中でももっとも高い存在として地球に降ろした目的を達成するのです。これが、地上に理想郷を創ること、つまり地上天国の実現なのです。そして、私たちのささやかな日常の中に、そのことが託されているのです。

それが人間として生きることの最上の喜びなのです。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です