エニーの28日間の心の旅 〜 日記編

中国人の25歳のエニーは、2019年6月6日から自然療法プログラムを受け、28日間でプログラムを卒業することとなりました。(詳細については、木の花ファミリーブログ「時間の旅人として宇宙を生きている~自然療法プログラム・エニー物語」をご参照ください。)プログラムの主治医であるジイジ曰く、「エニーは今まで自然療法プログラムを受けた人の中で、もっとも意識の高い状態で卒業する人だと感じています。」
ジイジはケアスタート時の面談の際、彼女に子どもの頃からの記憶と毎日の心の動きを日記に書くことを課題として与えました。エニーの元々の性質である複雑に考えすぎる傾向に、子どもの頃からの日常に対する悪い印象によって不要なことをネガティブに考える傾向が加わり、思考が整理されないままに今まで人生の滞りを生んできたエニー。そんなエニーにジイジは、「あなたの中に湧いてくるたくさんの思考を、必要な思考と不要な思考とに仕分け、深く広くポジティブに物事を捉えられる人になることが、今回のプログラムにおけるあなたの最終目標です」と伝えました。
今回は、そんなエニーがプログラム中に綴っていた膨大な日記のダイジェスト版をご紹介します。28日間のエニーの心の変化が、みなさんの心に伝わることになれば幸いです。

*日記には、毎日ジイジが客観的な視点からのコメントを返しました。以下、ジイジからのコメントは青字で記載されています


 

6月 6日

〈 記憶 〉

  • 子どもの頃、私はあまり多くを話さないタイプの人でした。祖父母を含む私の親戚は、私のことを自閉症だと思い、私の母に私を心理学者のところへ連れて行くことを勧めましたが、母はそれは単に私の性格だと言っていました。そうは言っても、母は常に社交的な人々は良い性格で、内向的な人々は良い性格ではないと考えていました。母は社交的で、私は内向的であり、母は私の性格に満足しておらず、常に私に社交的になることを求めていました。

〈 日記 〉

1 –

  • ジイジとの面談の時、ジイジは、私の顔の吹き出物の状態が悪くなっている、それは意識の低下から来ているのではないかと言いました。
  • その時、私の心の中の声はこう言いました。「いいえ、そうではありません。なぜなら、私は明らかに以前より意識的で穏やかになったと感じています。」
  • でも、私はそれを言いませんでした。ジイジの言葉を受け取り、それでどうなるかを見たいと思ったからです。議論をしても意味はありません。

コメント:主観と客観の違いを理解するチャンスでもありますね。

  • もしも過去の私が同じ状況に出会っていたら、きっと私はそれを口に出して議論していたでしょう。(特に、誰かが私を評価し、その評価を私が受け入れられない時に、私はすぐに言い返す傾向があります。)

コメント:その性質が、今まであなたが出会ってきたことの大きな要因でもあります。そして、今現在もその心はまだあなたの中に潜在しています。わかりますか?

2 – 泣きたくなった

  • 面談の時にジイジが「あなたを改善し、世界の平和に貢献してください。それはあなたの望みでもあるでしょう?」と言った時、どういうわけか心に響いて、泣きたくなりました。

コメント:あなたの中にそういった優れた人生を生きる望みがあることが理由なのでしょう。そして、そういった生き方が今現在できていないからでもあるのでしょう。いろいろな意味で次のステージに行く時が来ているのです。今回のあなたの改善プロジェクトは、あなたの人生にとって最も重要なものであり、今後のあなたの人生の価値を決定するものでもありますから、確実にものにしていきましょう。そのために、自分自身に対する執着を取り去っていくことが大切ですね。

 

6月 7日

〈 日記 〉

1 – 後悔

  • 今朝、私は早朝の5時ごろに目が覚めました。時間を見て、何もすることがないからまだ起きるには早すぎると思いました。
  • そこでもう一度寝て、6時に目が覚めました。多く眠ったけれど、気分は良くありませんでした。
  • 最初に目が覚めた時に、すぐに起きられれば良かったと思いました。

2 – 後悔

  • 朝食に、ご飯を小さなお茶碗に2杯食べました。
  • 1杯目を食べ終わった時に、もう少し食べられると感じたので、おかわりをしました。
  • 午前中、私のお腹は少々満腹な感じで、あまりいい感じではありませんでした。
  • ご飯を1杯だけにしておけたらよかったと思いました。

3 – 玉ねぎのヒゲを切る

  • 玉ねぎのヒゲを切る作業は、簡単だし、他の人たちの会話を聞いて日本語を聞く練習にもなるので、楽しかったです。
  • 同時に、私は頭の中で、自分自身の問題について考え、それをどのように解決したらよいかを見出そうとしていました。
  • 私はいつも、より物事を効率的に進められるように、自分を穏やかにしようとしているのだと思います。
  • 穏やかになることは、その境地に至ることが目的というよりも、物事を終わらせるための手法のようなものです。
  • 他の事例として、瞑想をしていた時に、私は時々、瞑想は頭をクリアにしてより良く働けるようになるための素晴らしい手段だと思いました。
  • 瞑想をしている間も、たくさんのことが私の頭の中に浮かび、私はそれを頭の中で解決しようとしていました。

コメント:ムリなコメントかもしれませんが、自分に特化した話題限定で思考が回っているため、そのようなつもりはないのでしょうが、言わば損得勘定の思考の連続ということになります。損得で考えるのではなく、正しく冷静に物事を情報として掴む思考にしないと、そういった堂々巡りの思考回路から抜け出すことは難しいです。それはこれからの課題ですが、理解できますか?
大切なことは、新しい自分に出会うことですが、それはまったくあなたが別の人になることではありません。新たなバージョンのあなたに出会うということです。新たなあなたもあなただということを理解して、次のステージに進みましょう。

 

6月 8日

〈 記憶 〉

  • まだ小学校にも入学していない子どもの頃、私の行儀が不十分だと、両親はお尻を叩くなどの乱暴なやり方で私を罰したり叱ったりしました。また、彼らは時々私を外に締め出して、私が自分を振り返ることを求めました。大きくなると状況は良くなり、両親は私が何か間違ったことをすると、私に教訓を教えました。私は両親に、どうして小さな頃に乱暴なやり方で私を罰したのかを聞きました。彼らが言うには、私は自分の考えが正しいと思い、とてもとても頑固だったそうです。例えば、両親が週末に公園かどこかへ連れていってくれることを私に約束しながら、計画が変わって私をそこへ連れて行けなくなった時、私はとても不愉快になり、どうして両親は約束を守らないのかと文句を言っていました。その時から私は、人は一度約束をしたら必ずそれを守らなければならないという考えを強く持っています。

コメント:相手の自分に対する対応が良くなく、それが内に強く残っているときは、自分のことに意識が偏っているときが多いのです。そして、それはトラウマのようになります。思考回路ではなく、ただ悪い印象ということがベースにあって出てくる思考ですから、良い思い出にはなりません。そういった場合、客観的な物事の捉え方をし、なぜそれが起きたのかをいろいろな角度から分析し、観てみる必要があります。そうすると、その経験は学びとなり、あなたの人生の延長に良い結果をもたらすことになるでしょう。

〈 日記 〉

1 – 少し急ぐ

  • ねぎを収穫している時、畑には私を含めておよそ4人の人がいました。
  • 私にとって、ねぎを収穫するのは初めてでした。しばらく収穫をしてから、他の人はどのように収穫しているのかと周りを見渡してみました。
  • 彼らは、とても良い速さで収穫していました。彼らと比べると、私は少しゆっくりでした。
  • その時、私は彼らと同じ速さでやりたいと思い、もう少し速く収穫しようとしました。
  • スピードを上げたら、別の考えが浮かびました。なぜ彼らと同じ速さでやらなければいけないのか。自分に合った速さに戻した方がいい。
  • それで、スピードを落として自分のペースで収穫をしました。

コメント:いろいろなことで思考が振り回されています。結論を先に出すのではなく、やってみてその結果、何が得られたかをいただく精神が大切なのです。そうしないと、人はいつも自分の思考に振り回されることになります。それでは悟りからは遠くなる一方です。今、あなたが心がけることは自分自身に対して、心地良い結果が毎日訪れるように努力するべきなのです。それを得るためには、まずやってみてから答えをいただくという姿勢でないと、そこには到達しません。ちょっと難しい表現ですが、次回の面談において、詳しく説明します。

 

6月 9日

〈 記憶 〉

1 –

  • とてもとても鮮明な記憶があります。まだとても小さな頃、私が地面の上で転んだ時に、母は私に自分で立つようにと言いました。

2 –

  • 5歳か6歳の頃、私は泳ぎを習っていました。プールの中で、私は浮き輪を付けていて、それを外すことを拒んでいました。
  • 父が私と一緒にいて、父は私に浮き輪を外すようにと言うことについてだんだん忍耐を失っていきました。
  • 父は力ずくで私を水の中に入れ、私はもがきました。
  • それは数分間続きました。
  • その時初めて、私は水の中で目を開け、水の中の世界をはっきりと見たのだと思います。青い青い水と、父の体が私のすぐ横に立っていました。
  • そして、私は泳ぎ方を学びました。

コメント:幼い頃の記憶が残っていて、それもネガティブな記憶だとしたら、それは過ぎ去ったこととして、そろそろ記憶から消していくことが大切なことです。そのためには、ネガティブな思い出を持ち続けることを超えていかなければなりません。

〈 日記 〉

1 – ほっとする

  • 最近あったことについて、話したいと思っていました。その中で、私はいくつかの違った感情を認識していました。その物語は長く複雑で、どのように話し始めたらいいのかがわかりませんでした。
  • しかし、私の日記に対するジイジからの、「損得勘定で思考していることに原因がある」というコメントを読んで、突然、それが私が書こうとしていたことの根源だと思いました。
  • 私はほっとして、その話を書くことをやめました。

コメント:知らない間に、人はそういった損得勘定に陥るものです。それは、自分を守ろうとする心でもありますが、結果として人生の中で良いものをもたらすものとは言えません。

2 – 飛ばして進みたい

  • 最近、仏陀の物語を伝えるシリーズもののインドのテレビ番組を観ていました。
  • 多くのシリーズもののように、番組には主人公の仏陀を妨害する存在として、悪者が登場しました。
  • そういったシーンを観ると、私は時々そのシーンを飛ばしたくなります。

コメント:人が悟りに至るまでの進化の道には、様々な妨害があるものです。しかし、それは外からの妨害というよりも、自分の内にある性質が産み出したものです。そこを取り違えたら、根本的な解決には至りません。

3 – 矛盾

  • 私は友人に電話で、最近ネット上で出会い私を不快にさせたある人に対する不満を言っていました。
  • 私は一方で、ネガティブな感情を表に出す必要があり、そのためには友人に話すのがいいと考えていました。
  • またもう一方では、他人の陰口を言うのは良くないとも思っていました。なぜなら、外にあるすべてのものは自分の内なる世界の現れであることを、私は知っているからです。それで、仏陀のような他の人が、私と同じ状況にあったらどうするだろうかと考えることを止めることができず、彼らのように振る舞おうとしました。
  • 私はこの2つの考えを友人と交換し、友人は、私は時々自分に厳しすぎるのではないかと言いました。

コメント:自分に厳しくする目的として、自他を区別しない精神を会得するためには、まず自分自身の内にある問題点を克服しなければならないものです。こういった経験は、信念ある自分を鍛えてくれるチャンスでもあります。それを理解して行動するなら、とても有効なことでしょう。

 

6月 11日

〈 記憶 〉

  • 「あなたの子どもの頃の記憶はほとんどネガティブですね」というジイジのコメントを読んだ後、私は突然それが真実だと気付きました。だから、私は良い記憶を思い出そうとしましたが、ほとんど出てきませんでした。私がかつて困難なことに出会ったとき、次の孟子の言葉を唱えていたことがただ思い出されました。「天の将(まさ) に大任を是の人に降 (くだ) さんとするや。必ず先ず 其の心志(精神) を苦しめ 其の筋骨を労(疲労) せしめ 其の体膚を窮餓 (餓え苦しむ)せしめ」。。。。
  • この文章は、私が多くの困難を経験することを助けてくれました。またそれは、物事がスムーズに行くとき、私は物事がスムーズに行くことを信じず、他に問題がないのか何度も確認していた事実の原因にもなっています。たとえば、私はドアを閉めるとき、時々本当にドアが閉まっているのかを確認するためにドアまで戻っていって、ドアを強く引くことによってそれを確かめることがあります。

コメント:自分自身に対するいろいろな良いイメージの結論を求めているようですが、どんな試練も、その結果が答えを出すことであり、もしあなたにその試練に対する答えがまだ来ていないとしたならば、今までの出来事をポジティブに捉えるチャンスになります。既に答えが出ていると考えれば、あなたは今までの自分の姿勢を都合よく解釈しようとしていたのですから、そこで自分自身を改めるチャンスに使うべきです。都合のいい理屈ばかりを並べていると、自分にとって歓迎すべき答えは出てこないものです。

 

6月 12日

〈 記憶 〉

  • ない

〈 日記 〉

1 – 鼻歌を歌うこと

  • 倉庫で玉ねぎのヒゲを切っていたとき、なぜだか鼻歌を歌い始めたことに気付きました。
  • 私はこの種の無意識的に歌うことが大好きです。それは少し「ワンネス」の感覚です。

2 – 恥ずかしい

  • 私は政治的なニュースにほとんど注目することがなく、それは私と関係がないと思っています。
  • お昼に、香港の抗議活動を報道するニュースがあり、木の花の人々はそれを真剣に観ていることに私は気付きました。
  • 突然私は、木の花の人々でさえ、私よりも中国の状況についてもっと気にしていることに気付きました。
  • 私は極めて恥ずかしく感じ、自分の狭い世界観がここで示されていると思いました。

コメント:人の人生は、その人の世界観によって、どんなものに興味を持ち、反応し、そしてその人生が展開されていくかが決定されます。あなたに過去の思い出を日記に書いてくださいと提案したのは、それが遠い昔の、今はすでに終わってしまった子どもの頃のことであっても、あなたの中にその記憶が残っている限り、あなたの意識はそこのレベルから発せられるからです。それをあなたは理解し、自らの意志でそこを卒業していくことが必要なのです。子どもの頃の不完全燃焼をそのままにしていくと、その傾向はずっと大人になってからも持ち続けます。そしてすでに過ぎ去ったことであったり、大人として自立して生きていくような立場に立ったとしても、その不完全燃焼はいつもその人の人生に影響を与え続けるものです。それを克服するためには、その状態を客観的に理解する必要があり、客観的目線を持たない者には、そこから抜け出すことは難しいのです。
私たちがここで生活しているのは、私たちがコミュニティとして望む生活をし、生きているだけではありません。もちろんそういった要素は大いにありますが、それも結果として、優れた生き方として社会のモデルになるためであり、そのようなモデルが必要な現代社会において、問題を発生させている地球規模の出来事は、私たちにとってとても大きな興味なのです。ですからこの暮らしは、何のためにそういった生き方をしていくのかという意志に対して魂を入れるものなのです。
あなたも「1ヶ月間の真学校」でたくさんの情報を得ましたが、器が小さいとどんなスケールの大きなことも、小さなこととして解釈してしまうか、もしくは、入ったものがこぼれてしまい、その結果、現状があるということに気付き出したのでしょうね。今回あなたがこのプログラムを受ける目的は、今までのあなたを卒業して新しいあなたの世界観と人生を獲得するところにあるわけですから、これを伝えるのに、日記の返答だけでは伝えられないと思っていました。ですから、1週間目の面談において、詳しく伝えようと思っていましたが、今のところ、その1週間目に伝えるにふさわしい精神状態になってきたということですね。プロジェクトは順調良く進んでいるという証でもあります。

 

6月 13日

〈 日記 〉

1 – 痛み

  • 私はよく椅子やテーブルやベッドの足にぶつかり、いつも足に黒や青のあざを作っていました。
  • 私はなぜだろうと思っていましたが、今はその答えがわかります。
  • 今日、私はベッドと椅子の足に、合わせて2回ぶつかりました。
  • これはいつも、私がどこかへ急いでいこうとした時に起こりました。
  • 私は急いでいる時、その目的地だけに意識が向いてその他のものを無視する傾向がありました。
  • それも、世界観が狭いことのサインだったのかもしれません。

コメント:世界観が狭い意識の結果、ひとつのことを考えると、他に注意を払うことを怠ってしまうようなパターンでしょうね。ただ、それは世界観が狭いだけではなく、興味のあることに集中し過ぎて、周りに配慮ができていない、余裕や落ち着きのなさとも言えます。一つひとつの物事に、客観性や、それから物事を冷静に捉えていく心の余裕を持つことが大切なことです。

2 – 穏やか

  • 今日のジイジとの面談は、私にとってターニングポイントに思えます。
  • 私の心の中で何かが変化し、何でも穏やかにできるような気がしました。
  • 夜中に蚊に起こされてさえ、私は穏やかに彼らと過ごすことができました。
  • 過去の私なら、よく眠れなかったとイライラして、不満を言ったことでしょう。

コメント:とても良い日記の内容です。あなたがそういった落ち着いた精神状態になることは、私の喜びでもあります。ぜひこのプログラムを完成させて、世の中に貢献できる人になってください。

 

6月 15日

〈 日記 〉

1 – 天気に影響されない

  • 今日は雨が降っていました。
  • 驚いたことに、私の気分は以前のように天気に影響されませんでした。
  • 過去には、雨の日にはだるくなって少し気分が落ちたものでした。
  • 今日はすべてがいつも通りでした。

コメント:素晴らしい!僕は天気に影響されてどんよりしながら、でも口数は多く、作業は予定通りやりました。

2 – 強さの不足

  • 朝、ビニールハウスへ草取りに行きました。
  • 時々私は草を抜くために膝を曲げなければならず、また時々立ち上がらなければなりませんでした。
  • それを2時間続けた後、私には十分な強さがないことを感じ、疲れを感じました。
  • 疲れた時、私は良い心の状態を保つことが難しくなることに気付き、いくつかの考えが浮かんできました。
  • 何かをしている時に一番良い状態とはどういうものだろうと考えることを、止めることができませんでした。
  • 何も考えない状態がいいのでしょうか?それとも、今やっていることを考えるのがいいのでしょうか?

コメント:作業を効率良く行い、疲れない方法を考えることが一番良いことです。

3 – 自分をどう活かすか

  • 面談の時にジイジが私に伝えてくれた、「もしもあなたがもっと物事を深く、広く考えられる人だとしたら、あなたはまだ自分の活かし方がわかっていない」というコメントについて考えていました。
  • そこで、視野を広げて考えるようにしています。例えば、食べ物を食べる時、その食べ物を作った人々の労力や、その食べ物の背後のつながりについて考えてみようとしています。合理的には真実を知っているのですが、とても強いつながりを本当に感じることは私には難しいです。
  • 強いつながりをすぐに感じられる他の方法はありますか?

コメント:そういった付け足しのような考えではなく、深い考えとは自然に湧き出してくるものです。それは、人の心が穏やかになり、余計なことを考えていない時間を多く過ごしているとそのような状態になるものです。

4 – 恐れ

  • 中国人メンバーのペイペイと話していた時、彼女は、様々なところから得た情報によると、中国は将来大きく深刻な問題に向き合うことになると言いました。
  • それを聞いた後、少し不安になりました。そのような悪いことは起こらないでほしいと願い、どうしたらそれを避けられるかを考えました。
  • しかしもう一方で、世界観を広げてみると、そのような悪いことが起きるのは中国あるいは世界がより良くなるためのターニングポイントなのかもしれないと思いました。
  • 私の例を見ても、自分の人生が問題ごとに出会った時だけ、その問題を解決しようとして振り返り、自分を変えようとして良くなったのでした。

コメント:そこがポイントです。問題ごとが起きるとは、それまでに問題ごとが起きるような原因があったからです。そして、問題ごとが起きて、それを振り返るチャンスをもらっているということです。この法則は、宇宙の法則であり、あなたにも中国にも地球にも同じように現れます。心を広く、客観的な眼を持ちましょう。

 

6月 16日

〈 日記 〉

1 – 宇宙の法に沿っていればいつでも幸せ?

  • 午前中、作業をするために畑に行きました。
  • おやつ後、とうもろこしの良い茎を選び、育ちの悪いものをカットしに行きました。この作業はいくらか体力が必要で、私は良い気分を維持するのが難しいことに気付きました。
  • 今のように茎を切っている時でさえ、私は宇宙の法のもとにいるけれど、そのことをあまり感じられない、と考えるのを止められませんでした。
  • 宇宙の法に沿うことは、私たちに常に幸せをもたらし、物事は確実にうまくいく、と私は考えていました。
  • でも時々私は、宇宙の法に沿うことは常に簡単なわけではないことを感じ、私たちは今も時々悪い感情を持ったりします。
  • では、宇宙の法に沿えばいつも幸せなのでしょうか。

コメント:みんながいつでも、人のことを思って生きれば、この世界は美しい世界になります。それが宇宙の法の根本の原理です。とても簡単なことです。

2 – やすらぎ

  • 午後は、かのこのギターのコンサートを見に行きました。
  • コンサートは素晴らしく、私はとても楽しみました。
  • まだいろいろな考えが浮かんでくるので、完全に音楽に没頭できたわけではありません。
  • 良かったことは、私はその浮かんでくる考えに執着することなく、ただそれがやって来ては去っていくのを眺めていられたことです。
  • むしろ私は、コンサートの間中穏やかでした。

コメント:そういった精神状態をあなたが今回の改善プロジェクトの後も維持できていくことが最終目的です。その精神状態のイメージをしっかりと掴んでおくことです。

 

6月 17日

〈 日記 〉

1 – どうして私たちは、他者の態度や自分に対する評価が気になるのでしょう?

  • 私たちは、何か美しい写真などを他の人に共有する時、相手が良いフィードバックを返してくれることを時々期待します。
  • 相手から、特に家族や友達から悪いフィードバックを受けると、私たちは動揺し、ただ喜びを共有したいだけなのに、もっと相手を励ましたり、もしくはフィードバックをするならもっとやさしい言い方はできないのだろうか?と考えたりします。
  • 私は、それは相手の問題ではなく、相手は常に私たち自身の鏡であることを知っています。
  • 私は、私たちはなぜ他人の態度や自分たちへの評価を気にするのか、そして、なぜ人が同じことを言っていても言い方が違うと違ったように感じるのか、不思議に思います。

コメント:それは他者に対する愛よりも、自らに対する愛のほうが常に強い状態の人が陥る現象で、主観的思考の結果、物事を解決しようとする傾向の人に多く見られます。

2 – 私たちは問題に出会った時にどう解決するのか?

  • 他の環境と比べると、木の花ファミリーでは穏やかにいることがより簡単にできます。
  • この状態を、家に戻ってからもどうしたら維持できるだろうかと考えることを、止めることができません。
  • 日記に自分の問題点について書いてきましたが、将来も私は同様の問題に出会って立ち往生する可能性があります。
  • 問題に出会った時に良い状態を保つための、何かアドバイスはありますか?
  • 私は、まず最初にするべきことは、ただそれを受け入れ、そしてそれを解決するべきだということを知っています。
  • しかし、時には感情が強すぎて、問題をすぐに受け入れることはとても難しいです。
  • まず始めに深呼吸をして、落ち着くのがよいでしょうか?

コメント:もちろんそれは必要ですが、問題ごとの内容の正しい分析と、問題ごと自体が最終的に自分自身の成長につながるというポジティブな受け入れ方をベースにし、出来事の解決に向かうことです。どちらにしても、問題ごとが起きているということは、自分自身が当事者であり、自分の人間性の映し鏡(反映)であるということをベースにして、一方的に相手が持ってきたと考えないことが大切です。そういった客観的視点や広い物事の捉え方をすることが大切ですが、そのためには自分自身の心のあり方に常に向き合い、自己コントロールできる精神的余裕を持っていることが必要です。

 

6月 18日

〈 日記 〉

1 – 新しい人々との出会い

  • 今日、中国から2人のゲストが木の花に来ました。
  • 私は彼らに昼食の時に会いました。彼らは食事をするために席についていました。
  • 私はそのテーブルへ行って一緒に座り、少しお話ししたいと思いました。
  • しかしなぜか私はぎこちなさを感じ、恥ずかしくなって、どう会話を始めたらいいのかがわかりませんでした。
  • (もう一つの声:彼らは中国人だよ。彼らと話をするのは自然なことでしょう。)
  • しばらくして、ペイペイが来て会話を始め、私も話をする勇気が出ました。
  • 初めての人に会うと、時々こういうことが起こります。会話したいのに、少し怖いのです。
  • この捉えどころのない恐れがどこから来ているのか、わかりません。
  • 私は何て奇妙な人でしょう。

コメント:それはおそらく、今まであなたがいろいろな出来事に出会ったときに、分析しすぎてきたからだと思います。それは簡単に言えば、考えすぎる傾向があるということです。もっとシンプルに考え方を整理していけば、気楽に初めて出会った人とも付き合えるようになるでしょう。あなたの心の癖のひとつだと観えますが、いかがですか?

 

6月 20日

〈 日記 〉

1 –

  • なぜ人はいつも、物事がうまくいくようにと願うのでしょう?
  • 私たちは何かをする時にいつも、良い結果を得られることを望みます。
  • なぜでしょう?

コメント:それは自己中心的な自我が強いからですが、その自我から解釈される良い結果というものは、決して良い結果につながるとは限りません。なぜならば、そういった心は欲の心から生まれてきているからです。大切なことは、目の前に訪れるであろうことを、情報として常に捉える心の姿勢を持つことです。

 

6月 21日

〈 日記 〉

1 –

  • 最近、おもしろい現象を見付けました。
  • 何かが少しうまくできると、私は良い心の状態をより保つことができるようになるのです。
  • 例えば、私は既に玉ねぎのヒゲの切り方を知っています。それで、玉ねぎのヒゲを切る時には、無意識にハミングをしてしまうのです。

コメント:あなたの特徴として、物事を理論的に捉えて、効率良く物事を進めようとする傾向があり、それがポジティブに働くと、そのような精神状態になります。

2 –

  • その他の興味深いこととしては、人々が、例えば氷の上を歩くような、とても注意深さを要することにチャレンジする時のことです。人々は転ばないように、注意深く呼吸を止めます。そしてどんな考えが心に浮かぼうと、それを無視して目の前のことに集中することができます。この時、人は完全にその瞬間を生きることができます。ところが、私たちの日常では、私たちはほとんどそれができません。それはなぜでしょう?

コメント:日常にそのような集中しないといけない出来事が少ないため、人は気持ちをリラックスさせて物事に向き合っているからです。ですが、どんなところにも落とし穴がある可能性がありますから、気をつけて行動することが大切なのですが、そういった危険を察知する感覚的な能力が身についている人は、思考しなくても直観でその問題点を回避することができます。そういった人は心に雑念がなく、自我に囚われていない、心の美しい状態にあります。その状態が、ポジティブな直観を働かせてくれます。

3 – なぜ人々は恐れを持つのでしょう ?

コメント:自分の考えが優先し、結果を先にネガティブに考えてしまう傾向にある人は、物事が起きる前に結果を予測し、恐れを持つ傾向にあるものです。ですから、物事を冷静に受け取り、今目の前にあることに対し行うべきことをやり、結果をいただく姿勢になれば、恐れは出てこないものです。「人事を尽くして天命を待つ。」

 

6月 23日

〈 日記 〉

1 – 汗をかく

  • 今日の午後5時ごろ、とてもお腹がすきました。以前のように、私は空腹になると、汗をかいてしまうのです。私は不思議に思い、身体的な問題の背後にある精神的な問題を考えました。

コメント:あなたにとって汗をかくことは良くないイメージなのですか?驚いたり、戸惑ったりする時にかく汗は良くないイメージですが、心地良い汗をかく時は、体の代謝を良くし、解毒をしてくれるものです。だから、汗をかく時にどんな心の状態でかいているかを振り返ってみることも大切です。

2 – 夢を見るのは自然なことですか ?

  • 今日、シャオラーとディエンと夢について話をしました。
  • 彼女たちは時々夢を見ると言いました。
  • 私は、ほとんど毎日夢を見ます。
  • 夢を見るのは自然なことでしょうか?

コメント:夢を見るのは人間だけの特徴ではありません。広い意味ではわかりませんが、例えば犬や猫は夢を見るようです。
夢で見る内容については、3種類の夢を見ると言われます。一つは、自分の意識レベル、すなわち顕在意識、そして潜在意識から来る夢です。
もう一つは、私たちはこの大いなる世界の中に生きていますから、私たちの意識を超えたところからのメッセージとしての夢を見ることがあるのです。それは、人が生きていく上で、とても成長に貢献してくれる夢です。
そしてもう一つは、何も意味のない夢です。ただ走馬灯のように意味なく見る夢があります。
僕が夢を見た場合、どのタイプの夢かということを後で振り返ります。最近はメッセージとしての夢がほとんどです。ですから、それを人に語って、みんなに伝えてもらうようにしています。あなたの夢がどんな夢なのか、あなたの得意な思考を使って分析してみましょう。
また、大切なメッセージを夢で見るということは、あなたの目覚めが足りないことも意味します。あなたがすでに目覚めていれば、夢ではなく、直接メッセージとして日常で受け取ることができるのです。つまり、メッセージの発信者(宇宙の法則)からは、何かを伝えるときに、あなたが日常を不要な思考で回しすぎていると、夢の中に出てくるのです。それは、宇宙法則に置き換えると、効率の悪いことになります。

 

6月 24日

〈 記憶 〉

1 –

  • 子どもの頃、家族の集まりに行くと、親せきが私に質問をしてきました。
  • その時に、私が話そうとすると、母が私のために先に話し始めました。
  • その時に、私は本当に苛立ちました。なぜなら、彼女が話すことはいつも事実とは少しずれていたからです。しかしほとんどいつも彼女は私より先に話すため、私は言いたいことが言えませんでした。
  • 今でも、私が人から評価されると言い返す傾向があるのは、それが理由なのかもしれないと考えています。

コメント:あなたにとって、幼い頃の母親の姿勢は不愉快なものだったのかもしれません。しかし、それがあなたのもっとも身近な存在である母親だったということは、あなたがそういった人生を体験するために、ふさわしいこととしてその人のもとに生まれてきたことが考えられます。そのときに起きた出来事と、その結果あなたの中にできた人間性は、あなたの人生においてあなたが成長するために大切なプログラムのひとつであると考えてみたら、そのことに対する見解は変わってくるのではないでしょうか。

〈 日記 〉

1 – 興奮と考え過ぎ

  • どこか刺激的な場所に行って重要な会議に出るなどの大事な予定が翌日にある時、私はいつも、すぐに眠りにつくことができません。
  • ベッドに横になりながら、たくさんの考えが心に浮かびます。
  • その感情が興奮なのか他の何かなのか、私は説明することができません。

コメント:あなたの人格的特徴がよく表れています。ひとつの出来事に対して現在の事実と、これから訪れる未来の出来事に対してつなげてこの先どうなるのかということを考える癖です。これは精度が高ければ、能力の高さにもなりますが、一方で考えすぎる傾向に陥り、結果には遠い結論を先に出してしまうようなことになると、エネルギーの無駄遣いになります。ですから、自分が考えすぎていることの判断を適切にし、適度なところで思考を整理し、結果をいただいていく姿勢を常に保ちたいものです。

2 – 自分への疑い

  • 今日、私たちは木の花ファミリーの暮らしを(インターネットで中国に向けて)中継しました。
  • 私たちは視聴者の数を見ることができ、時には1000人以上になり、時には少なくなりました。
  • 私は常に視聴者の数を見続け、もっと増えることを願っていましたが、それがなぜなのかわかりません。中国はとても大きな国であり、1000人はむしろ少ないくらいです。
  • また、その映像へのコメントを見ることもできました。時にはいくつかの不要なコメントもあり、また、この映像に注目している人々からの本物のコメントもありました。私は、必要なコメントがもっと増えることを願いました。
  • 私は、自分がそれを続けられるように、フィードバックや反応を求めていたようです。もしも誰も私をサポートしてくれなかったとしても、私は自分の信念を保ち続けられるだろうか、と考えずにはいられませんでした。信念とは何で、何を信じるのでしょう?

コメント:あなたが何よりも大切と思うことがあれば、それに他者からの評価が少ないとしても、それをやり遂げることが大切なのではないでしょうか。

  • 木の花ファミリーは25年間成長を続けてきて、その成長はゼロから始まりました。創設時、多くの他の人々の視点からすれば木の花は奇妙な存在で、何が今日まで木の花を支えてきたのだろうと不思議に思います。ジイジが宇宙から受け取った使命の他に、何か信念があったのでしょうか?

コメント:互いの信頼関係ができていたからです。

  • 木の花は、マスコミなど外部から、多くの悪いコメントを受けていた時期があったと聞きました。(私の記憶が正しいか定かではありません。)もしそうであるなら、その時にその問題にどのように対処してきたのですか?

コメント:真実はそういった歪んだ評価をする側の人々にないことは、明白なことです。私たちはどのような評価を受けようと、これが大切であると信じているのですから、このまま進んでいきましょうという確認をし合いました。そのときにみんなの考えも同じでした。なぜならば、私たちは本当のことを知っているからです。

 

6月 25日

〈 日記 〉

1 –

  • 今日、私はディエンちゃんと道路で座りながら、山と花の美しい景色を見て、そよ風を楽しみました。
  • ディエンちゃんは、それは本当にリラックスできる時間だったので、2、3年、時が現実にその瞬間で止まればいいのに、と言いました。
  • そして、なぜ私たちはリラックスしているときのように働くことができないのかと私は考えました。私はリラックスしていようが働いていようが、同じ心の状態を持ちたいのです。
  • しかし、それは少し難しいように感じます。なぜでしょうか?

コメント:リラックスしているときは何かを成し遂げようと集中しているときではありません。だからリラックスできるのです。それに対して、何かを成し遂げようとするときには、思考を集中して行うものです。ですから、そもそもその時間を使う目的が違うのですから、同じ状態でいることは難しいでしょう。ただ、何かを集中して行ったときに、その成果の内容によっては、あとからとても満足が得られ、リラックスしているときと同じような気分になることがあります。それは、物事が流れに沿ってスムーズに進んだときに起こるものです。

 

6月 26日

〈 日記 〉

1 – 天安門事件のドキュメンタリーについての感想

  • 始めに、残酷な場面や人々が身近な人を失った姿を見た時には、涙ぐみました。
  • リーダーはいつも、彼らの行動のために、人に感銘を与えるような言い訳を見付けます。
  • 番組を観た後、実際に私は穏やかでした。このような出来事は世界中で毎日起きており、それは宇宙の流れの一部に過ぎないのかもしれません。
  • そして私は、このような出来事にどう反応したら良いのかわかりません。なぜなら、それを解決するために私たちにできることは何も無いように思えるからです。

コメント:未来を考えたときに、過去の経験を学び、積み重ねていくものです。そして、その志を確かなものにするために、今自分が何を考え、どう行動していくかが観えてくるものです。それは、物事の良い悪いを決めるものではありません。どんなことも、事実として起きたことであり、必要だったことです。では、その起きたことを学び、どう歩んでいくのか。そこに私たちの役割や成長があるのです。高い志を持ち、誇りを持って生きることにつなげたいものです。

 

6月 27日

〈 日記 〉

1 – 変化することを忘れる?

  • 中国の経済についてのテレビ番組を観ました。番組では、若い人々にインタビューをしていました。
  • 若い人々は、何かを言えない現実には慣れており、それでも情報にはアクセスできると答えていました。
  • ジャーナリストの女性は、10年前と比べて人々はより自由に発言できなくなっていることを感じたと言っていました。
  • その時私は、自由が少なくなっているとは思わず、それは現状を受け入れて私たちなりのやり方で対処している誇るべき状態であると考えました。

コメント:なるほど。立場によって捉え方が違うものですね。

  • しかし、私たちは檻の中で生きることに慣れ過ぎているというジイジのコメントの後、私は突然、私たちは檻の中で生きることに慣れ、檻の隙間から外の草を取る方法は見付けたかもしれないけれど、檻そのものから解放されることは考えてもみなかったことに気付きました。

コメント:あなたがそういった優れたイメージを描ける人であることが、そこからわかりますね。だから、これからあなたしかできない役割をしていくのではないでしょうか。

2 – 食べるのは体のためか、欲のためか

  • 木の花ファミリーではいつも美味しい料理がいろいろと並び、私たちは好きなものを選べて素晴らしいです。
  • 私が体の声を聴く時、私は体に与えたいと思うものを選び、食事はすべてとても喜びに満ちたものになります。
  • しかし、何かとても魅力的な食べ物を見付けて欲を満たすためだけに食べる時、食事は快適なものではなくなることに気付きます。
  • ある程度まで、それはセックスのようなものです。欲にかられ、宇宙の原理によって、まったく違った結果をもたらすのです。

コメント:なるほど。その読みは深い意味を含んでいます。それについて語るととても長い話になるので、ここでは語りませんが、何かしらあなたの内にあるモンスターのような存在がちらちらと観えてきたような気もします(笑)。

 

6月 29日

〈 日記 〉

1 – 思考の雲

  • もしも私たちの心を空、思考を雲に例えるなら、私は興味深い問いを見付けることができます。
  • 玉ねぎのヒゲを切るような単純な作業をしている時、不要な思考の雲はとても少なくなります。
  • これはとても興味深いことです。なぜなのでしょう?

コメント:それは当然のことですね。単純な作業をするときには思考を回さなくても機械的に作業が進むことになり、心の空に雲が発生することは少ないでしょう。複雑な作業をしたときには、どのようにそれを進めていいのか思考が回れば、当然雲は発生するものですが、爽やかな雲が出るのか重い雲が出るのかは、その作業に向いているその人の姿勢や心の性質が影響します。また、複雑な作業であっても、熟練していれば機械的な動きとなって、思考の雲は単純な出方であったりします。そういったことを気付くのは、あなたの思考の良い傾向でもあります。これからは有効活用してくださいね。

2 – 自由について

    • 昨日、自由についての素晴らしい解説を読みました。
    • 自由とは、他の人があなたに良くしてくれたから幸せを感じたり、他の人があなたに良くしてくれなかったから痛みを感じるというように、幸せが他人がしてくれることに依存しているものではないということです。
    • 自由とは、あなたが必要とすることを他者が満たしてくれることを期待するものではありません。何かを必要とすることはいいのですが、それを満たす義務や責任を感じるものではありません。もしもそうであるなら、あなたは苦しむことになり、自由ではなくなります。
    • 自由とは、自分自身、そして他者の自我の意識の影響から自由になり、中心へ帰ることです。もしも誰かの”自我”が現れると、あなたは自分が犠牲者のように感じ、体に痛みが起きて、自由ではなくなります。
    • 人生における究極の自由とは、富、感情、心、自我、生死、人々の集合意識を超え、神の意識の中心へとつながって平静であり続けることにより、この世界に属するのではなく、この世界の中に存在することです。すべてからの自由 ― それは魂の最も高い目的であり、究極の喜びなのです。
  • 私たちはどのように、神の意識の中心へとつながり、平静であり続けることができるのでしょう?最初の一歩は、冷静かつ客観的になることでしょうか?

コメント:そうですね。常に私たちは自らを刺激する環境の中にいます。その環境から来る刺激がどのようなものであっても、それが感情的かつ自身の癖に影響されることなく、情報として受け取れるよう心がけることが重要です。しかしながら、それが完全に情報になってしまうことは、私たちが個人として人格を有する状態で到達することは難しいことです。それが肉体人間としての私たちの存在であり、生命の中でも人間であることはユニークです。

 

「ジイジからエニーに贈るメッセージ」

人はある目的を持って皆、この世界に生まれてきています。そこで、個人の欲望を叶えることは極めて低いレベルの目的です。それでは高い目的とは、人や社会や時代のために生きることです。過去の聖人・聖者も最終的には宇宙と対話し、人々が自我に囚われることを戒めました。中国の歴史的な哲学者たちも皆そうです。

今、宇宙的には新しい時代が幕を開けています。ひとりの聖人の力で社会が動く時代は終焉を迎えました。時代は、人間一人ひとりに目覚めを求めています。そして、私たち一人ひとりが優れた者であることに気付き、聖人となると、過去の優れた人々が残したものよりはるかにレベルの高い精神、すなわち宇宙意識に則った社会が創られるのです。これが21世紀からの人類のビジョンです。

今や、個人的な問題で悩んだり自らの癖・性分に翻弄されているようでは、本当の役割を果たすことはできません。あなたは今までの人生で、ネガティブに不要な思考をたくさん回し、それはエネルギーの無駄遣いになっていたどころか、自分にもまわりにも矛盾をもたらしてきました。今回あなたは、その自分を卒業するためにここへ来たのです。そのビジョンが観えてきたのですから、あなたの未来は明るいです。これからは、自らの能力を時代と共に、社会にいかに有効に還元していくのかをあなたの考えの柱として、人々や社会のために生きていってください。通常、自然療法プログラムを卒業する人たちには一般社会で自立していくレベルを期待するのですが、あなたには地球の未来に貢献することを期待します。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です