16年間苦しんできたアトピーへ、ありがとう

19歳でアトピーを発症し、以来16年間その症状に苦しみ、ずっと引け目を感じて生きてきたというともくん。先日大人ミーティングで、これまで誰にも打ち明けられずに来た想いをシェアしました。(こちらの記事にてその内容をご紹介しています。)
16年間の体験を通し、自分のアトピーの原因は心にあるのではないかと感じて「僕に、心とは何かを教えてください」というともくんに、いさどんは「アトピーの症状を治す方法は伝えられないかもしれませんが、アトピーをもらって『ありがたいな』と思える心は伝えてあげられます」と答え、面談の場を持ちました。

面談後、「あまりにも言われることがひとつひとつ図星なので、頭の中が真っ白になりました」と言っていたともくんですが、この面談を経ての今の想いを、再び大人ミーティングでシェアしてくれました。
以下、その全文をご紹介します。
  
■     ■     ■
  
いさどんの面談を受けました。
家族のこと、家系のこと、自分の進む道標など、
多岐に渡る話を聞くことができました。
多くのことに気づかされました。

僕の両親は12年前に離婚しています。
「両親の離婚の理由はなんですか?」
いさどんから問われました。

僕はその問いに答えることができませんでした。
両親のことを何も知らなかったという事実に気づきました。
両親だけではありません。よく考えてみると、
兄弟のことも深くは理解していないのです。

最も身近な存在であるはずの家族、
そのことに関心がない。
僕は他者に対して無関心であることに気づかされました。
それはつまり、
「自分自身に対しても無関心である」ということだったのです。

僕は自分のことが、全く分かっていなかったのです。
僕にとっては驚愕の事実でした。
「目から鱗」とは、まさにこのような心境を意味しているのだと思います。

「君の心から、エネルギーや声は流れているはず」
いさどんは僕に言いました。

しかし僕は、それらを受け取ることはおろか、感じることすらできていませんでした。

当然です。僕の意識は、常に表面上の肌のことや外面に集中していたからです。

「健常な肌ではないからこそ、辛い苦しい状態だからこそ
感じられる気持ち、見える世界があるはずです。
それは、君にしか感知できません。君だから理解できる真実です。
君が感じたその世界や真実を発信してみてください。
それが君の役割なのかもしれません」

いさどんは、僕に方向性を示してくれました。

誰かを救うことができるのではないか。
社会を良い方向へと変えていくことができるのではないか。
いさどんとの面談を経て、こんな感情を抱くことができました。

19歳の時から悩み苦しんできた体験が、誰かを助けることができる。
僕だから感じることができる世界や真実がある。
僕が感じた思いや考えを発信することで、世の中を変えていくことができる。

このように考えた時、僕の中で意識の変革が起きました。

今まで味わってきた体験は
僕にとって大切な財産であり、宝物だったのかもしれないと・・・
それは神がくれた贈り物だったのかもしれないと・・・

僕は今まで、自分の内面を見つめることを怠ってきました。
自分らしく生きることができていませんでした。
魂の成長や向上を意識することなどありませんでした。
自分を好きになることができずに、下を向いて生きてきました。

これからは、自らの役割を果たしていきたいと考えています。
自分自身を見つめ直します。
体内の内なる声に耳を傾けます。
湧き上がってくるエネルギーを全身で感じます。

そのためにも、
意識のベクトルを外面ではなく内面に方向転換します。
心の奥にある、神の意思を感じていきたいと思っています。

いさどんとの面談は、僕に重要な気づきを与えてくれました。
全てのことに意味があったのです。
そう思うと、感謝の気持ちを抱くことができました。
心が楽になりました。

意識が変わることによって、
やるべきことがはっきりと見えてきた気がします。
僕だからこそできる役割を、
果たしていきたいと考えています。
楽しい人生を歩むことができそうです。
楽に生きていくことができそうです。

ありがとうございました。
  
  
 


「僕に、心とは何かを教えてください」〜 アトピーになってみて

ただ今木の花にヘルパー滞在中のともくん。16年前にアトピーを発症し、その苦しみを誰にも打ち明けられずにいました。
そんな中、ある日の大人ミーティングで、1ヶ月間の真学校受講生のあわちゃんが自分の想いを正直にみんなにシェアする姿に感銘を受け、「自分もやってみよう」と今の想いを綴り、翌日のミーティングでシェアをしてくれました。
以下に、ともくんのシェア全文と、それに対するいさどんのコメントを紹介します。
 
 
■    ■  ともくんのシェア  ■    ■
 
19歳の冬でした。今から16年前のことです。
突然、僕の肌に異変が起きました。
乾燥して、かゆくなってきたのです。
乾燥、かゆみの範囲は徐々に全身に広がっていきました。

大学卒業後、就職して社会人になりました。
忙しさとストレスで、症状はかなりひどくなりました。
病院へ行きました。ステロイド剤を処方されました。

その瞬間から、負の連鎖の始まりです。
症状の悪化が著しくなりました。
それは現在にまで至っています。

僕は過去、多くの民間療法を試しています。
病院にも3回入院しています。
それら全て大した効果はなく、一時的な対処療法に過ぎませんでした。
莫大な経済的負担を親にかけました。
仕事を失いました。
ステロイドの影響で、皮膚の状態を更に悪化させてしまいました。

引け目を感じていました。
劣等感を抱いて生きてきました。
日々の生活に、幸せを感じることなどありませんでした。
悩み苦しみを、ずっと心に抱え込んでいました。

3年前、長い間使用していたステロイドの塗布をやめました。
社会生活を営む上で、ステロイドは欠かせませんでした。
他者と接する仕事だったため、皮膚を取り繕う必要があったためです。
必要悪と割り切って使用を続けていました。

ステロイドの使用をやめた途端、リバウンドが襲ってきました。
全身から浸出液が溢れてきたのです。
激しいかゆみ、乾燥のため、眠れない日々が続きました。
体中から異臭が漂っていました。
仕事の継続が不可能になりました。
実家に戻らざるを得なくなりました。

本当に辛い時期でした。

それからは、自然治癒力での完治を目指しました。

食生活を変えました。
安静な生活を過ごしました。
そのおかげで、かなり身体は改善しました。

「肌の状態を完治させるには、本格的に食事を変える必要がある。
体内の自然治癒力を高めて完治させるしかない。」

これが病気に関する僕の考えでした。

食事を変え、生活習慣を変えたおかげで
社会復帰できるまで改善させることができました。
ステロイドを使用する必要がなくなりました。
日常生活を送る上で、ほとんど支障がなくなりました、

僕は、全体の70%くらいは治ったと感じています。

しかしながら・・・
残りの30%は、食事や生活習慣だけではどうにもならないのです。

「もしかして、心の状態が関係しているのではないだろうか?」

うすうすは感じていました。
木の花ファミリーでの滞在生活を通して、
この事実に間違いはない、と確信することができました。

こんなことを聞きました。

「病気は心に起因している。心が変われば、病気は消える。」
「本当の自分を知れば、病気はなくなる。」
「心で想っていることが、現実社会に現象として現れている。」
肌の状態を完治させるためにも、心を見つめ、健全な状態にしたいと本気で思っています。
しかし、漠然としすぎているため、どうすればよいのか皆目わかりません。

森羅万象に感謝するように心がけています。
不平不満、愚痴や悪口、泣き言などを口にしないように心がけています。
綺麗な言葉を口にするように心がけています。
何事も前向きに考えるようにしています。
他者と接する際、笑顔を心がけています。

でも、これだけでは足りないみたいなのです。

病気のおかげで気づけたこともあります。
そのおかげで出会えた人も、たくさんいます。
決して良くないことばかりではありませんでした。

「心を見つめ、本当の自分を知りたい。今、与えられている試練を終わらせたい」
現在の僕の正直な思いです。

困難に遭遇したとき、どのような心持ちでいればいいのでしょうか?

健全な心のあり方、持ち方、考え方など
どうすれば獲得できるのでしょうか?

「楽に生きる」とは
どのような生き方なのでしょうか?

僕は今まで、どんな状況も自分一人で解決してきました。
誰にも相談することなく、抱え込んでいました。

心の問題に関しては、僕の独力では解決できそうにありません。

僕に、心とは何かを教えてください。
僕には重すぎる問題です。力を貸してください。
よろしくお願いします。

ありがとうございました。
 
 

■    ■  いさどんのコメント  ■    ■
 
昔、えいこばあに初めて会った頃、えいこばあは「お金ないない病」にかかってました。お金があるのに、ない、ないと言っていて、いつも眉間にシワを寄せて暗い顔をしてました。家に行って玄関を開けると、突き当りの部屋からえいこばあが内職のミシンをする音が聞こえてくるんだけど、その「ダダダダッ」という音が「カネカネカネカネッ」て聞こえたくらいです(笑)。

えいこばあは在日韓国人で、戦後の日本で大変な差別を受けながら育ってきました。それで「私ほど不幸な人はいない」と言ってました。でもね、僕はその話を聞いて思ったんです。
「あなた、五体満足じゃない。子どももきちんと育って、成績も優秀で、いったい何に文句があるの。世の中には戦争に巻き込まれたり、もっと大変な目にあってる人がいっぱいいるんだよ」って。

人は、自分の考えというのを確立するものです。ただ、その考えの方向がどの方向を向いているかで、どんどん良くなる人もいれば、どんどん卑屈になっていく人もいます。エネルギーの向かう方向によって、まったく違ってくるんです。

ともくんという人の魂の形を見てみると、もともとはとても頑固で自分流にやりたがる傾向が強く、人の話に耳を傾けない人です。
それがなぜ、今これだけ謙虚になっているのかというと、そうならざるを得ないだけのものをもらってきたからです。もしもこのアトピーがなくて健康だったら、今ごろ人の話は聞いていないでしょう。

自分を不幸だと思えば、そこには不幸な解釈が生まれます。けれども、これを通して自分は聞く耳を与えられたんだ、と思えば、それは感謝になりませんか。そしてそれを通して人が生きることの意味を知るという、チャンスでもあるのです。

ここにケア滞在(自然療法プログラム)をしにたくさんの人が来ますが、うつ病や引きこもりになりたての人というのは、なかなか良くなりません。なぜなら、まだまだ自分の力で治せるとか、医療の力で治せると思っているからです。
ところが、10年も20年も病気をやってきていい加減打つ手がなくなって来た人は、改善が早い。それは、「自分でできる」という心がなくなり、他者の言葉に耳を傾けるからです。他者の視点を通して自分を客観的に観る力を身に付けた時に、病気を生み出していた自身の本当の姿を知り、治していくことができるのです。

もうひとつ。
ともくんのシェアには、「教えてください、それによって治りたい」という気持ちが表れています。それは、「治りたい」という想いの方が先にあるということです。
そこで大事なことは、これをもらったことによって自分は何を与えられたのか、ということです。実は、すでにいっぱい与えられているんですよ。

例えば、目が見えなくなるのと耳が聞こえなくなるのとアトピーになるのと、どれを取るかというような話なんです。
もしかすると、目が見えなくなったら「アトピーの方がよかった」と思うかもしれません。でも、目が見えない人というのは、目が見える人とは違うものが観えたりします。耳が聞こえない人は、聞こえる人と違うものが聴こえたりする。そういうことだと思うんです。
その病気も実は与えられているものであり、そこから学べることがたくさんある。

だけど、それを学んだからと言って、そのアトピーが改善される保証があるかと言ったら、ありません。今の症状は心から来ていますが、じゃあ心を治したらその症状が消えるんだ、と言ったら、医者の治療と一緒です。
「いただいたものに感謝する」という心があったら、そのアトピーはありがたいものになります。そういう心で進んでいったら、結果として、症状は良くなるかもしれません。でも、たとえ症状が良くならなくてもそれはありがたいものだから、そのまま付き合い続けてもありがたいのです。

ともくんのシェアの文章は、力強い。その力強さと、「僕がこうなれたのはアトピーがあったおかげです、アトピーさんありがとう」という心があったら、あなたは他の人を救えるようになると思いますよ。人はこういう心で生きていけるんですよ、ということを、示していくことができるのです。

ガンになって余命1か月半と言われた人が、ガンと楽しく付き合おうということを全国で講演してまわっていたら、ある時、「とうとうガンが消えてしまいました」と書かれた年賀状が届きました。そうなるには何年もかかったんですけどね。

今与えられているものが不幸なもので、だから心を治してこれを改善したい、その方法を教えてください、と言われたら、僕はこう答えます。
 
「ここは、アトピーの症状を治す方法は伝えられないかもしれませんが、
 アトピーをもらって『ありがたいな』と思える心は伝えてあげられます。」

 
それだけです。
 
 
 


人生最大のカルチャーショックを超えて 〜 あきのちゃんの卒業論文より

様々な反響を呼んだ『ある大学生のインタビュー』でいさどんブログに登場したあきのちゃんより、卒業論文が届きました!

ガーナにて 子供達に勉強を教えるボランティアをするあきのちゃん
ガーナにて 子供達に勉強を教えるボランティアをするあきのちゃん

世界中の様々な国を旅してきて、昨年7月に木の花ファミリーに出会った大学4年生のあきのちゃんは、それまで複数のエコビレッジを対象とすることを考えていた卒業論文のテーマを、木の花ファミリーに絞ることに決めました。以来、はるばる広島から富士宮へ通い、時には涙を流しながら、研究を続けたあきのちゃん。それはちょうど、一部インターネット上に木の花ファミリーに対する批判的な書き込みがあがり、メンバー数名がファミリーを離れて、木の花ファミリー自身も大きな変化を迎えていた時期でもありました。

以下、あきのちゃんの卒業論文『共生のための精神性に関する研究 ― エコビレッジ「木の花ファミリー」の精神性に焦点をあてて』より、第1章「研究の背景と目的」をご紹介します。

メンバーの話し合いを書き取るあきのちゃん
メンバーの話し合いに真剣に聞き入るあきのちゃん

============================================

共生のための精神性に関する研究
―― エコビレッジ「木の花ファミリー」の精神性に焦点をあてて ――

私は日本に生まれ育ち、なんら不自由のない生活を送ってきた。食べるものは毎日充分にあり、住む家もインターネットもあり、好きな服も買うことができ、大学まで教育を受けることができ、海外旅行も自由にすることができた。

しかし、1年間の休学期間も含めたこの5年間の大学生活の中で、その私の暮らしとはかけ離れた、全く違う環境に暮らす人々にも出会ってきた。中国、カンボジア、ベトナム、マレーシア、タイ、ラオス、フィリピン、インド、ウガンダ、ガーナ、トーゴ、ベナン ――― アジアやアフリカのいわゆる第三世界の国々で、教育や医療を受けられない、充分な食料や安全な水を得られない、貧しい暮らしをする人々の生活を目の当たりにした。
一方で、物質的には貧しくても、家族や地域の人たちと助け合い、自分たちでなんとか生きていく力を持った幸せそうな人々にも数多く出逢った。モノやお金があるということが幸せであるというそれまで持っていた固定概念が崩れ、本当の豊かさとは何なのかということを考えさせられるきっかけとなった体験であった。

グローバル化によって、自由に海外に行ったり、インターネットを通じて海外の情報を手に入れたり、海外のモノを安く手に入れたりなど、富める先進国に住む人々にとっては、利益とするものが大きいグローバル資本主義だが、貧富の格差や環境問題、経済危機など深刻な問題の原因にもなっている。私も確かにそのグローバル資本主義による恩恵を享受してきた。しかし、暮らしの中でグローバル資本主義に関わることで、それが引き起こす様々な問題にも無意識のうちに加担していた。

例えば、日本でおなじみの100円ショップの製品は中国や東南アジアの国々から輸入している。上海から急行列車で5時間ほど内陸部に入った場所にある浙江省の義烏という新興商工業都市にはバッグ工場や靴下工場、タオル工場、造花工場など100円ショップに輸出する製品を製造する多くの工場がある。そこで働く人々の多くは農村出身の若い女性で、一日約8〜10時間の労働で、休みは月に二日が一般的である。そして月に約200元〜600元(約3000円〜9000円)の給料を稼いでいる。安い輸入品の裏には、労働力搾取や児童労働などの問題が潜んでいる。100円ショップの製品だけでなく、衣服や食品など日常的に日本で手に入れることができる安い輸入品には、なにかしらの安い理由があるのである。

犠牲になるのは発展途上国の人々だけではない。大量に仕入れられる商品は安いゆえに、消費者は必要ないものも購入し、多くのものをゴミにし、自然環境を破壊している。
食品に関して言えば、日本では年間5600万トンの食糧を輸入しながら、その約3分の1(1800万トン)を捨てている。そして不条理にも、その廃棄物の量は世界の食糧援助の総量の約3倍以上になるのだ。
さらに、日本は海に囲まれた島国であるため、モノを輸出入するためには船や飛行機を使い莫大なエネルギーを消費している。そのエネルギーには、大量の化石燃料が使われており、排出される二酸化炭素は地球温暖化の原因にもなる。温暖化対策の代表的な運動として、ネクタイをはずし、涼しいカジュアルな服装をして、冷房温度を上げる「クールビズ」があるが、冷房温度を摂氏26度から28度に上げ、これを1日実行して節約できる二酸化炭素の量は80グラムという計算がされている。一方、アスパラガス1本をオーストラリアからの輸入のものから北海道産のものに変えて東京で食べるとすると、530グラムの二酸化炭素が節約できるという計算がある。1本のアスパラガスを国産にするだけで、クールビズ7日分の温暖化対策の効果があるのである。輸出入による環境への負荷が非常に大きいということがよく分かる。

発展して経済的に豊かになった日本の中でも、行き過ぎた厳しい競争の中で、不幸になっていく人々がいる。競争による極度のストレスを感じながら多くの人が働いている。失業、引きこもり、ニート、うつ病などの精神病など多くの社会問題がこの日本をも取り巻いている。そしてそうした人生に絶望し、自殺する人の数は年に3万人以上、1日におおよそ100人にものぼるのだ。

こんな暮らしをずっと続けていては、いずれこの世界は立ち行かなくなる。効率的で便利な暮らしや経済的な豊かさを追い求める現代のこの社会に持続不可能性を感じていた。しかし、平和活動をしたり、アフリカ諸国でボランティアをしたりしていても、それが全く意味のないこととは思わないが、根本的な解決にはならないという自分の無力さを感じていた。

そんなとき、2013年7月、私ははじめて静岡県富士宮市にあるエコビレッジ「木の花ファミリー」を訪れ、1週間滞在した。そこで人生で一番大きなカルチャーショックを受けた。これまで世界の遠く離れた異国でも出合ったことのない「異文化」に日本で出合うことになり、その新しい世界を楽しんでいたと同時に、知れば知るほど何が起こっているのか分からなくなり、その理解に苦しみながら涙することも何度となくあった。
うまく理解できないからこそもっと知りたいという想いから、その後再び9月と、11月から12月にかけての合計3度の滞在を経て、そのコミュニティの全体像や精神性を私なりに把握し、そしてそのめまぐるしい変化を目の当たりにしてきた。そしてこれまで国内外、様々な場所で感じてきた様々な問題意識の一番根本にある原因と答えを教えてくれる場所であると感じた。

木の花ファミリーの暮らしは、自然界をモデルとした調和したライフスタイル。メンバーは精神性を高めるため、すべての問題の根源にあるタネを見つめ、そこから学び、日々心を磨いている。
本論文では、木の花ファミリーに起こる出来事や人の心の変化などからその精神性について明らかにし、これから人が地球上で調和して生きるための精神について考察したい。「世間の一歩先ではなく、二歩先を行く生き方」と彼らが言う木の花ファミリーの暮らしは、常識から外れたものとしてときに非難されることもあるが、それも含めた木の花ファミリーの全体像と、関わる人々の心の内側までもできるだけ詳しく紹介したい。
また、この論文はあくまで私が木の花ファミリーに関わった2013年7月から2014年1月に得た情報やその生活の中で感じ取ったことを基に書かれている。その期間でも様々な出来事が起こり、それぞれのメンバーもコミュニティ全体もめまぐるしく変化しており、これからも常に変化をしていくものであると考えられる。また、私が木の花ファミリーで見たことや聞いたことをできるだけ忠実に認識し描写することを心がけているが、誤った情報や私の主観が入っているかもしれないため、それが必ずしも正しいとは限らないという点についてはご了承していただき、木の花ファミリーを見て知っていただきたい。

( 第1章 はじめに ー「研究の背景と目的」より )

============================================

理解できない、でも、だからこそ、それが何であるのか知りたい ―――

その一心で、あきのちゃんは木の花に滞在し、日々の農作業にも参加しながら、大人ミーティングでの話し合いに耳を傾け、メンバーたちへのインタビューを重ね、木の花を離れた元メンバーにも直接会って話を聞きました。「自分に書けるだろうか」 ――― そんな葛藤を抱えながらも、面白いから続けなさいという指導教官の後押しもあり、自分の目で確かめ、心で感じたことを率直に書き上げた論文は、見事なまでに木の花ファミリーの精神性を表していたのでした。
届いた論文は、大人ミーティングの場でみんなにシェアされました。誰からの借り物でもない、あきのちゃん自身の言葉で書かれたその論文は一言一言に力があり、聞きながら涙を流すメンバーもいました。いさどんも、目に涙を浮かべながら言いました。

「木の花ファミリーのことが理解されたから嬉しいんじゃありません。
 木の花ファミリーが大切にしている“心”が理解されたから嬉しいんです。」

メンバー一人ひとりがこの生き方の意味を自らに問うこととなった激動の日々の中で、もっとも大きく変化したのは、人生最大のカルチャーショックを受けながらも、それが何であるのかを柔軟な心で探求し続けたあきのちゃん自身だったかもしれません。

「あとがき」の中であきのちゃんは、心の内を語ってくれたファミリーメンバーたちへの感謝の気持ちと、自分にできる恩返しは心を磨いて調和を生み出していくことだと語り、以下のような言葉で卒論を締めくくりました。

============================================

世界を変えたい、日本を変えたい、地域を変えたい、とたくさんの問題意識を持ちながら、それでもやっぱり大きすぎて、結局自分にできることはほとんど何もないと半ば諦めながら、生きる道を模索している中での木の花ファミリーとの出会いでした。

木の花ファミリーの精神性について知っていくうちに、問題意識が外に向いてばかりで、自分とまっすぐ向き合ったことがなかった自分に気づくことができました。幼い頃から対人恐怖症だった私は、自分で自分を見ないよう目を背けながら、人に心の内を知られないように取り繕いながら、表面的な人付き合いを多くしてきました。しかし、ときに深い付き合いをしようとすると、自らその人間関係を壊してしまうこともありました。答えは自分の中にありました。
どこにいても、何をしていてもいいから、自分の心は自分で綺麗にしていこう。「自分が変われば、世界が変わる」という言葉の意味が、自分の経験とつながることで、じわじわと理解できるようになっていました。

一方で精神性について知ることで、私はときに精神的高慢になり無意識のうちに人を蔑む気持ちを抱いていることにも気づきました。それは精神性について知っただけで、本当はまだまだ自分の心は未熟なままだということでした。やっとスタート地点に立てたところだと思います。

この論文の執筆を終えても、これからもずっと毎日を丁寧に生き、起こりうる様々な現象から学び続け良い人生を生きていきたいと思います。

============================================

1532122_637912556268134_1347083135_n
  
地球の未来を担う世代が、確実に動き始めています。