木の花ファミリー通信2018年冬至号 〜 性 ー すべてのはじまり 

 

 21世紀の死生観 第四部 

す べ て の は じ ま り

「21世紀の死生観」第一部から第三部では、すべての生命が悠久の時の流れの中で無限の生死を繰り返している世界の仕組みをひも解き、私たちはなぜこの世界に生まれてくるのかについてお話ししました。その命はすべて、性の原理によって生み出されます。「21世紀の死生観」最終号では、私たちの命の根源である性について解き明かします!

 

時代をつなぐの根本原理

私たちの生きる世界は、陰と陽の相反する二つのものが互いを成り立たせ合う「対向発生」の原理によって創造されています。この宇宙創造の原理を、性と言います。性という字は、「忄(こころ)」が「生きる」と書きます。「忄(こころ)」は、中心に天から柱が降り、その左右に陰陽の相反するエネルギーが生まれることを表しています。それは、天(宇宙)の心です。そして中心に立つ柱は、この世界を成り立たせている天の法則です。天の柱のもとに、陰陽の対向発生によって現象化が起きる仕組みを、天の心と言います。

そもそも、私たちはなぜ生きているのでしょう。それは、私たちを生み出し存在させているこの世界が、先にあるからです。

現代の多くの人々は、自分の力で生きていると思っています。しかし真実は、この世界があるから自分が存在しているのであり、この世界に存在するありとあらゆる生命、物質、現象、そして私たち人間も、すべてはこの世界を創造する天の法則のもとに生まれ、その法則により維持され、世界が成り立っているのです。その仕組みに沿い、それを柱として生きる生命の本来あるべき姿が、性という文字に示されているのです。

ところが現代の人々は、性を大きく取り違えています。自らを生かしている世界の仕組みに沿うのではなく、内から湧き出す自我の欲望を満たすうちに、人々は法則の存在を忘れ、性をストレス解消や快楽を得る手段ともするようになりました。そのように欲のままに行うことで後ろめたい心が生まれ、性は隠し事となり、歪められ、ついには売春やレイプのように本来の姿からはほど遠いことまで起きるような、真実とはかけ離れたものとなってしまったのです。性という創造のメカニズムが狂うことで、そこから生まれる世界のすべてが狂っている ──── それが現代社会の根本にあり、そのあり方を切り替えない限り、世界が健全になることはあり得ないのです。

私たちは性を通してこの世界に生まれ、性を通して次の時代に命をつないでいきます。それは、私たちが生命として誕生し、世界を維持し、時代をつなげていくために欠かすことのできない命の根本原理であり、神聖なものです。私たちの原点は性にあり、本来、人間に備わっている本能的欲求は、人間の尊厳を高め、生命世界に寄与するためにあるのです。

それでは、私たちの根源である性の仕組みをみてみましょう!

 


 

この世界では

大きな生命も小さな生命も

すべて皆同じ

性の原理によって成り立っています

 
性の仕組み

まず、天から地に向けて、一本の柱が降りてきます。
「21世紀の死生観」第一部第二部では、私たちの生きる現象界(ある世界)の奥に、すべての生命の源である潜象界(ない世界)があり、私たちは潜象界から常に純粋な生命エネルギーを与えられる天然循環の仕組み中で生かされていることをお話ししました。潜象界とは「カム」、即ち、目に見えるものだけを認識する現代人の感性では見ることも感ずることもできない世界です。天から降りてくる柱は、このカムの純粋な響きを、現象界へと「ウツス」はたらきをします。これを「カムウツシ(現象化の元となる原理)」と言います。これにより、私たちの命の源である深遠なる天の法が現象界へと降ろされます。この縦に貫く力が、男性性のはたらきです。
それに対し、天から降りてきた柱を受け、そこから生命の種を受け取り、縦の柱を軸として横の回転となり、目に見えない天の法を現象化するはたらきを「アマウツシ(現象を引き起こす原理)」と言います。この横に回転する力が、女性性のはたらきです。目には見えない法を降ろす男性性が陰であるのに対し、その法を現象として顕わす女性性は、陽です。それは、どちらも単独では存在し得ない対等なものであり、その対向発生により、宇宙が命として現象化されていきます。縦の陰の柱をトキ軸、横の陽の回転をトコロ軸と言い、トキとトコロが整うことで、生命が誕生するのです。

 宇宙の構造

 
星の誕生

この仕組みをもとに、地球の成り立ちをみてみましょう。

 地球誕生のメカニズムと性の仕組み

まず始めに縦の柱が発生し、キタからミナミへと貫きます。そしてそれを軸として、横の回転が起こります。縦の軸は陰、横の回転は陽です。その陽の回転をキタから見るとヒタリマワリ(左回り)、ミナミから見るとミキリマワリ(右回り)になります。ヒタリマワリは拡散化していく陽のはたらき、ミキリマワリはそれを抑える抗拡散化の陰のはたらきです。つまり、陽の横回転の中に、さらにミキリマワリとヒタリマワリという陰陽のはたらきが同時に存在し、二つの力が拮抗する赤道上でもっともエネルギーが高まり、現象化が起きて多くの生命が発生するのです。そして、縦の柱を軸として磁場が発生し、全体が巨大な球状の磁石(生命体)となります。

この物理性は、地球も、太陽系も、銀河も、すべて同じ仕組みになっています。絶え間ない陰と陽の交わりが宇宙の至るところで繰り広げられ、世界に命を生み出し続けているのです。私たち人間の男女の交わりもまた、同じ仕組みによって成り立っています。

潜象界と現象界の狭間にあり、二つの世界が交わって現象化への質的転換を起こす世界を「アマ界」と言います。それは、宇宙の子宮です。アマ界に降りてくる縦の柱は、生命の交わりにおける男性器を表します。そしてその周りに発生する横の回転は、女性器を表しています。人間の男女が交わる時、男性器と女性器が結合することで、男性は聖なる天の柱を女性の中に降ろします。女性はその柱から命の種を受け取り、体内で地球生命38億年の進化の歴史をたどりながら育み、最終的に人としてこの世界へ送り出す、聖なる役割を果たすのです。このように、本来、私たち人間が営む性は、宇宙の創造と同じ仕組みによって成り立つ、とても神聖なものなのです。

 
太陽と月

男性が柱を立てることで降りてくる天の種は、光が元になっています。すべての生命のはじまりは、光です。

地球に生きる私たちを育む光は、太陽から発せられたものです。太陽は毎日昇り、地上に昼と夜をもたらし、生命のリズム、即ちトキの基本となります。人間の体の中で、太陽のサイクル(陽)によって毎日創られるのが、男性の生理、精子です。それに対し、女性の生理は、月のサイクル(陰)です。女性の体内の卵子は、月が満ちて満月となり、欠けてまた満ちるという月のサイクルで創られるのです。

地球に生命が誕生したのは、太陽の力だけによるものではありませんでした。太陽は地上に光をもたらし、地水火風空の自然循環を起こします。そして、地球の一部が分離することによって生まれた月は、地球から絶妙な距離を保ちながら、その引力によって海に満ち引きを起こし、海をかき混ぜ、太陽と共に様々な生命を誕生させました。太陽の存在だけではなく、その受け皿となる月が地球に寄り添ってあったからこそ、この星にダイナミックな生命活動が生まれ、その陰と陽の二つのはたらきによって、地球は宇宙でも稀に見る、命あふれる美しい星となったのです。

 
法から外れた世界

さてここで、男性性と女性性の陰陽が逆転していることにお気付きでしょうか。生命発生の元となる世界では、奥にある陰の柱が男性性であり、それを現象化する陽の回転が女性性のはたらきです。ところが、その命の源のエネルギーがアマ界を通って質的転換を起こし、命となって現象世界へ現れ出ると、女性性が陰で、男性性が陽となります(逆転現象)。両者は、互いに対向発生をする対等な関係です。

しかし今、人間社会の男女の関係は大きく歪んでいます。かつて、男性は柱を立てることで深遠なる天の法、即ち宇宙の叡智を降ろし、群れを統べる存在でした。そして女性は正しい智恵を持つ男性を見分ける目を持ち、その種を受け取って法にふさわしい地上を創る役割を果たしていました。この陰陽の対向発生により、天の法が治める秩序ある世界が地上に表現されていたのです。ところが時代が進むにつれ、男性は宇宙の叡智ではなく、力を用いて世の中を支配するようになりました。そしてその奥には、正しい智恵を持つ者を見抜く目を失った女性たちの存在がありました。

「陰陽」と言うように、この世界ではまず先に陰があり、それを元に形である陽が発生します。現象世界での陰は、女性です。ですから本来、まずは女性が正しいもの選び抜く智恵を持っており、男性は女性に選ばれるよう自らを磨き高めることで、両者が対等な存在となるのです。ところが、見えるものだけが大切になっていく時代の流れの中で、人々は目に見えるものの奥にある大切なものを感じ取る力を失い、女性たちは男性の本質を見抜くよりも、力を持つ者に媚びを売るようなりました。現代で言えば、その力とはお金や権力です。男性は本来の役割を忘れ、宇宙の叡智よりもお金や権力を得るために努力するようになり、こうして地上は天の法から大きく外れた、お金や権力が支配する物質優先の世界となりました。そして私たちの命の根源である性すらも、自らの欲望を満たし、力で支配したり媚びを売るための道具にしてしまったのです。

 
元へ還る

真の男女平等とは、単に制度的に平等になることではありません。それは、女性が女性であることの、男性が男性であることの意味に目覚め、天の法に則った正しい陰と陽の関係にあることです。

自分は一人でも十分に働いて一生を生きていくことができる、と思ったとします。しかしそもそも私たちは、一人では不完全なのです。はるか昔、この世界は完全なるひとつの世界でした。それがある時爆発し、空間が生まれ、多様性に分かれて現在のような生命世界が誕生しました。そして、分かれたもの同士が対向発生をするようになったのです。元の完全から分かれた私たちは、単独では偏っており、その不足感から互いに引き合い、結びつこうとします。元のひとつへ還ろうとするのです。

元へ還るとは、私たちの源である大本の叡智が湧き出すということです。個に分かれ、自我を持ったことで、自分はこの世界の中で単独で生きているかのような錯覚に陥った人間たちは、天が紡ぐ縁によって再び引き寄せられ、出会い、結びつき、本来備わる生命感を研ぎ澄ませることで、命の源である宇宙根源の美しい響きに共振するようになるのです。このように、大宇宙と響き合うことこそが、性の原点です。

その仕組みを理解し、宇宙と響き合う高い意識で行われる性の交わり(カムウツシ・アマウツシ)は、世界の秩序を正す力を持ちます。そして、より進化した未来を担う優れた魂を、人としてこの世界に送り出すのです。本来、私たちに備わる本能的欲求は、自我から湧き出す欲望を満たすためではなく、命の源の響きを感受し、自らを高め、その自らを生み出したこの世界へ貢献するためにあるのです。

 
天の心

宇宙の星々が、まるで約束されているかのように、ひとつの法則のもとに調和し、淀みなく宇宙を巡り続けているように、私たち人間もその法則によって生み出され、法則のもとに生かされています。ですから、その法則に沿って生きることは本来当然のことなのです。それがこの世界へ貢献することであり、その美しい世界の流れの中に生きることで、自らの人生もまた、とてもスムーズで豊かなものとなっていくのです。
その流れの中で今、いくつもの星々が、それぞれのサイクルのターニングポイントを迎えています。それは、時代の大いなる転換期が地上に訪れていることを示しています。私たちの肉体は、お父さんとお母さんという男女の性の交わりから始まりました。そしてその交わりの意識は、20世紀型のものでした。その20世紀型の価値観のもとに、私たちは降りてきたのです。
しかし今、時代は21世紀に入り、21世紀から30世紀にかけての千年紀が幕を開けました。それは、これまでとは違う新たな価値観の時代が始まったということです。天の柱を見失い大きく歪んできた時代から、真の柱を立て、その柱のもとに男性性と女性性が対等な存在として聖なる役割を果たす時代へ、世界は舵を切りました。天の心が地上を生きる、真実の性が表現される時代が始まったのです。
その先駆けとして今、あなたはこのメッセージに出会っています。それは、未来の地球は、あなた一人の目覚めから始まるということです。

 

 


 

男女の交わりだけが性ではない

万物とのパートナーシップ

性とは、男女の交わりだけを言うのではありません。

元の完全なるひとつから分かれ、それぞれに偏りを抱えてこの世界へ散りばめられた私たちは、不完全ながらそれぞれにふさわしいポジションを与えられ、偏りを個性として独自の役割を果たし、多様性あふれる世界を創り出しました。そしてひとつでは不完全であるがゆえに、自分とは異なるものと引き合い、対向発生をするようになりました。その対向発生の中心には、必ず天の柱が存在しています。つまり、この世界のすべての存在は天の心から生まれた神聖なものであり、姿形や働きは違っていても本質的にみな平等で、対等な関係なのです。その多様な存在の対向発生が無限に連鎖し、ダイナミックに変化しながら、私たちの生きる生命世界を未来へとつなげています。この、世界を維持する元となる多種多様なパートナーシップは、一つひとつどれもが欠かすことのできない、聖なるものなのです。

万物は、パートナーシップの仕組みによって成り立っています。私と宇宙、私と太陽、私と月、私と地球、私と土、私と空気、私と水、私と生命、私と心臓、私と手、私と足、私と動物、私と植物、私と微生物、私と誰か、そして、私とすべて。私たちはいつも、すべての存在と共に生きているのです。それぞれの関係性に、遠い近い、濃い薄いはありますが、どれも欠かすことのできない大切なものであり、それがあるからこそ、今、私たちはここに存在しています。この世界に、単独で存在しているものは何ひとつありません。なぜなら、宇宙の本質はつながることにあるからです。つながるとは、善意であり、私とすべては善意による深い絆で結ばれ、そのつながりの中で生かされているのです。

そのようにこの世界の成り立ちを捉えた時、世界に孤独は存在しないことが観えてきます。今、多くの人々が、自分と世界をつなぐ絆を見失っています。目に見えるものだけが大切になっていく時代の流れの中で、たくさんの存在とのパートナーシップによって生かされていることが観えなくなった人々は、「自分一人の力で生きている」と錯覚するようになり、自分だけの幸せを追い求めるようになりました。その結果、社会に格差をもたらし、優劣の概念を生み、私たちの命を育んできた地球生態系さえ傷付けるようになりました。地球生態系は、今も変わらず私たちの命を育んでいるにもかかわらず、その絆は人間の側から一方的に分断されています。こうして現代は、多くの人々が絆を見失った孤独な人生を生きるようになりました。

しかし真実は、私たちは宇宙根本原理の性という、天の心を顕わす仕組みを通し、それぞれにふさわしい位置と役割を与えられ、他のたくさんの存在たちと共に、この世界へと生み出されました。その無数のパートナーシップが連鎖していくことで世界は成り立っており、最終的には、すべての存在が天との対向発生の中にあるのです。そのことに気付いた時、世界にはもはや、孤独は存在しません。そしてあなたの周りに存在するすべての関係が、宇宙の深遠なる真理へと向かう、深い学びの機会を提供してくれます。良いと思えることも悪いと思えることも、すべてはあなたとのパートナーシップを通し、真実に目覚めさせるための善意の心から発生しているのであり、その対向発生の中心には必ず、天の柱があるのです。

このことを理解し、すべての現象の奥に流れる宇宙根源の美しい響きを感受するならば、誰もが自らにふさわしい役割を通し、その個性を存分に発揮して、世界の健全へと貢献することができます。そのような高い意識の調和の中に存在すること自体が性、即ち天の心を生きることであり、目には見えない天の法を現象として顕わすカムウツシ・アマウツシの目覚めは、男女の交わりだけではなく、私たちが生きる世界のどこにでも存在するのです。

性は、互いに異なるものが対向発生することで新たなものを生み出し、未知なる未来を創造していく宇宙の根本原理です。どうぞ、多くの人がその真実に目覚め、世界が美しい響きで包まれますように ────

 

 


私たちを生かしているこの世界の成り立ちをひも解いていくことは、どこまでも深く、その探求に終わりはありません。生きていることの真の意味をさらに深めたい方は、「1ヶ月間の真学校」へお越しください。
2019年は2月24日~3月23日開催!詳しくは1ヶ月間の真学校専用ブログをご覧ください。→ 「1ヶ月間の真学校」専用ブログ

 


 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です