さっちゃんの「今度こそ乳がんが小さくなりました。(3mmだけどネ!)」

「はたして心が変わればガンは治るのか」人体実験中のさっちゃんより、久々のレポートです!

今年も“ガンに効くトマト”の種まきをするさっちゃん
今年も“病を癒やすトマト”の種まきをするさっちゃん

 
■     ■     ■
 
報告がかなり遅れましたが、4月21日にガンセンターに乳がんの3ヶ月検診に行って来ました。

エコー検査の後の診察で、「胸の腫瘍がやわらかくなってきているのは、どういう事でしょうか?」と先生に聞きました。そして私が、「ガン細胞が変化しているような感じがするんですが・・・」と言うと、先生は「すごい事がわかるんですね」と笑った。
私は「先生でもないのに、すみません」と笑い、看護師さんも笑った。
先生はそれからエコーの結果を見ながら、
「厚さが17mmから14mmに減ってきている。細胞の成分が脂肪に変わって中がスカスカになってきている。食事とアイロン治療の効果が出ているのではないか・・」と言った。
実は今は何もやっていませんが・・・(笑)

2013年の10月に右乳房上内側部乳癌と診断されてから1年半。
はじめは右乳を全部切除する予定だったのが、うそみたいに、ふつうにみんなとお風呂に入っている。
右胸さん、あの時、さよならしなくて良かったね♡
そして、いろんな気づきをありがとう♡

まだまだ自分の心の本当がわからず、上がったり下がったり、胸が痛くなったりの私だけれど、そんなおばかな自分も好きだナーと思えるようになってきた。
みんなと一緒だからね。

そして次回は、7月21日に受診します。
 

トマトの種まきを終え、同じくガンのきょうこちゃんと一緒に
同じくガンを通して日々たくさんの学びをいただいているきょうこちゃんと一緒に

 


真夜中の女子会

木の花ファミリーは、とってもいいところです。
ごはんはおいしいし、みんな仲良く支え合って生きてるから子育てや老後の心配もいらないし、自給自足で何でも豊かにあるからお金のためにあくせく働かなくてもいいし。

みんなで支え合う豊かな暮らし
木の花ファミリー

ところが、いいところ過ぎて、ぬるま湯につかったカピバラのようにボケちゃうことがあります。

カピバラさん
カピバラさん

(注:本物のカピバラさんはボケているわけではありません。)

豊かな暮らしは自分たちの満足のためにあるわけではなく、余分な心配をしなくていいからこそ一人ひとりがしっかりと心を磨いて、そこを訪れる人が癒されていくような場を築いていく ――― つまり、人のためにあるわけですが、ぬるま湯にぬくぬくとしているうちにいつの間にやらその豊かさに甘んじて、自ら場創りしていくことを忘れちゃったりするのです。

そんな「すぐ忘れちゃう症候群」をいったいどうしたらいいのか。昨夜も大人ミーティングで長~い話し合いをして、誰かが誰かを指摘して言われた人は「どよ~ん」と落ち込んでその場全体をさらにどよ~んと暗くしてああこれの一体どこが菩薩の里なのと思いながらどよ~んとした場は延々続いてそういえば昨日は土曜日なのでした。<チーン♪>
 

はいここからが本題。

そんなどよ~んな大人ミーティング後、洗面所の床に座りこんで歯を磨いていたら、みっちゃんが隣りに座りました。
みっちゃんは、現在介護ヘルパーとして介護老人保健施設に働きに出ています。(以前の記事「みっちゃんの想い」をご参照ください。)「すぐ忘れちゃう症候群」になるのは、やっぱりなぜこの生き方をしているのかが自分の中で腑に落ちてないからかねぇ、と話し合う中で、みっちゃんは今自分が感じていることを語り始めました。
 
毎日施設で、死が間近に迫ってきている人たちを見ている。
体のあちこちが痛いという人がいる。病気で苦しいという人がいる。鬱になっている人もたくさんいる。痛い、苦しい、と言って、迷いの中で死んでいく。
木の花では、痛みや苦しみを、メッセージとして受け取る。その痛みを通して、もっと大きな何かに気付かせてもらうために、そこから学んでいく。学んだ時、そこには喜びが生まれる。そしてその喜びを、みんなで分かちあう。
施設の人たちにとって、痛みは痛みでしかない。その人たちを目の前にして、自分にできることはないだろうか、と思う。だけどどんなに言葉で語っても、私には痛みがないから、相手は「あなたにはこの痛みはわからない」となるだけ。言葉が大事なわけじゃない。ただ自分がそこにいることで、相手が自然と何かを感じて、その結果痛みが和らいでいくような、そんな存在になろうと思う。

だから私は、毎日ここに帰って来る。みんなと接し、人にとって本当に大切なものは何かを学び、そのエネルギーを自分の中に取り込んで、また次の日に施設に向かう。

施設のお年寄りたちの1日は、ご飯を食べて、お風呂に入って、時々リハビリをして、あとは自由。何をしてもいい、つまり、何もすることがないという自由。
することがないから、とりあえずテレビを見る。週刊誌を読む。折り紙を折る。職員はやることがたくさんあるので、相手をしているヒマがない。ご飯の支度も掃除も何もかもをしてもらって丸1日ぼーっと過ごして、入所したばかりの頃は自分で何でもできていた人が、どんどん何もできなくなっていく。どんどんボケていくのが目に見えてわかる。ボケの生産施設だ、と思う。でも同じような施設が、あちこちにどんどん建っていく。政治家は「自分は○件施設を建てました」と胸を張る。私が毎日見ている人たちの、何万倍、何百万倍という同じ境遇の人たちが、日本中にいる。

木の花の年寄りたちは、毎日忙しい。掃除に洗濯、料理に子育て、お花を活けたり漬物漬けたり「この人じゃなくっちゃ」という役割がそれぞれにあってみんなからあてにされて、働き疲れて大人ミーティングでは口あけて寝てたりする。だけど、誰もボケてない。「ありがたい」って言いながら、毎日楽しそうに、せっせと働いている。

ここ(木の花)では、それが当たり前のように暮らしてる。施設の現実を目の当たりにしながら、その当たり前のことがどれだけ大切なことかを、感じている。
外に出れば、私は一人。何もできなくて、無力感にさいなまれる。でも、だからこそ、たとえ一人でもここが大事にしている「心」を表現できる存在になろう、と思う。

みっちゃん
みっちゃん

 
みっちゃんがそう語っていると、こはるちゃんがやって来て隣りに座りました。
看護師として訪問看護の仕事をし、同じく人生の終末を迎えた人たちと日々接しているこはるちゃんも、みっちゃんの話を聞いて語り始めました。
 
仕事をしていて、日々矛盾を感じている。今の医療は、傷口に絆創膏を貼るような対処療法。症状に対処するだけで、根本的な解決にはなっていない。
もっと本当の意味で人のためになることができないだろうか、と思う。同じように思っている人も職場にいるのに、その思いが活かされない。どこかで割り切らなければ、仕事ができない。

矛盾を感じて自分の意見を言ったら感情的になってしまったり、まだまだ未熟。こんなできていない私に言われたくないって思う人もいるかもしれない。だからこそ、職場での自分と日常の自分を一致させていく。そしてそれができるのも、ここの暮らしがあるからだと思う。
そう思って帰って来て大人ミーティングに出たら、自分はできていませんでしたって反省モードになって自分ごとにはまってる人がいっぱい。そんな自分の反省にエネルギー使うくらいなら、自分は人のために、社会のために何ができるかって考えたらいい。

こはるちゃん
こはるちゃん

 
と、こはるちゃんが語っていると、さっちゃんがトイレに起きてきました。
このブログにもたびたび登場するさっちゃんは、一昨年乳ガンであることがわかって以来「はたして人は心が変わればガンが治るのか」人体実験に取り組んでおり、上がったり下がったりしながら日々ガンから学び、「ガンになってよかった」といつも言っています。
こはるちゃんの隣りに座ったさっちゃんは、寝ぼけ顔のまま黙ってこはるちゃんの背中をさすっていました。そして、苦しんでいる患者さんたちに何ができるかと話し合うみっちゃんとこはるちゃんの話を聞きながら、『ガンのすすめ』っていう本でも書こうかな、と笑ってました。

さっちゃん
さっちゃん

 

そんなこんなで、洗面所の床に座り込んで語る女子4人。時刻は夜中の2時。
 

ともこ
ともこ

 
みっちゃんも、こはるちゃんも、さっちゃんも、自分の中から湧き上がってくる想いがあるんだって言います。人生の終末を迎えた人たちと接してみて、自分自身が病気になってみて、この生き方が本当に大切なんだということを、ひしひしと感じている。だからただ、その生き方を実践していく。
そしてそれが必要かどうかを判断するのは、社会です。時にあやしいカルト団体などと批判されたりもする木の花ファミリー。いくら自分たちがこれが大切だと思っていても、ひとりよがりじゃしょうがない。そもそも自分たちの満足のためにやっていることではないので、社会から必要ないと判断されれば、消えるだけなのです。
 

そういえば、今日は日曜日。
どよ~んな土曜日は、去ったでー(Saturday)。<チーン♪>
 
 
=============================================

そんな木の花ファミリーには、何十年も服薬したり病院から「一生治らない」と言われるような心の病を抱えた人たちが短期間の滞在で回復していった事例が数多く存在します。
人はなぜ病気になるのか。そしてなぜ回復するのか。そもそも病気とは何なのか。
そんなことをテーマにした1日限りの「出張木の花塾」を、5月17日(日)に千葉県の船橋にて開催します。これはおもしろいですよ~。世界観が変わります。どなた様もどうぞお越しください!

*詳細は下記をクリック!
 5月17日(日) 出張木の花塾
 「鬱も統合失調症もプレゼント ~ 奇跡の自然療法プログラム」

=============================================
 
 


さっちゃんの、バァズの皆さまありがとう♡ 〜 ヤーちゃんの巻

さっちゃんのバァズレポート、第2弾!

第2弾は、ヤーちゃんの登場です!
第2弾は、ヤーちゃんの登場です!

 
■     ■     ■
 
ヤスエさんは、今年の誕生日を境にヤーちゃんと改名して可愛く生まれ変わりました。
 
先日、木の花庵のお風呂掃除を終えて廊下に出ると、大人に叱られた子どものように涙を両手で拭いながら歩いてくるヤーちゃんと出会った。
「どうした?」と聞くと、昨日赤ちゃんにごはんをあげていた時の出来事をヤーちゃんなりに振り返ってまりねぇに話したら、「それは心磨きではない」と言われた、と言って泣いた。

ヤーちゃんは以前から子どものごはんの用意が苦手で、それでも最近はメモを取りながらも自らチャレンジしてくれていた。
昨日はヤーちゃんが、ゆうひ(2歳)のごはんのお代わりに、細かく刻んだおかずをのせて持ってきたら、ゆうひは既に私の持って来たお代わりのごはんを食べていて、それを見たヤーちゃんは激怒した。自分がお代わりを作っていたのに誰も気付かない、自分が座っていた席に他の人が座っている、という理由だった。

次の日にヤーちゃんは私に、昨日はびっくりさせてごめんなさい、と謝った。そんなヤーちゃんに何の事か忘れてしまっていた私の方がごめんなさいだった。人から注意された時に、「言われなくてもわかっている」と言いたくなるヤーちゃんの我が出てくるそうだ。
まりねぇの真意もわかっている。このままの心でいれば自分はここにいられなくなる。だから、自分をコントロールしていくんだと涙ながらに語ってくれた。

ヤーちゃんは、耳が悪いからみんなが何を話しているのかよくわからないとよく言うが、(私は耳が良くてもみんなの話がわからない時もある)人の観察は素晴らしいと思う。
あの人はごはんの量が多いからストレスがたまっているとか、人の癖もおもしろいと解説をしてくれる。ヤーちゃんは昔テレビでやっていた「家政婦は見た」というドラマの家政婦さんみたいだと思う。
そんなおもしろおかしい、時にはやくざのように怒るヤーちゃんが、お茶席の時に作務衣を着て、凛と座っている姿を見た。かっこいいと思った。話し方もどこかの奥様のようで、「だよねー」なんて話している人と同一人物のようには思えない。

お茶席のヤーちゃん
お茶席のヤーちゃん

 
昨日ヤーちゃんに「調子が悪いの?」と訊かれ、「胸が痛いんだ」と言ったら、「それは心に何か詰まっているんだよ」と言われた。
バァズと一緒にお茶をしながら、「私はあさちゃんやヤーちゃんやでこちゃんやあっちゃんやラブちゃんの事が気になるんだ」「みんな仲良く、楽しく過ごせばいいのに…」と言ったら、ヤーちゃんは「さっちゃんはそうやって気を病んで病気になるんだヨ」と言った。

その時私は、人の心を自分の思うようにしたいと思っていたんだ、と気付いた。
大事なのは自分の心。自分が変われば世界が変わる。
 

ヤーちゃん、ナイスなアドバイスをありがとう。
そして、私の事も日々観察して見守ってくれてありがとうございます。
 

ヤーちゃんとあさちゃん。子どもたちと一緒に。
ヤーちゃんとあさちゃん。子どもたちと一緒に。

 
 


さっちゃんの、バァズの皆さまありがとう♡ 〜 あさちゃんの巻

2年前に乳ガンになって以来「心が変わればガンは治るのか」人体実験中のさっちゃんからの日々のレポート、今回のテーマは “バァズ” です!

バァズシリーズ第1弾は、福島出身のあさちゃんです!
バァズシリーズ第1弾は、福島出身のあさちゃんです!

 
■     ■     ■
 
私はガンになって、寒い倉庫で作業する収穫隊から、ひまわりの家事・子育てをするセンターチームに移った。

センターチームでは、60歳以上のお年寄り(バァズ)と30~40代の若者(バカ者?)が作業している。以前からバァズはおもしろい♡と思っていて、誰かブログにあげてほしいと思っていたが、誰もあげてくれないので自分であげる事にした。

バァズ:左からとしちゃん、あさちゃん、デコちゃん、ヤーちゃん
みんなの暮らしを支える縁の下の力持ち、バァズ

ガンセンターを受診する度に、あさちゃんは「どうだったかぁ?」と訊いてくる。そして必ず、先生に「切れ」と言われたら自分なら「ハイ」と答えてすぐ切るよ、何でガンなのに切らねえんだかわかんね~、と首をかしげる。

そんなあさちゃんが、前回の受診の翌日、初めてほめてくれた。
あんたはえらい!!そうやって自分で考えて、やっているのが素晴らしい!!パチパチパチ。(パチパチパチは口で言いました。)

いやいや、あさこさん、そんなあなたの方が素晴らしい!
あさちゃんは、けっこういつも怒っている。
「まったく、また塩の入れもんにスプーンが入っているよ。プンプン(チーン)」
木の花の塩と醤油はあさちゃんが守っている。
うちの醤油は生きているので、夏場は食卓に出しっぱなしはご法度。塩はシママースなので湿気ですぐ固まる。あさちゃんはまめにチェックしてフライパンで塩を炒る。そして醤油の出しっぱなし、台拭きの出しっぱなしに怒る。けれど出しっぱなしに怒るだけで出しっぱなしの人に怒るわけではない。

― 出来事を憎んで人は憎まず ―

私が失敗すると「あちゃー」と言って笑う。
子ども達にもガミガミ怒るが、子ども達は聞いていない。そんな子ども達にもせっせと自分がとっておいたデザートを配る。腰が痛くていさなをだっこできなくてもおんぶする。
   
そのあさちゃんのへそくりが見つかり、そのお金でバァズ専用のipadを購入した。

141123-105258
真剣に使い方を勉強するバァズたち。
子どもそっちのけです。
子どもそっちのけです。
盛り上がってます。
盛り上がってます。

勉強熱心なあさちゃんは、それでミーティングを録音したり、みかちゃんがホワイトボードに書いたものの写真を撮ったりしているが、他の人が使ったり、充電していたり・・・と時々見当たらなくなる。
その度にミーティングで「知りませんか」と聞いたりしていたが、この間ホワイトボードの連絡事項の欄に「バーバーズアイコンを使用する人はバーバーズに声をかけてください」と書いてあった。
 
「バーバーズ」って・・・床屋さん達?
「アイコン」って?・・・(笑)
 

日々一生懸命さが伝わります。
そして可愛くておもしろい♡
 

時々私にもおやつをくれるあさちゃん。
今日もありがとうございます。礼。
 

誕生日会で『セーラー服を脱がさないで』を歌う、おちゃめなあさちゃんです♪
誕生日会で『セーラー服を脱がさないで』を歌うあさちゃん♪

 
 


さっちゃんの、私がガンになった理由・その2 〜 いさどん、いさどん、ありがとう

2年前に乳ガンになって以来、「心が変わればガンは治るのか」人体実験中のさっちゃんからのレポートです。

140927-143627

■     ■     ■

木の花塾「1ヶ月間の真学校」が始まった。

ひまわりの洗濯物が、受講生の14人分増えた。たったそれだけの事なのに、私の頭は混乱した。
その為のカゴや札を用意したり、間違えないようにいろいろと用意していたのに、いざ洗濯物を干し始めると訳がわからなくなる。
ちょっと自分がいなくなった間に他の所に違う洗濯物が干されていたり、考えているうちに5台の洗濯機が順々に止まって次の洗濯を始める。洗濯済みのカゴが5つ、6つと増えていく。早く干さなくちゃと思うほど、手が動かなくなり、頭を抱えてしまう。
それでも何とかみんなの協力でミーティング終了までには干し終わった。洗濯し始めてから終了までに約7時間。

そんな状態が2日続き、私はまた寝込んでしまった。

何度か起きようとして、シャツを着替えてまた寝て、ズボンをはいてまた寝ていたら頭まで痛くなり、昨日一緒に昼寝した6歳のなりがインフルエンザA型だったのを思い出し、インフルだったら大変だ、同室の陽子ちゃんにうつったら大変だ、このままじゃ気持ちがインフル菌に負けてしまう、気が病んでしまう、でもみんなと話せば何とかなる、とやっと起き上がり、ひまわりに向かった。
ホールでラブちゃんに洗濯物に心が捉われていたヨと笑い、熱を計ると35.4℃で、また笑った。これじゃあ、インフルにもなれないね。

私は超冷え症で、いさどんに「北極に行くのか?」と言われる程、室内なのにマフラー、帽子、マスクと厚いダウンジャケットを着こんでいる。寝起きに手足のしびれもあったので、最近食養生をやめたまゆちゃんに、「食養生をやった方がいいのかな?」と訊いた。
彼女は昔、過敏性腸症候群で苦しんで、当時は水を飲むだけでお腹に激痛が走ったそうだ。それからマクロビを学び、師範の免許を取り、砂糖と卵なしの生活を9年間続けた。
けれど最近、食に対するこだわりと恐怖があるのに気付き、食養生をやめた。
彼女は心が血液の流れにも関係があるらしいと言った。
そう言えば、以前『ためしてガッテン』で、ストレスのために一瞬にして血液の流れが悪くなる実験を観たことを思い出した。
私は失敗した時、何かを指摘された時、腹が立った時に、サーッと血が汚れる感じがする。焦った時にキューッと体がしまる感じもする。最近そういう感覚になる事が多かった。
それで私は冷えているんだと気付いた。心がやわらかくなればきっと体もあたたかくなる。

次の日の朝、湧泉閣のトイレ掃除をしていたら、いさどんに会った。
「どうした?調子が悪いのか?」と聞かれ、「胸が痛い」と言った。
そして昨日の気付きを話したら、いさどんは

「ガンとは血液の病気だからな。笑って感謝して泣いとるのが一番いい」
と言った。

胸にぽっと灯りがともった。
そして、昨日のミーティングみたいだと思った。

大人ミーティングより
大人ミーティングより

真学校の受講生が連日ミーティングで自己紹介をしている。
昨日はわたるくんが、「暗い話をします」と話し始めた。母親との確執、死のうと思った過去を話して、みんなで笑った。みんな同じようなところを通ってきた。

真学校が始まってから、泣いて笑って感謝のミーティングが続いている。

その後いさどんは、階段を下りて、真学校の教室に向かった。いさどんが、「おはよう」と言うと、受講生の歓声のような笑い声が聞こえてきた。
魂が喜んでいる。
このことを書きたいな、と思いながら湧泉閣の掃除していたら、気が付くと9時を過ぎていた。ヤバイ!いつも一緒にひまわりのお風呂の掃除をしているともちゃんが、一人でやっているんじゃないか?・・・とあわててひまわりに向かうと、交差点であやちゃんの車とすれ違う。あやちゃんは笑顔で手を振っていた。あやちゃんは泣いて笑って感謝の人だと思い、その時の私は眉間にしわを寄せてセカセカ歩いていた事に気付いて、笑った。

昼食の時、隣に座ったワケあり女さんに、いさどんとの話を話した。そして最後に、「それに気付いたのに胸にカイロ貼っている私なんだ」と笑ったら、「そこがさっちゃんの自分に厳しい所じゃないのかな?」とワケあり女さんが言った。

彼女も、自然療法プログラムを受けるためにここに来た最初のころは、自分の部屋から食堂まで歩く事ができなかった。
「いさどんとの面談でだんだん自分の心が原因になっていることに気付いて歩けるようになったのに、なぜまだ手足がしびれるのか?」といさどんに訊いたら、「それは余韻なんだよ」と教えてもらったそうだ。
余韻・・・。私の心に、またぽっと灯りがともった。

次の朝、また胸が痛くて寝坊した。
ゴミ集めしていたらいさどんがトイレにいた。
「どうだ?」と訊かれ、私は「昨日はパンチームが夜なべしてイベントのパンを作っていたのに、私は寝坊ばかりで情けない」と言った。
そしたらいさどんは、
「おれなんか今まで寝てたぞ。パンも全然作ってないし、ごはんも最近作らんしな~」
と言った。眼をまん丸にして立ち上がって、アンパンマンみたいに可愛かった。
私は泣き笑いした。
やっぱり私は自分で病気を作っているんだね。

いさどん、いさどん、ありがとう♡
  

さっちゃんの物語はまだまだ続きます!
さっちゃんの物語はまだまだ続きます!