自然農法センターの石綿さん来園

石綿さん訪問は、ツꀀ木の花ファミリーブログでも書かせていただきましたが、畑だよりでもちょっと書かせてもらいますね

dsc_0001.JPG

ツꀀ左から石綿さん、畑隊のこうちゃん、たっちゃん

石綿さんは、僕(たっちゃん)の農業のお師匠さんです。3年前に僕が自然農法国際研究開発センターの研修生だった時に、まったくの農業ど素人の私に一から自然農法を教えてくれました。

僕が農業をこんなにも好きになったのは、石綿さんが、自然を観察する目、その観察を可能にする基本的な知識を教えてくれたからに他なりません。たんなる技術論の自然農法ではなく、地球上における今後の人間の生き方をも内包する自然農法を教えてくれました。

今回は、以前、おねがいしていた土壌分析の結果報告(石綿さんの日記参照)、土作りの講義、圃場を見ていただいて上での今後の課題の抽出と検討、今後の木の花と自然農法センターの関わりあいについてなどについて、話し合いました。

圃場でも、石綿さんから聞く話の一つ一つが目からうろこで、畑隊の二人で「なるほどー」とうなずきっぱなし、私達が今後、取り組む課題も見えました。

今回の訪問の中で石綿さんが言われた言葉の中でとっても印象に残った言葉があります。

「自然農法とは、人間の生存のための生態系をより高生産的で自己調和的にする試みとそのために必要な人間社会をつくる運動」

石綿さん曰く、農薬を使う農法すら自然農法の中に入ると言います。

僕が思うに、人間は、生存のための生態系をより高生産的で自己調和的にする試みをし続けているならば、その視点に立ったとき、農薬を使うようになったのは、ひとつのプロセス。ただより調和的なものをめざしていく動きがありますから、おのずから人間の調和度が進歩すれば農薬を使わない農業になるだろうし、さらに地球環境と調和したものになっていく。

木の花にたくさんの人が集まり、人と人が調和的に暮らしているのも、外部の自然に対して農薬や化学肥料などを使わず、調和的な農業をしているのも全部、自然な流れだなーと。自然(宇宙)に存在するものは、そういう方向性でうごく仕組みが内在されているのだなーと感じました。

今回の石綿さんの訪問で木の花のメンバーはたくさんのものを受け取りました。それを生かしてより調和的な農業にするべく、創意工夫していきます。

■また、石綿さんのミクシーの日記でも紹介されました。木の花訪問の感想や木の花の土の状態や今後の自然農法センターとの絡みなどが書いてあります。是非是非よんでみてください

・・・・・・石綿さんの日記より・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は静岡県富士宮市、木の花農園に来ています。つづきはまた書きます。

つづきです。木の花農園の畑担当の方と、一緒に畑を巡回し、栽培状況や来年以降の土づくりや栽培方法について現場でいろいろな相談をしました。作物は全体としては良く出来ており、素直に生育しているものなという印象でした。中温発酵の中熟の牛糞堆肥を表面に薄くマルチし、雑草抑制をはかりつつ、表層での分解・土づくりを進めるといった技術はなかなか高度です。堆肥と土と作物の根が一体になったところに団粒構造が発達しており、ここで生み出される養分で生育したニンジンはかなり美味しいでしょう。
また事前に土壌化学性の分析依頼を受けていたので、分析値を説明し、CECに対する塩基飽和度や塩基バランスについて解説しました。分析した圃場の塩基バランスはほぼ5~6:2:1でかなり理想的なものでした。深さ30cmの下層土まで塩基飽和度70%あってバランスも良く、化学性がかなり良いことが分かりました。注意点としては、有効態リン酸が5~6mg/100gとやや低いところもあったので、畝の高さや形状などを工夫し、物理性の良い有効土層を確保するとともに、有機物を施肥する際に溝施用や表層や局所など有機物を集中させて使用し、リン酸の肥効を高める使い方が良いと提案しました。

木の花農園は来場者があると、木の花ファミリーによるコンサートで歓迎してくれます。全て木の花オリジナルソングで、とても感動しました。歌詞もメロディも歌もそれを聴く人もみんな包まれていくって感じでした。

今後、木の花農園では近隣の農家さん達も納得して取り組めるような安定した自然農法へ向けて、一段階、栽培レベルアップすることを目指しています。自分たちが儲けようとか注目されたいということでなく、富士宮市や静岡県が全体として取り組めるあるべき農のモデルが求められるようになってきているようです。わたわたも微力ながら、協力していきたいと思っています。

071024_141154.JPG

石綿さん、本当にありがとうございます!!

do_decolink(\\\’diary_body\\\’)


エコ菜園講座&定植&ぼかし

ツꀀいよいよ、秋らしくなってきましたね。

昨日は、富士宮市と共同で開催しているエコ菜園講座がひらかれました。30名以上の参加者がありました。生ごみの堆肥化についての講義、現在の木の花の畑の様子、11月の作業内容、質疑応答などなど盛りだくさんの2時間でした。講座の生徒さんも真剣そのもの。講座終了後も残って熱心に質問をされる方がたくさんいました。意識の高さが伺えます。

昨日と今日は、定植&播種を行いました。ターツァイ、ブロッコリーの定植。そして、小松菜の播種などなど。

その通路になるところには、草生帯をもうけるので小麦とクローバーを播種しました。

071021_091400.JPG

今日は富士山がきれいに見えました。昨日、富士山頂に初雪が降り、冬の富士山らしくなってきました。この畑では、落花生の収穫をしてます

071020_095806.JPG

ターツァイの定植をしてます。木の花活性液の水につけ、90センチの畝に株間30、条間30の3条で定植。

ツꀀ071021_143351.JPG

つちぼかしの様子。放線菌が全体に回って白っぽくなっています。現在52度。40度~50度の間で推移してます。


キビ脱穀

手刈りで収穫したキビを今日、脱穀しました。

結構な量があるため、数日にわたって脱穀することになりそうです。

昔の農家は雑穀も作っていましたが、今は、換金作物が中心になり、手間がかかりお金にならない雑穀はすみっこにおいやられているのが現状です。  

ツꀀ木の花では、私達が食べたいものを全部自給するというスタンスで種類を増やし続けて、ただ今、250種類の作物を作っています。なんとも贅沢な食卓になっています。

自分達が食べるものならば、労は惜しむどころか、喜んでやりますね。

当初、木の花ファミリーが立ち上がった頃は、自給用として農産物を生産して、自分達の食べきれないものは、近所や知り合いに無料でお分けしていました。

もらった人からそれでは気を使うので、お金をとってくれという希望があったので、今の産直の形がはじまりました。

今では米と野菜、穀物などあわせて耕作面積が14ヘクタールになり、個人消費者、健康食品店、病院、大手の居酒屋などなど多方面に出荷することになっています。

取引している方たちのほとんどが、顔の見える関係で、私達のスタンスや取り組みに共鳴してくだ去ってる方たちです。そのことが、作物を作る私たち自身、どれほどの励みになるか。

より良いものを作っていこうと言う励みになります。

まだまだ、木の花の農産物は、進化できると確信しています。

もっともっと安全で、おいしいものになるよう努力していきまーす!!

これからも応援よろしくおねがいします

071018_120518.JPG

071018_120550.JPG

071018_121348.JPG


大根と小麦の草生播種

今日は、春に収穫する大根(品種:春慶)をまきました。収穫は、一月から2月になります。地温の確保のためにマルチを張ってまきました。

また、ソラマメ、絹さや、スナックえんどう、ほうれん草の予定地の通路に大麦をまきました。大麦は草生にするためにまきました。とくにソラマメは無農薬で作るのがとても難しいのですが、このやり方で毎年きれいなソラマメが取れています。

なぜ、きれいなものが取れるかと言うと

麦の草生をかませるとまず、麦を好むアブラムシが麦にやってきます。そのアブラムシを求めて天敵のてんとう虫などがやってきて麦の中に住み着いています。ソラマメが大きくなりアブラムシがつく頃には、麦の中の天敵が豆についたアブラムシを捕食して大発生する前におさえてしまいます。

草生栽培は、そこに住む生物層を多様にするだけでなく、物理性の改善や化学性の改善にも役立ちます。草生をうまく管理することでかなりのメリットを引き出すことができます。

とても有効なので皆様も是非とりいれてみてはいかがでしょうか。

さて1枚目写真の左の男性は、中国から日本のコミュニティーの調査にきた黄さんという大学教授。雲南省の少数部族の出身で唯一の大学卒業者かつ地元の英雄だそうです。20歳まで、実家の農業を手伝っていたということもあって農作には自身があるとのことでした。考え方もとっても調和的な人で心地よい時をすごしました。草生栽培の説明をきいてとても関心していました。3日間滞在し、様々なインタビューを行って調査をすることになります。

2枚目は、麦の播種をしているところ。(こうちゃんが播種してまーす)

071017_1117451.JPG

071017_1116352.JPG


土ぼかし

今年は、イチゴのプランター栽培の肥料を木の花菌ぼかし(EM嫌気性ぼかし) をそのまま使うのではなく、土ぼかしにして使うことにしました。

ぼかしは、プランター土に混ぜるのではなく、上において使います。

嫌気性ぼかしは中熟なので、潅水などで水分が多い状態になると多少、腐敗にずれるようなことが去年あったということなので、今年は、土ぼかしにしてみました。

木の花菌ぼかしと2年ものの腐葉土(落ち葉、鶏糞、米ぬかをつんだもの)を1:1で混ぜて(ちょい土が多めにしました)、木の花菌活性液をかけながら混ぜ合わせました。

写真は数日後のぼかしの状態、糸状菌がいい感じで全体を覆って温度も出てきています。

発酵技術はとにもかくにもおもしろいですね。

071009_082921.JPG

071009_0834001.JPG