【木の花菜食レシピ】ふんわり・もちもち米粉パン

今日のレシピは、子どもたちにも大人気!の米粉パンです!

米粉パンを焼くのりちゃん
米粉パンを焼くのりちゃん

 
米粉パンはその名の通り、お米の粉を使ったパンです。お米の持つやさしい風味と、ふんわり・もちもちの食感がとてもおいしく、そのまま食べてもよし、焼いてもよし。出来上がってから数日たっても、トースターで焼けば変わらぬもちもち感が味わえる優れもののパンなのです。木の花マーケットでも毎回売り切れ御免の人気パンのレシピを、ご紹介します。
 

ふんわり・もちもち米粉パン

141115-084707
 
【材料】 2本分

■ 米粉・・・・・・・・・・200g
■ グルテン粉・・・・・・・50g
■ 砂糖・・・・・・・・・・20g
■ ドライイースト・・・・・5g
■ 塩・・・・・・・・・・・5g
■ 米油・・・・・・・・・・18cc
■ 水・・・・・・・・・・・195cc
 
【作り方】

① 上記の材料を上から順に混ぜていき、表面がつるっとするまで(10分以上)よくこねる。
② 2つに分割してそれぞれを丸め、室温で20分間おいておく。
③ 生地をドッグパンの形に整える。
④ オーブンの発酵機能や炊飯器などを利用し、38℃の温度で20〜30分おいて生地が1.5倍ほどになるまで発酵させる。
⑤ 200℃のオーブンで12分間焼いて出来あがり!
 

=============================================

140912-063626

木の花ファミリーの天然米粉

木の花ファミリーの米粉は、自然界の奥にある命の響きを感じ、その命をまっすぐに育てる「天然循環法」のお米から生まれました。食べればきっと、違いを感じていただけると思います。
ただ美味しいだけではない、心に響く本物の味を、どうぞご賞味ください。

→ 木の花ファミリーネットショップ「米粉」のページ

=============================================
 
 


【木の花菜食レシピ】サクサクッ♪こんにゃく唐揚げ

今回は、木の花メニューの定番、みんな大好きこんにゃく唐揚げの作り方をご紹介します♪

 こんにゃく唐揚げ 

外はサクサク、中はプリプリのこんにゃく唐揚げ
外はサクサク、中はプリプリのこんにゃく唐揚げ

  
konohana.nouen@gmail.com_20141110_180946
 
どうぞ、アツアツを召し上がれ(^^)
  

101105-111732
木の花では、こんにゃくもえいこばあちゃんが芋から手作りしています。
心のこもったおいしいこんにゃくを、ぜひ食べに来てくださいね!
  


【やじおの本気レシピ】史上最強のトマトカレー

お待たせしました!やじおの本気レシピ・第2弾!
9月の「恵みいただきます」にて大絶賛を博した『釜戸でコトコト煮込んだトマトカレー』のレシピを公開します!!

『釜戸でコトコト煮込んだトマトカレー』
『釜戸でコトコト煮込んだトマトカレー』

ただ今農繁期につき、公開がすっかり遅くなってしまいました。しかしカレーの美味しさは変わりません。以下、炎の料理人・やじお(通称やじー)からのメッセージです。


前回のブログ掲載後、一部で人気沸騰だった【やじおの本気レシピ】。

みなさんから他のメニューのレシピは無いのですか?と多数リクエストが有りました。
ご要望にお応えして、第2回目のブログアップです。私の体が壊れるのが先か、みなさんがあきれて興味をなくすのが先か。そういう意味では期間限定。できるだけ長く続けていきたいものですね。

9月の「恵みいただきます」メニュー
9月の「恵みいただきます」メニュー

月に1度の自然食レストラン、9月の「恵みいただきます」のテーマはインド。私に与えられたミッションはメインのカレー2種。トマトカレーとピーナツカレーです。

木の花で日常作るカレーは、煮物のつゆや豆のゆで汁、野菜ピューレの残り等を大切に冷凍しておき、それをスープや調味料として使用したエコロジーで大変美味しいカレーで、ゲストさんにも大好評です。が、そのカレーはご想像通り毎回違った味と見た目になります。2度と同じものが食べられないのが残念でなりません。
「恵みいただきます」では、そんなリスキーなカレーをぶっつけ本番で作るわけにはいきませんので、しっかりしたレシピを作成しました。以前から木の花にあったトマトカレーのレシピを複雑に、もとい、より美味しく改良したものです。

昔カレーの店をオープンしようと思っていた私の考える美味しいカレーとは、甘さ辛さ酸味のバランス、それを支える力強い出汁(スープ)ということに尽きます。
今、このブログを書きながら、レシピを眺めています。「こんな美味しそうなの、よく考えたよなぁ」と私が思いました(笑)。

1人でも多くの人に作ってみていただきたいオススメの自信作です。

それでは、『釜戸でコトコト煮込んだトマトカレー』、禁断の全貌発表です。パチパチパチ。


 

もはや誰にも止められない、炎の料理人・やじー。
その本気にあなたはどこまでついて来れるのか!?

いよいよ禁断のレシピ、大公開です!

炎のヤジー2

 
釜戸でコトコト煮込んだトマトカレー(中辛)
400人前

注)やじおの本気レシピは「恵みいただきます」仕様になっているため、分量は4人前ではなく400人前です。ご注意ください。

 
【材料】


■ オリーブオイル・・・・・・・・・・・2.5ℓ
■ 玉ねぎ(スライス)・・・・・・・・・25kg
■ 人参(スライス)・・・・・・・・・・5kg
■ ニンニク(ホール)・・・・・・・・・750g
■ おろししょうが・・・・・・・・・・・500g
■ 一味唐辛子・・・・・・・・・・・・・小さじ5
■ ローリエ・・・・・・・・・・・・・・30枚

真夜中にカレーを仕込む幸せそうなやじー
真夜中にカレーを仕込む幸せそうなやじー


■ 湯むきトマト(冷凍)・・・・・・・・25kg
■ 赤パプリカ(素焼き)・・・・・・・・10個
■ 梅干し・・・・・・・・・・・・・・・30個


■ ガラムマサラ・・・・・・・・・・・・225cc
■ クミン・・・・・・・・・・・・・・・300cc


■ フェヌグリーク・・・・・・・・・・・112.5cc
■ ターメリック・・・・・・・・・・・・112.5cc
■ クローヴ・・・・・・・・・・・・・・12.5cc
■ シナモン・・・・・・・・・・・・・・12.5cc
■ ブラックペッパー・・・・・・・・・・25cc


■ 玉ねぎ・・・・・・・・・・・・・・・1.5kg
■ じゃがいも(皮むき)・・・・・・・・1kg
■ 人参(皮むき)・・・・・・・・・・・800g
■ 大豆・・・・・・・・・・・・・・・・500g
■ ニンニク(ホール)・・・・・・・・・250g
■ 生姜(スライス)・・・・・・・・・・50g
■ 干しシイタケ・・・・・・・・・・・・25g
■ 昆布・・・・・・・・・・・・・・・・25g
■ 大豆、昆布、干しシイタケの戻し汁・・4ℓ

釜戸に薪をくべる幸せそうなやじー
釜戸に薪をくべる幸せそうなやじー


■ パプリカパウダー・・・・・・・・・・150cc


■ はちみつ・・・・・・・・・・・・・・650cc
■ 塩・・・・・・・・・・・・・・・・・600cc
■ こしょう・・・・・・・・・・・・・・適量
■ 薄口しょうゆ・・・・・・・・・・・・750cc


■ かぼちゃ(皮むき)・・・・・・・・・3.75kg


■ 小松菜・・・・・・・・・・・・・・・10束
■ 重曹・・・・・・・・・・・・・・・・適量
■ 塩、こしょう・・・・・・・・・・・・適量

(おからチーズ)
■ おから・・・・・・・・・・・・・・・150g
■ 酢・・・・・・・・・・・・・・・・・30cc
■ オリーブオイル・・・・・・・・・・・大さじ1
■ 塩・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
■ マスタード・・・・・・・・・・・・・少々


■ 薪火の釜戸

 
【作り方】

Kの釜戸を用意する。
Eでスープを取る(弱火で3時間)。布でこす。水を足して15ℓにする。
Aをあめ色になるまで炒める。(中強火/付きっきりで5時間)
Hを蒸してマッシュする。
Bを煮詰めて(中火/付きっきりで3時間)、ミキサーにかける。
Eのスープがらをミキサーにかける。
Cを、苦みがやわらぎ香りが出るまで弱火で乾煎りし、Dと一緒に③に入れる。
④⑤⑥を③に入れる。
②のスープを入れる。
Gで調味する。
Fを入れる。
Iの小松菜を重曹で茹でて、ミキサーでピューレにし、塩、こしょうで調味する。
Jの材料を全てすり鉢でなめらかになるまでする。
カレーを器に盛り(1人前100cc)、中心に⑫のピューレを5ccのせ、小指大の⑬をトッピング。

 
ヤジー顔 (1)

やじーはここまでやります1:稲刈り
カレーと言えば、ライス。
こだわりの料理人・やじーは自ら田んぼに出向いて稲を刈ります。

#42111

 
ヤジー顔 (1)

やじーはここまでやります2:プレゼン
「恵みいただきます」前日に突如富士宮系インド人ヤジーナンダラーとして登場し、メニューを解説。よく見ると、何日間もカレーをかき混ぜ続けた右腕にサロンパスが。

IMG_9900

 
ヤジー顔 (1)

やじーはここまでやります3:後片付け
家庭円満の秘訣・後片付け。もちろん炎の料理人・やじーは後片付けを欠かしません。鍋磨きは心磨き。料理の腕とともに心も磨いてこそ、真の料理人なのです。

IMG_7781

 

さて、一体何人の人がこのレシピに挑戦するのでしょうか。
実践された方はぜひご一報ください。皆さまの果敢なチャレンジをお待ちしています!

 

「恵みいただきます」終了後のやじー
「恵みいただきます」終了後のやじー。おつかれさま♪

 


【木の花菜食レシピ】とろけるおいしさ・落花生どうふ

数学教師の娘・のんの計算間違いから生まれたレシピ第2弾!

 落花生どうふ 

先月の「恵みいただきます」に登場した落花生どうふ
先月の「恵みいただきます」に沖縄料理として登場

今が旬!の落花生を使ったこのお料理は、沖縄で「ジーマーミ豆腐(ジーマーミは地豆のこと)」と呼ばれています。とれたて落花生のやさしい香りととろけるようなのどごしで「恵みいただきます」でも大好評だったのでした。

140912-070252
天然循環農法で育てた香り高い落花生

 
*落花生は、ネット販売をしておりません。(ゴメンナサイ!!)
近隣の方は、富士宮の農産物直売所「大富士」さんなどに出荷しておりますのでぜひご利用下さい。
「大富士」さんホームページ
 

落花生どうふ
  
 
なお、今月の「恵みいただきます」は明日(27日)開催。薪の火で焼いたナンと釜戸で煮込んだ本格カレーを中心とした、創作インド料理です。どなた様もお気軽にお越しください!
「恵みいただきます」のご案内
  
 


【木の花菜食レシピ】カラフル・豆乳マヨネーズ

のんちゃん

みなさん、はじめまして!
キッチンスタッフののんちゃんです。
「木の花菜食レシピ」のコーナーへようこそ!

木の花のキッチンは、約100名の大家族とゲストの方々の食事作り、そして外注のお弁当作りと、毎日大繁盛です(^_^)
心から、そして土から作った穀物やお野菜、時には卵を、これまた手作りのしょう油やみそで料理する…これでおいしくないわけがない!!そのまんまであまりにもおいしすぎて、料理をするのが勿体ないー、と思うこともしばしば。それでもみんなに喜んでもらえるように、素材の味を活かしてお料理しています。

100人家族の食卓
100人家族の食卓!

「それにしても、100人分のメニューを毎日考えて作るの、大変じゃないですか?」とよく質問されますが、その答えは、「大変です!」。
だってお米は毎日12升以上炊いてますし、うどんでもしようものなら6kg茹でるんですよ。そりゃ大変です!!
だけど、大変さが100倍だとしたら、おいしさは100✕∞倍。みんなで分かち合うことで、喜びは無限大に広がります。

そんなみんなの胃袋を支えるキッチンスタッフは8人。
主に売り用のお菓子を作るのりちゃん、木の花生まれ木の花育ちの15歳・にちわは、畑仕事もこなしながら、日々みんなのおやつ作りをしてくれています。
食事作りを担当するのは、木の花最年長の75歳・えいこばーちゃん、笑顔がさわやかなはるちゃん、名の通り愛でいっぱいのあいちゃん、クールなゆみちゃん、既にブログデビューをしている燃える料理人・やじー、そして私、のんちゃんとなっております。
みんなでワイワイガヤガヤ、毎日笑い声が絶えないキッチンで生まれるお料理は、おいしいだけでなく、愛がいっぱい♡ そんなレシピを、みなさんにお届けしますね。

今日もおいしいごはんをみんなにお届けします!
キッチンスタッフ一同(あいちゃんは大町、にちわは畑仕事中です)

 

 カラフル・豆乳マヨネーズ 

140910-121427
木の花では、野菜くずや人間の食べ残しを鶏さんに食べてもらい、その鶏糞で畑の土作りをするという好循環の点から養鶏を行っていましたが、今は宇宙物理を取り入れた「天然循環農法」に切り替わり、養鶏は縮小傾向にあります。当然、いただける卵も減少=みんなが大好きなマヨネーズが食卓から消える・・・そりゃ大変だ!というわけで、豊富にある大豆でマヨネーズを作ってみました。

140910-122851が、おいしいけど、いかにも豆!でちょっと重い感じ。そこで、大豆から豆乳を作って、その豆乳でマヨネーズを作ってみよう!と思いつき、レシピを探して、まずはその通りに作ってみたのでした。

ところが・・・書いてある分量を何倍かにしてただ入れていくだけなのに、どうも分量が違ったみたい。でも、この間違ったものも、使う油の量が少なくなって悪くないな。とはいえ、オリジナルを知らないとよりおいしいのかがわからない、もう一度作ってみよう!と再チャレンジ。ところがどうしたものか、またもや間違ったかも・・・(;―_―)
ん?これ、おいしいやん〜〜っ。

というわけで、こんな豆乳マヨネーズができました!オリジナルの味は、未だに知りません・・・
  
豆乳マヨネーズ.jpg
 
実は私(のんちゃん)は、高校の数学教師の娘なんです。母も数学が得意で、私以外の兄姉弟は勉強しなくても数学は得意で、いい点取ってましたね。私は真面目に勉強するんですけど、ダメでした。どうも数学は苦手なようです。
え?かけ算は数学じゃない?
そうでした。これは算数と心の問題でした。
 
ただのうっかりなのか、神様のプレゼントか。
私の計算間違いから生まれたおいしいレシピをもうひとつ、次回ご紹介します!
 
140317-151614
  

=============================================

白大豆-001■ おいしい豆乳はおいしい豆から!
天然循環農法で育てた木の花の貴重な国産大豆は、味わいが違います。
木の花ファミリーネットショップ「白大豆」

〈豆乳の作り方〉
① 水でもどした大豆を、水ごとミキサーにかけて細かく砕く。
② ①を鍋に入れて加熱し、布でこして豆乳とおからに分ける。
*残ったおからはサラダなどに使えます。今月27日の「恵みいただきます」では、トマトカレーのトッピングのおからチーズとして登場します。(後日レシピを公開しますね!)

 料理は素材が命。丹精込めて育て上げた本物の味を、どうぞお試しください。

=============================================