いさどん還暦記念!みんなで富士登山

富士山と縁の深いファミリーでは、よく夏にみんなで富士登山をします。今年も登山の計画が持ち上がりましたが、今回はいさどんが5月3日に還暦を迎え、「生前葬」を済ませた節目を記念した登山でした。

当日、頂上を目指したのはゲストも含めた53名。8月3日の朝4時にファミリーを出発、車で5合目に向かい、6時前に登山を開始しました。前日の予報では曇りでしたが、午前中は清々しい天気に恵まれました。

今回の主役のいさどんは、すれ違う登山者に大きな声であいさつしたり、金剛杖の「六根清浄」という文字について説いたりと、終始愉快に登っていきました。頂上の目前、先に到着したメンバーが用意していた「祝・いさどん還暦登山」という横断幕を目にしたいさどんは、思わず絶句。「目がうるんで、字が読めなかったよ。実は7合目のあたりでもう登るのをやめようかな、とも思ったけれど、こういうのがあると事前に知っていたら、途中でやめようなんて思うわけないよね。本当にやめなくて良かった」。横断幕をくぐって頂上に到着したいさどんを、みんなのハグの輪が取り巻きました。 「今まで僕は、何でもみんなの先頭に立ってやってきた。登山も昔は僕が一番の経験者だったから、皆をサポートする側だったけれど、今回はずっと付き添ってくれたり、荷物を持ってくれたりと、みんなに支えられた登山だった」といさどんは語りました。

今年「富士登山デビュー」を果たした3人の子供たちも、皆、無事に頂上にたどり着きました。感想を聞いてみると、「たのしかった!」(きよみ・5歳)「ないたけど、がんばっていけた。かえるときはつるつるすべって、だんだんはれになってきて、ついたの!」(ゆうゆ・小学1年)「かえりはねむくなっちゃって、いえについておふろにはいったら、よるごはんもたべないで、そのままあさまでねちゃった!」(みのり・小学1年)。そんな子供たちに付き添っていたよしどんは、「きよみとみのりが手をつないで♪山あり♪谷ありって歌いながら登っていくのが本当にかわいくて、元気をもらった」そうです。

そして、今回の登山の影の立役者がひろっち。事前の準備だけでなく、当日も登山隊の先頭を切りました。「自分が楽しむというよりも、皆が喜んでくれたのが一番良かった。今後もイベントリーダーとして皆に喜んでもらえるように努めていこうと思う」と語ってくれました。

人の役に立ってはじめて喜びがある。子どもから大人まで皆で助け合い、支え合いながら、今年も楽しく富士登山を終えることができました。

横断幕に迎えられ、いさどん、感動の登頂の瞬間!
登頂したみんなで記念写真!


One thought on “いさどん還暦記念!みんなで富士登山”

  1. こんにちは。
    6月の終わりごろにお世話になりましたきょんきょんです。
    写真の富士山とみんなの元気な笑顔を見ながら
    私も元気をいっぱいいただきました。
    どうもありがとう。
    私のほうは、
    9月からしばらく韓国のエコビレッジで過ごす予定です。
    韓国に来られることがありましたら、ぜひご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です