木の花ファミリー通信2018年秋分号 〜 美しいとは

春分から地球がちょうど太陽を半周し、1年で再び光(昼)と闇(夜)が等分となる秋分の今日、「木の花ファミリー通信秋分号」が発行されました!
春分号から始まった「21世紀の死生観」シリーズ、第一部「死ぬってどういうこと?」第二部「ある世界とない世界」に続く第三部のテーマは、「美しいとは」。第一部・第二部では、人間が肉体を持って地上に生まれてくるのは魂を美しくするためであり、私たちは多重構造の宇宙の中を、輪廻転生をくり返しながら果てしない進化の旅を続けていることをお話ししましたが、ではそもそも「美しい」とはどういうことなのでしょう。第三部では、現代の人々が大きく捉え違いをしている「美しさ」についてひも解き、私たちがこの世界を生きる意味をさらに深めます。

 

未 知 な る 世 界 へ の 旅

私たちは、宇宙を生きています。

宇宙には無数の星々があります。星々はどれひとつとして、同じ場所に留まっているものはありません。地球が太陽の周りを周り、太陽は天の川銀河の中心を周り、天の川銀河もまたさらに大きな銀河群の中を周っているように、すべての星々が無限に連鎖しながらひとつの壮大な渦となり、果てしない宇宙の中を、常に未知なる場所へ向かって共に旅し続けているのです。

そこには、絶対なる秩序があります。その秩序とは、時の存在です。この世界に存在するものはすべて、時という決して止まらぬ乗り物に乗り、同じ方向へ向かって進んでいます。その流れに乗って地球も共に宇宙を巡っているからこそ、地上に毎日朝がきて、夜がきて、四季が生まれ、私たちの命が育まれていくのです。

地球には、実に870万種とも言われる多種多様な生命が存在しています。宇宙の星々が絶対なる秩序のもとにすべてつながっているように、地球の生命もまた、一つひとつが独自の役割を果たしながら見事に連鎖し、地球生態系というひとつらなりの命の世界を築いています。それは、とても美しい世界です。時の流れの中で、一つひとつの存在が命を与えられては生まれ、生き、死んでいくことをくり返しながら、全体が常に新しい生命力を得て、まるでひとつの生きもののように、留まることなく進化し続けるのです。

この絶え間ない流れの中でただひとつ、その流れに逆らおうとする存在がいます。それが、地球上に現れた人間です。他の生命は、時の流れゆくまま、自然の仕組みに沿って命を全うします。ところが自我を持った人間は、特定の状態を「維持したい」と願う心を持つようになりました。その心は流れの中に滞りを生み、様々な問題をもたらすようになりました。

しかし、誰も地球が周るのを止めることができないように、どんなに維持したいと思っても、この時の流れを止めることはできません。地球の歴史を振り返ってみれば、それは変化の連続でした。生命の発生から人類誕生に至るまで、それまでの在り方が根底から覆るような環境の大変化が幾度となく起こり、その度に生命は大量絶滅をくり返しながら、次の環境に適応する新たな種へと進化してきたのです。それは留まることのない未知なる世界への旅であり、その結果たどり着いたのが、現在の私たちです。

今、世界はこれまでの常識を覆す、様々な現象を起こし始めています。それは、時代が大きな転換期にあるということです。

そんな時代に、私たちは人間として、地球に降り立ちました。「人生は魂を美しくするためにある」としたら、美しくなるとは一体どういうことなのでしょう?

 


地球の生命進化の歴史については、木の花ファミリー通信vol.88「時代主義が始まった」をご覧ください。


 

こ の 世 界 は  し い

宇宙の本質は、つながること

私たち人間は一人ひとり違った個性を持ち、それぞれの人生を日々生きています。それは宇宙とは関係のないことのようですが、当然のことながら、宇宙の仕組みの中にあります。

私たちの生命の成り立ちを最も大きなスケールで表しているのは、天の川銀河です。天の川銀河の外にも宇宙は広がっていますが、それは天の川銀河の中を生きる私たちの感性では解釈し得ない別次元の世界ですから、ここでは天の川銀河を最大として、生命の構造をたどります。

銀河に散らばる無数の星々は、一つひとつどれもが個性的です。その無数の個性的な存在が、それぞれのサイクルを刻みながらひとつ残らず連携し、銀河というひとつの命を形成しています。その仕組みを凝縮し、より身近に現したのが太陽系であり、地球生態系であり、もっとも身近に現しているのが私たちの体です。

私たちの体は、数十兆個もの細胞から成る多彩で複雑な機能の集合体です。あなたの体を見てください。目、耳、鼻、口、腕、足、全身に張り巡らされた血管や神経、骨、筋肉、様々な働きの臓器から髪の毛や爪に至るまで、数え上げればきりがないほど多様な器官の一つひとつの中に、さらに複雑で緻密ないくつもの機能があり、それらがすべて連携し、奇跡のような調和のもとに、あなたというひとつの命を形成しています。もしもそれらが連携せず、バラバラに存在していたら、命はたちどころに成り立たなくなるでしょう。つまり、宇宙の本質はつながることにあるのです。つながるとは、善意によってしか成り立ちません。即ち、宇宙は善意によって創られているのです。

生命は美しい

その善意のつながりの中で、すべての存在は時という共通した乗り物に乗っています。

私たちの肉体は、母親の胎内で受精後、わずか1mmにも満たないほどの小さな生命から、魚類、両生類、爬虫類を経て哺乳類へと至る38億年の生命進化の歴史を胎内でたどり、280日でこの世に誕生します。そして日々、地・水・火・風・空という自然の五大要素の循環の中で、細胞レベルでの生死をくり返しながら、赤ん坊から子どもへ、そして大人へと成長していきます。年月とともに肌にはしわが刻まれ、髪は白くなり、やがて寿命を迎えれば、魂の抜けた肉体は原子レベルへ解体し、次の生命を構成する材料となります。死は、それまでの縁から解き放たれて、生態系の循環の中へと還っていく美しい瞬間です。

このように個々の存在は時の流れと共に変化し続け、その個々の集合体である全体もまた、新陳代謝をくり返しながら、常に新しく生まれ変わり続けています。この、淀みなく変化していく姿が、この世界の美しさです。

美しいとは、すべてが淀みなく流れ、未来へ向かって変化しながら、進化していくことです。それは、宇宙の姿そのものです。宇宙は常に未知なる場所へと進みながら、変化・変容・変態をくり返しています。それは宇宙が生命だからです。生命とは留まることなく変化し続けるものであり、私たちの体は、その仕組みをもっとも身近に現しながら、命とは何か、美しいとは何であるかを、教えてくれているのです。

一緒に新たな世界へ進もう

この美しい世界の中で、人間は極めて特殊な能力を与えられました。

すべてがつながり、循環していく仕組みの中で、自我を持った人間は「自分」というものを特別に意識するようになりました。そしてその高い能力を使い、世界の流れに沿って自らを変化させていくよりも、自分を保ち、世界の側を自らに都合のいいように変化させようと考えるようになったのです。その心は、すべてが変化し続ける流れの中に滞りを生み、様々な矛盾を発生させました。ウソ、かけ引き、争い、孤立。それはつながることが基本である宇宙の本質とは、対極にあるものです。

人は誰しも、美しい世界を求めています。ところが現代社会は、人間の都合を優先した、とても美しいとは言えない世界になってしまいました。美しく整備されて見える都市は、その陰で莫大な量のゴミを出し、美しく装った人々の奥には、争いや孤独、病気や犯罪など、自己中心の心が蔓延しています。流れに逆らい、力ずくで世界を思い通りにしようとすれば、たくさんのエネルギーが必要です。人々はもっともっととかき集め、傷付け、奪い合い、多くの無駄を発生させ、地球や、自分たちの命さえ蝕むようになりました。ところが、世界中がこれほどの問題ごとで溢れかえりながら、人々は問題のあることが当たり前になり、それを自らが創り出していることさえわからなくなってしまったのです。

多くの人は目に見える形を見て「美しい」と言います。しかし真の美しさとは、その奥の「心」にあります。どんなに形を美しく取り繕っても、奥にある心が汚れていれば、それは必ず問題となって自らに返ってきます。ところが自分が汚れているという認識がなければ、自らが出会った問題を他人や世の中のせいにするのです。それどころか、その問題をなかったことにしてしまうのです。

すべてが淀みなく変化していく流れがこの世界の美しさなら、汚れとは、その流れを滞らせ、宇宙の本質から外れる働きです。現代の人々はこれほどの問題を生み出しながら、その問題の元となる自らの心の汚れを見ることを避けてきました。しかし、宇宙の根本は善意です。体の成り立ちを無視して心が暴走し、暴飲暴食をすれば、体は病気になってそのことを教えてくれるように、人々の心が分離し、自分勝手に生きるようになれば、世界は大きな災害を起こして一人では生きられないことを教え、つながることを促します。つながるとは、命を紡ぐことです。

宇宙はいつでも、私たちがこの大いなる流れから外れ、世界に矛盾をもたらせば、再びその流れへと戻るように導いています。その流れに逆らい、同じ場所に留まろうとする限り、宇宙はあなたに問題ごとを与え続けるでしょう。なぜなら、宇宙はあなたを「一緒に新たな世界へ進もう」といざなっているからです。

奇跡のような世界の中で

人生を歩むとは、今のままの自分が歩み続けて未来に新しい景色を見るのではなく、瞬間瞬間新しい景色に出会うことで、自分自身が変化し、新しくなっていくことです。人は新しいものに出会うと、それまでの歩みをベースとしてその物事を見て、それが自らの理解を超えれば抵抗しようとします。今の自分を守り、自らの納得できる範囲内に世界を収めようとするのです。しかし、私たちがこの世界を生きるとは、本来そのような立場に立つものではありません。

地球は宇宙の中でもまれに見る、命あふれる星です。そこには、多種多様な生命を育んでくれる奇跡のような世界があります。地球は太陽の周りを周り、その地球の周りを月が周っています。月と太陽は、地球に対して絶妙なる位置で陰と陽の役割を果たしながら、この星の生命を育んでいます。太陽から届く光と熱は、大地、水、風、空気の循環を起こし、月の引力は海に満ち引きを起こして、水をかき混ぜます。地球を卵の大きさに例えると、わずか卵の殻ほどの厚さと言われる大気圏の中で生命たちは呼吸をし、その生命を、地球の磁場が有害な太陽風から守り、さらに太陽の磁場が有害な宇宙線から守っています。そして地球を含む太陽系の惑星たちが、太陽を中心として寸分の狂いもないサイクルを刻んでいるからこそ、地上にくり返し朝と夜が訪れ、四季が巡るのであり、その太陽系の関係は、銀河の無数の星々が創る調和のネットワークの中で成り立っています。どれかひとつでも狂えばたちまち生命は存在できなくなるほど絶妙なバランスの関係がいくつも連鎖して、初めて私たちの生きる世界が成り立っているのであり、そこに人間によって創られたものは何ひとつないのです。

現代の多くの人々は、自分の力でこの世界を生きていると思っています。しかし真実は、私たちの理解をはるかに超える壮大な宇宙の仕組みによって、生かされているのです。自分という小さな囚われを捨て、今この瞬間もあなたを生かし続けている宇宙の仕組みを理解した時、あなたの中に、美しい世界が蘇ってくるでしょう。その時に、宇宙の意思は、あなた自身の意思となるのです。

永遠に続く物語

宇宙は、事実に基づいてのみ、事が進むようになっています。人間が宇宙と一体となり、ウソやかけ引きのない純粋な意思を地上に表した時、ものごとは驚くほどスムーズに現象化していくようになります。他の生命が自然の仕組みのままに生を全うするのに対し、人間は自らが意思を持ち、宇宙と共にこの世界を創造していく能力を持ち合わせているのです。

人間の意識と宇宙が合一した時、そこには無限のフリーエネルギーの世界が表現されることでしょう。銀河の誕生から138億年間、星々は広大な宇宙を巡り続けながら、一度も燃料補給をしたことはありません。宇宙はもともと完全なるフリーエネルギーの世界であり、その仕組みに沿えば、とても少ないエネルギーで、すべてが無駄なく、美しく流れていくのです。それはとても穏やかで、心地のよい世界です。

そういったフリーエネルギーの世界で流れに逆らった結果、人々は争い、疲れ、傷付いてきました。しかし、私たちがどれほど抵抗しようと、宇宙は確実に進んでいます。自我を持った人間にとって、自分という存在はとても重要です。しかし宇宙から見れば、それは時代を表現するコマの一つにしか過ぎないのです。

人間の一人ひとりが地上でどのように生きようと、時代は確実に、意思を持って進んでいます。その時に、これまでの地球の歴史がそうであったように、その流れにそぐわない存在は淘汰されるだけなのです。そして時代は、それに代わる新たな生命を生み出します。こうして宇宙の物語は、永遠に続いていくのです。

宇宙の根本の心

自我を持った人間は、すべてが流れ移ろいゆくこの世界で、「自分」というものを特別に意識し、流れに滞りをもたらしました。それは、このように捉えることもできます。淀みなく流れているだけでは、それが何であるか本当にはわからない。流れに逆らい、滞りを体験することにより、その対比から、流れとは何であるかを知るのです。そして、滞りの原因となった囚われを手放し、淀みのない心で、宇宙の流れのままに生きたなら、人生はどんなに美しいことでしょう。

自我とは、言い換えれば個性です。人間は一人ひとりがオリジナルな個性を持っています。地球上に存在する多種多様な生命の中でも、たったひとつの種の中でこれほどの多様性に満ちた種は、他にないでしょう。人類は美しさに憧れ、過去には経典やモデルを作り、「これが正しい生き方だ」としてみんなが一律にそれに倣おうとしてきました。けれどもそれは、借り物の世界です。事実に基づいてのみ事が進んでいくのが宇宙の仕組みならば、真実は経典に書かれた借り物の世界ではなく、あなただけのオリジナルな歩みの中にあるのです。

美しいことにはもうひとつ、大切な要素があります。それは多様性です。複雑で多彩な機能が私たちの体を形成しているように、870万種もの生命が地球生態系を紡いでいるように、無数の星々が渦となり宇宙を旅しているように、多種多様な存在がつながり、それぞれの響きを響かせながらひとつの生きもののようになるからこそ、まるで交響曲のような、豊かで、ダイナミックな、美しい世界が表現されるのです。

世界は私たち人間に多様性を与え、時という共通の乗り物の上で、宇宙を表現することを託しました。さて、今世を生きる間に、私たちはこの真実に、どこまで辿り着くことができるでしょうか。自分は健全な人生を生きている、と思っているあなた自身の日々の営みが、今も地球を、そしてあなた自身を汚し続けています。その事実に気付き、もしも本当に美しい世界を願うなら、まずはあなたから始めてください。それは決して難しいことではなく、誰の中にも眠る、私たちがこの世界に生まれてきた本当の目的に向かうことです。その目的に向かい精一杯生ききった時、あなたは、あなたがこの世界にもたらしたものが何であるかを知ることでしょう。そしてそれが、肉体を離れ魂として本住の地へと還っていく、あなた自身の価値となるのです。

もしも私たちが目的を見失ったとしても、宇宙は常に様々な現象を起こし、私たちを目覚めへと導いています。これこそ、宇宙が私たちに示している意思 ────── その根本の心は、愛なのです。

 

ー 生命は留まることなく変化し続け、宇宙の物語は永遠に続いていく ー

 


 

 

ある日、富士山ろくの宇宙おじさん・ジイジのもとに、韓国から7人の子どもたちが遊びにやって来ました。子どもたちの中には、よくウソをつく子がいました。その子の親から「どうしてウソをついたらいけないのかを話してほしい」と言われたジイジは、韓国と日本の子どもたちへ向けて、こんなお話をしました。

どうぞ ウソをついてください

まず、みんなはウソをついてもいいと思いますか?それともいけないと思いますか?
ジイジはね、ウソをついてもいいと思います。だって、ウソをついたらどうなるかを経験するためには、ウソをつかないとわからないでしょう?

ウソというのは、本当のことと違うことを言うことです。本当のことは、ひとつしかありません。でもウソはたくさんあります。だから、ウソをつくと頭が良くなります。本当のことがわかると困るから、それを隠し続けるためにたくさん考えるのです。でもその考えは、悪い考えです。そして、悪い考えが頭の中にいっぱい増えると、悪い人になります。
子どもというのは、ウソをつくものです。だからウソをつきたい時には、どうぞついてください。ただし、その時にひとつ、大事なことがあります。それは、「自分は今ウソをついている」ということをわかっていることです。ウソは本当のことと違いますから、ウソをつくと必ず後で困ったことになります。その時に、自分がウソをついたことがわかっていれば「ああ、自分がウソをついたからこうなったんだ」と気付くことができます。そうするとそれは、ウソをつくのをやめよう、と思う機会になります。
自分がウソをついたことがわかっていないと、困ったことが起きた時に、自分に原因があるのではなく、人のせいだと思うようになります。これは本当に困った人です。子どもの時にウソをつくのは、ウソつきになるためではなく、ウソをつくとどうなるかを勉強するためです。でも自分がウソをついたことをわかっていなければ、ウソから勉強することができません。そしてウソをついていることに気付かないままウソをつく、本物のウソつきになります。ジイジはそういう大人にたくさん出会ってきました。大人は子どもに「ウソをつくな」と言いますね。でも実は、大人の方がもっとウソつきです。つまり、人間というのはウソつきなのです。

畑で作物を育てていると、いろんなものに出会います。まず一番に太陽、そして植物、動物、土、雨、風 ──── みんな正直です。もしも作物の出来が悪ければ、それは土のバランスが崩れていたり、気候が合わなかったりと、どこに原因があるのかを正直に教えてくれます。肥料をやりすぎれば、作物は病気になって、人間の間違いを教えてくれます。人間がいつも自然から学ぼうと思っていれば、自然は決してウソをつかずに、正直にいろいろなことを教えてくれるのです。だから自然の中にいると、感謝の気持ちが湧いてきて、とても心が穏やかになります。
ところがそこに人間が来ると、ウソが生まれます。人間たちは、何に対しても自分に都合のいいようにものを考えるからです。でもそれは本当のことと違いますから、必ず問題につながります。ということは、人間たちが生きていると問題が起きるということです。
人はウソをつく時に、それを言うことでいいことがあると思っています。だからウソをつくんでしょう?でもウソをつくと、必ず自分の思っていたこととは反対の、都合の悪いことが起きます。人生の途中では得をしたと思っても、必ず生きている間に、そのウソの分だけの困ったことを受け取らないと死んではいけないようになっています。そしてウソつきのままで人生を終わると、次にまた生まれてくる時には、ウソつきとして人生がスタートするのです。

ウソをつき続けると、心が悪い人になります。そうすると、人生を生きていてもいいことが起きないようになっています。そうやってこの世界は「ウソをつくのはよくないよ」ということを教えてくれているのです。
だから、子どものうちには勉強として、どうぞたくさんウソをついてください。そしてたくさん困ってください。どうして困ったのかといったら、自分がウソをついたからだということに気付いてください。そうしたら、きっとウソをつかない人になるでしょう。
そしてどうぞ、美しい人生を歩んでください。

以上、ジイジのウソつき講座でした♪

 


美しく生きるとは、生命のありのままの姿を表現すること。その生命は、性から始まります。21世紀の死生観・第四部(2018年冬至発行)では、私たち生命の源である性の真実を解き明かします!


美しい生き方についてさらに実践的に学びたい方は、毎年2月から3月に木の花ファミリーにて開催される「1ヶ月間の真学校」にご参加ください。→「1ヶ月間の真学校」専用ブログ

*1ヶ月間の真学校は、1ヶ月間木の花ファミリーに滞在しながら、「自分」という囚われを外し、既存の価値観を超えて世界観を大きく広げ、様々な切り口から21世紀の人類の生き方を実践的に学ぶプログラムです。ただ今、2019年受講生を募集しています。詳しくはこちら

 

 

→ 21世紀の死生観第四部「性 ー すべてのはじまり」へ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です