ネギのチェーンポット

去年から実験的にネギの定植にチェーンポットを使いはじめました

紙製の成分解性ポットです。定植機にセットして引っ張ると植えられるという優れもの。今までは手で植えていたのですが、面積が大きくなったため、手植えだと時間がかかりずぎるので、導入しました。去年は、きびもチェーンポッとでやりました。はじめに育苗するので初期に草負けしないというメリットがあり、いい感じでした。後、引っ張るだけでいいので、しゃがんだりの作業もなく、植え付けスピードも10倍くらい早いかも。とにかく楽でした

今日は、まず、種の播種作業をしました

IMG_2063

チェーンポッとを広げて、育苗箱にセットします

IMG_2098

土詰め機で土をつめます

IMG_2077

種を蒔くための穴を開けます

IMG_2092

種まき板をセットして種をまきます

IMG_2076

最後に覆土をして終わり

これを育苗して、定植していきます


One thought on “ネギのチェーンポット”

  1. 自分トコには 定植機がなかったので、手で伸ばしながら植えましたよ^^

    それでも、苗から手植えより、数倍早い!!
    チェーンポット様様です♪

はぐはぐ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です