いちごさん ありがとう

畑隊の和子ちゃんより、ブログ初投稿です!

IMG_1726
 
■    ■    ■
 
毎日、いちごさんのお世話をさせてもらっている和子です。

いちごさんが実をつけるのも、もうあと少し。収穫しながら、打ち上げ花火のクライマックスのように、数々の花を咲かせてもえつきて終わっていく、そんなイメージと重なって、本当にいちごさんありがとう、おつかれさま、と語りかけました。

定植してから8ヶ月間ずっとみてきて、天然循環法である作物の声をききながら育てていくということを心がけて、試行錯誤しながらここまできました。
ふりかえった時に、なんだか涙が出てきました。
こんなに心をかけていとおしく思う気持ちは、お金をもとめるのではなく、作物から学ぶことを目的としているからです。
毎日顔をみにいくのが楽しみです。赤い実がずらっとならんで輝いているのをみると、本当にうれしくなり、甘くていい香りが最高です。
 
130205-085902

木の花では、3種類のいちごをつくっています。

とちおとめ・・・一番早くなりだし、実も大きくて色も濃いです。糖度12.7。

あきひめ・・・形は細長く、さわやかな甘みで、たくさんとれます。糖度15.5。

紅ほっぺ・・・形は三角で、酸味が強くとってもおいしいです。おすすめ。糖度17.6。

種類によって肥料の加減も違っていて、特に紅ほっぺはたくさんいるので、その分手をかけてあげます。

ワカメをしいてあげました
苗の脇にワカメをしく

今年は、いちごの植えてあるところに落ち葉をしき、その上にいただいたワカメをしき、さらに青草をしきました。
台風のさなかに、もしかしてハウスがたおれて崩壊するかもしれない、私の命も、いちごさんも危ないかもしれない、と思いながらワカメをしきつめていたことを思いだし、なんだかこっけいでした。

定植してからしばらくして、こがね虫の被害にあい、次から次へと苗がしおれていきます。
みてみると、根が全然張ってなく、虫がいたずらします。たくさんの数を入れかえしました。

次に、アブラムシの被害にもあいました。
葉の生きよいが弱かったので、栄養補給にと、昨年の夏、微生物菌、活性液にスイカやメロンなどの皮をつけておき、発酵させて酵素にしたものをあたえたり、糖蜜をとかして入れたり、尿酵素を入れたり、元気づけてあげました。すると、葉のうらに、アブラムシ、ダニなどいっぱいくっついて、かゆそうでした。それをとりのぞくために、最初ははけではらいながらつぶしていきましたが、おいつきません。そこで、メンバーに知恵をもらい、水で洗い流すことにしました。何回もするうちに少なくなってきて、葉が本当にきれいになったね、といわれました。

 
IMG_1796

ハウスの近くのいちごの専業農家さんが時々みにきてくれます。いやぁ、すごいアブラムシだなぁ、こんだけついてりゃーこりゃーだめだ、いちご、とれないよ、といわれ、危機を感じ、何とか助けなきゃぁと思いつづけた結果、次に見にいらした時、やぁー、きれいになったね、よくやったね、花芽もいっぱいついてきた、といわれました。
その後、実もふくらみ、たくさんのいちごが収穫できました。

化学肥料、化学農薬ばりばりする農家さんにとって、無農薬で化学肥料を使わないでできることは、おどろきのことだと思います。でも、できるんです。こんなにきれいないちごが!農家さんも、とてもびっくりしていました。

難しいことが可能になっていきます。しかも、味が濃くておいしいし、体に良い。一口食べただけで力がわいてくるといわれたこともあります。一度食べた人が、おいしかった、またお願いします、とリピーターになってくれて、配送や、近くのお店においてもらって、出荷しています。

木の花では、月に1度の食事会、春のお茶会、注文のお弁当、お誕生日会のケーキにつかったり、ジャムにしたり、いちごのアイスにしたり、期間限定のいちごをいろいろな形で楽しんでもらっています。
とくにお茶会では、いちごをメインとしたスイーツで、当日600ヶ用意するため、前日からためておき、まにあわせられるのかどきどきしました。でも、おかげさまで、まにあいました。みんなに喜ばれて、大活躍でした。
 

お茶会に登場したいちごのタルト
お茶会に登場したいちごのタルト

デザートはいちごづくし
デザートはいちごづくし

みんな大喜び!
みんな大喜び!

 
そのうち、収穫量のピークをすぎ露に入ってくると、今度はナメクジ大発生です。たくさんのいちごがナメクジの被害により穴が開き、自家用がたくさん増えてしまいました。

夜のナメクジ取り部隊
夜にみんなでナメクジとり

どう対策していくか、と思っていたら、メンバーのかっちゃんが、バナナの皮を置いておくとそこによってくるよ、そしてそのまま捨てればいい、夜7時〜8時頃見にいくと活発に活動しているころだよ、と教えてくれたので、夕食後、7〜8人でナメクジとりにいきました。
ヘッドライトをつけながら、はしと、木酢液を入れたようきをもって、ナメクジとり。すごい数が動いています。ごめんね、ナメクジさん、土にかえってね。
 
というわけで、もうすぐいちごも終了になりますが、一方で、今年の9月に定植する苗をそろそろ作りはじめます。親株からランナーをのばして、苗をとっていきます。もうクリスマスにむけてのいちごの苗を育てています。
こうやって命が循環して、まわっているなぁと感じている今日この頃です。

作物を通して、どうすくすく育っていってもらえるのか、手助けし、何をしてほしいのかよみとって、会話していくことが、本当に大切だとあらためて思います。
そして、太陽であり、水であり、空気であり、大地であり、自然が一体となってその中に自分もいる。すべてひとつだと感じます。

いい響きをもって、作物と接し、心を学んでいきます。
これからも、エネルギーのある野菜を作っていきますので、宜しくお願いします。

ありがとうございました。

和子

 

ピカピカのいちごたち
ピカピカのいちごさんたち

 

 
 


落花生と私

8月中旬から始まった落花生収穫。
渡球ハウス東という広大な畑に、中落花・大落花・黒落花・金時落花の4種類の落花生があります。
木の花ファミリーがある静岡県富士宮市では、生の落花生を塩茹でして食べる文化があります。
朝早く収穫した落花生を、新鮮な状態で店頭に並べると、即座に売り切れになるくらいファンが定着していて、売上の面で木の花に大きく貢献しています。
大富士という農産物直売所では、一日で約3万円もの売上があった日もありました。

140912-065531

落花生を出荷に出すまでには、大きく以下の工程に分けることができます。
1.収穫
2.洗い
3.選別
4.袋詰め
5.納品
上記の1.~4.については、主に僕が主導で作業をすすめていきます。
1.収穫と3.選別については、とくに人手が必要になるので、他のチームから毎回数名の助っ人をもらってこなしています。
せっかく手伝いに来てくれた人達が、無駄なくそしてご機嫌に仕事ができるように考えるのは、とても楽しいトレーニングでもあり、反射神経が鍛えられます。

それとデータ管理が大きなポイントになります。
特に以下のデータが重要になります。
・1メートルで何kgの落花生が採れるのか
・収穫した落花生の中から何%が出荷可能なのか
最近のデータを参照しながら、どれだけ収穫してどれだけ出荷できるかを算出します。

落花生畑全体の構成を把握しつつ、収穫のタイミングと量を見計らいながら、美味しい落花生を提供していくことは、職業としては百姓でありながらも、これは経営者的な視点でものを考えているということだろうか、と感じるときがあります。
それは数字だけで考えるのではなく、まめに作物を観察することが重要です。

140912-072942

あと、落花生の作業を通じて、様々な心の学びがありました。
僕は日頃の意識の持ち方を自分流にあれこれ創作するのですが、その心の根底には欲や恐れがあり、それをやっていると大事な気付き(=直観)を見落とすことにもつながるように思うのです。
今はそういったものをすべてとっぱらって、何も考えずにただ無心に働くことこそ真髄である、というふうに変化してきました。
とはいえ、これもまた今後変化していくと思います。
「自分がこうありたい・これをしたい」というエゴが強い僕からすると、落花生に多くの時間を割いてしまうことで、その他の事に割く時間が減ってしまうことに不安感を持っていたこともありました。
今は「落花生道場」という貴重な機会を与えてもらったことに感謝しています。


奇跡が起きた ― 裸足で畑に入ろう

『アナスタシア』(ウラジーミル・メグレ著)にヒントをもらい、乳がんを持つさっちゃんが裸足で畑に入って以来、裸足で畑に入るメンバーが増殖中の木の花!
子宮筋腫を持つ収穫隊のくわっちも、ししとうを裸足で定植しました。以来くわっちは、普段の収穫も裸足で行っています。

IMGP0095
裸足でキュウリの収穫をするくわっち

くわっちに感想を聞いてみると、
IMGP0105-001「とにかく初日がすごかった。畑から出ても、夜寝る時も足がじんじんするくらい温まってた。
大地のエネルギーをもらってるー!って感じ。」

そんなくわっちを見ていた同じく収穫隊のまゆちゃんも、裸足で畑に入り始めました。
「もともと冷え性だったのに、今は夜まで足がぽかぽかしてるの。指先がピンク色になるんだよ。すごく気持ちいいし、長靴で入っていた時よりも、畑に対してやさしい気持ちになれる。」
 
先日の玉ねぎ一斉収穫の時には、応援にかけつけた他のメンバーも次々と裸足になりました。
最初は「痛そう・・・」と思ったものの、いざ畑に入るとフカフカでびっくり!

DSC_0048-001
DSC_0016
DSC_0054
とにかく気持よくて、足がぽかぽかになったとみんな。
  
そして昨日、りゅうしろうも初めて裸足で畑に入りました。

IT業務兼畑担当のりゅうしろう
IT業務兼畑担当のりゅうしろう

りゅうしろうに感想を聞くと、開口一番、
「奇跡が起きた」。

もともと人のマネをするのが嫌いで、「裸足でやったからって何なんだ」と小バカにしていた面もあったというりゅうしろう。
この日は何となく疲れを感じていて、昼寝から目が覚めても畑に行く気になれなかったのだとか。それでもくわっちと一緒にオクラの間引きに出かけ、裸足で作業をするくわっちを見て、「やってみるか」と靴を脱ぎました。

「畑に入った瞬間から、いい感触があった。子供の頃に裸足で砂遊びしてたような感覚かな。それで、すっと気持ちがラクになった。
自分の中でエネルギーが滞ってるのを感じてたんだけど、大地とつながったことで、それが正常に流れたような感じ。自分からエネルギーが流れていってるのか、大地からエネルギーが流れてきてるのか、きっと両方だね。その縦のエネルギーの循環と同時に、横、つまり人との交換も感じたんだ。」

普段、思っていることをあまり口にせず、表情にも出ないので「何考えてるかわかりにくい!」が定評のりゅうしろうですが、この日は、一緒に畑仕事をしていたくわっちと「心の交流を感じた」と言います。

「いつものようなインフォメーション(情報)の交換だけじゃなくて、エモーション(感情)の交換をした感じ。それは湧いてこなければ出しようがないけど、裸足で大地に触れたことで、そのきっかけをもらったのかな。エネルギーが循環したことで、普段閉じているところが開放されて、それを伝えてみたら、向こうからも返って来た。これで何かが一変するわけじゃないけど、こういうことを続けていくことで、どんどん循環して、流れが良くなっていくんだと思う。」

 
近ごろ「空気が変わった」と噂の木の花ファミリーの畑へ、みなさん、ぜひお越しください♪
  


「ひろみのパワフルにんにく」販売始めました!

今年も、ひろみが丹精込めて育てたにんにくを販売します!

畑のエース・ひろみちゃん
畑のエース・ひろみちゃん

毎年同じ畑で育てて、土にもしっかり情報が記憶されつつある木の花のにんにく。
今年も立派なにんにくがたくさんとれました。

みんなで一斉収穫
みんなで一斉収穫
抜いたにんにくを畝の上に並べていきます
抜いたにんにくを畝の上に並べていきます
見事な出来!
見事な出来!

豊作のにんにくを傷まないように保存することが毎年の課題でしたが、今年は富士宮よりも涼しい大町ビレッジの新しい倉庫へ保存することになりました。

大町の倉庫に並んだにんにく
大町の倉庫に並んだにんにく

 
畑隊は今、これまでの自然農法からさらに一歩先へ進んで、目に見える自然界の奥にある法則を感じ、それをこの世界に表現していく“天然農法”に取り組んでいます。

ダンプカーも管理機の扱いもお手のもの!
ダンプカーも管理機の扱いもお手のもの!

ベビーフェイスの見かけによらず、男子顔負けのパワーで「人の3倍働いてる?!」ようなひろみちゃん。抜群の機動力で木の花の畑をぐいぐいとけん引していく一方で、もともと作物にかける想いは人一倍細やかでした。カタカムナと出会ったことで、これまで以上に、目に見える世界の奥にあるものへ想いを向けるようになったと言います。
「今は、“感じる”ってことを大切にしてる。どうしてあげたら作物が一番喜ぶかな、って。そのためには、よく観察することだよね。車で畑の前を通り過ぎる時も、いつも“どうかな、大丈夫かな”って想いを向けてるよ。」
 
そんなひろみちゃんの愛情とパワーを受けて育ったにんにくの販売を始めました。
その名も「ひろみのパワフルにんにく」!びっくりするほど甘く、ただ素焼きにするだけでほんとうに美味しいのです。
通年出回る干したにんにくより香りもやわらかくジューシーな旬の味覚を、ぜひおためしください!

ご購入はこちら!
 ↓
木の花ファミリーネットショップ「ひろみのパワフルにんにく
*お手軽レシピも掲載しています♪
 

ちなみに「ひろみちゃんが畑で一番大切にしていることは何?」と聞いてみると、
「みんなで楽しく作業ができること。
 うちの畑には、ヘルパーさんやケア滞在の人や、いろんな人が関わってくれるでしょ。
 そのみんなのいいエネルギーが作物に届くように、楽しみながらやれたらいいなと思ってるよ。」
 

みんなのエネルギーを受けて育ったにんにくを、どうぞ召し上がれ!
みんなのエネルギーを受けて育ったにんにくを、どうぞ召し上がれ!

 
 


さっちゃんのトマト定植

先日木の花ファミリーブログの「さっちゃん物語 〜乳ガンをいただいて」にてご紹介したさっちゃんが、トマトの苗木の定植をしました。

素手に裸足で定植をするさっちゃん
素手に裸足で定植をするさっちゃん

この定植、見ての通り、素手に裸足で行っています。これは、ウラジーミル・メグレ著『アナスタシア』という本を読んだ、育苗隊のきょうこちゃんの提案によるものです。

『アナスタシア』はロシア発の世界的ベストセラーで、日本でも第3巻までが出版されています。シベリアの森の中に住むアナスタシアという女性が、既存の社会の価値観を超えて人間の存在とは何かを伝えてくれる物語で、インターネットのレビューには「感動で涙があふれた」「すべての人に読んでほしい」などの言葉が並んでいます。その世界観は木の花の日々の暮らしとも深く通じていることから、ただ今メンバー(特に女性)たちの間で密かなブームになっているのでした。

この『アナスタシア』の中に、植物について書かれている章があります。
植物の実には人間が作るどんな薬よりも病と戦う力があり、実になる前の種に自分の体の状態を知らせておくと、種は宇宙や地球からその人に必要なエネルギーを吸い込み、その人がお世話をしていくことで、その人持つ病を癒やす力のある実を実らせる ――――
そこで、普段はおひさまハウスひまわりで家事をしているさっちゃんが、トマトの播種(種まき)からやってみよう、ということになりました。

口に含んだ種を両手で包み、その種を空に向けて天体に見せる。その瞬間、種は発芽の時期を決め、全ての惑星がその新芽が必要とする光を降り注いで、手助けをするのだそうです。そうして蒔いて、育てた苗木を、今度は畑に植え替えます。

定植は、素手に素足で行いました。

003

005
体の病に関する情報を含んだ物質は足から汗として流れでて、苗木はその情報を取り込み、実に運んで、病と戦う力を蓄えるのだそうです。だから時々畑を裸足で歩くといいのだとか!
 
品種は「まほうのトマト」です。

007
  
さっちゃんに感想を聞いてみると、
「すごくリッチな気分(笑)。自分のためのトマトなんて、贅沢だと思わない?それをみんなが手助けしてくれるんだよ。みんながいろいろ用意してくれて、私は種まいて定植するだけ。自分の頑固さからガンになったのに、こんな特別待遇でよろしいんでしょうか(笑)。
植物はその人の情報を取り入れて、その人に足りないものを実らせてくれるみたい。植物って、与えるばっかりなんだって。やさしいね。人間は、もらおう、もらおうってするのにね。」

 
いつも長靴を履いて畑を歩いていたきょうこちゃんも、さっちゃんと一緒に裸足で歩いたらとても気持ちよかったのだそうです。
 
 
さて、さっちゃんのまほうのトマトは、どんな実を実らせるのでしょうか。
これからも、皆さんにお伝えしていきますね!