img_8773

一人ひとりの心が変われば世界は変わる!〜雑誌「コミュニティズ」より

雑誌「コミュニティズ」
雑誌「コミュニティズ」

アメリカのコミュニティ向け専門誌である「コミュニティズ」という雑誌の2016年秋号に、ファミリーメンバーのようこちゃんの記事が掲載されました!
これは今年の春に「奉仕と活動」というテーマでの執筆依頼を受けて、自然療法プログラムのコーディネーターを務めるようこちゃんが寄稿したものです。以下に、その日本語版の全文をご紹介します。

ようこちゃん
ようこちゃん

– – – – – – – – – – – – –

一人ひとりの心が変われば世界は変わる!

「ここは一体何なのだろう・・・これほど穏やかに人々が暮らしている姿を観たことがない。このような心で生きられたら、人生で他に何も望むものはないだろう。」当時29歳のわたしが日本の富士山麓にある木の花ファミリーを初めて訪問したとき、今までの人生で想像さえしなかった世界に出会いました。そして、「わたしの残りの人生でやるべきことを見つけた!それはここにいる人たちのように穏やかな心でいられるよう、皆が日々実践している心磨きをすることだ」と思い、それから4ヶ月後、木の花ファミリーに移住したのでした。その時わたしは30歳でした。

移住して間もない頃の木の花ファミリー
移住して間もない頃の木の花ファミリー

木の花ファミリーは、赤ちゃんからお年寄りまで血縁を超えた80名のメンバーとゲストを合わせて100名近い人々が一つの大家族として暮らす農的共同体です。創設者である古田偉佐美(通称いさどん)は1981年以降天からメッセージを受けるようになり、1992年、天の意志を地球全体に広めるよう天啓を与えられました。1994年、20名のメンバーが木の花農園を創立し、その後木の花ファミリーと改称しました。「木の花」という名は富士山の主神「コノハナサクヤヒメノミコト」に由来しています。それ以降、木の花メンバーは、人々がつながり、互いに助け合い、自然や生きとし生けるものと調和して暮らす菩薩の里を富士山麓に確立してきました。菩薩とは、他者の喜びを自らの喜びとし、世の為人の為に生きる存在です。

わたしが初めて木の花ファミリーを訪れたとき人々の心の中に観たものは、まさに「菩薩の精神」でした。そしてメンバーになった後、菩薩の精神を元に木の花ファミリーでは様々な社会貢献を行っていることを知りました。その一つとして、木の花ファミリーでは「自然療法プログラム」を提供しています。これは30数年に渡って10000件を越える人生相談に応じてきたいさどんをメインコーディネーターとして、うつ病や統合失調症などの精神疾患、薬物・アルコール・ニコチン等の依存症、そして不登校・引きこもりなどの問題行動や生活習慣病等を抱えている人たちがここに滞在しながら、薬に頼らず心身の健康を取り戻していくプログラムです。わたしは心磨きという未知の道を歩むためには、いさどんの元で学ぶことが最善だと閃き、いさどんと共に自然療法プログラムの担当になることを希望しました。また、今まで10年、20年に渡って改善しなかったうつ病がわずか1ヶ月で完治するようなケースを目の当たりにし、その秘密を紐解くことが新たな時代の社会創りや人々の目覚めのヒントになると強く感じました。そうしたわたしの熱意に触れたファミリーメンバーは、わたしが自然療法プログラムの担当になることを快く受け入れてくれました。このようにして、わたしの心磨きの道はスタートしたのです!

木の花ファミリーが創立されてから最初の10年間はコミュニティとしての土台づくりの期間であり、その後社会貢献の一環として自然療法プログラムが提供されるようになったのですが、当初は原則困っている人なら誰でも受け入れてきました。そうすると、中にはコミュニケーションが取れず暴力を振るう人や裸で施設外に飛び出していく人もいて、その結果わたしたちが警察から呼び出しを受けることもたびたびあり、それはそれはたいへんな時代でした。そこで、その人が改善されるタイミングが来ていないのにここで受け入れることには限界があると悟り、以降、面談で事前に本人の意志を確認し、改善の可能性のある人を受け入れるようになったのです。その結果、現在ではうつ病の人であれば、ほぼ100%改善されるようになりました。さらに、お医者さんからは一生治らないと言われた病を抱えた人でさえ、ここでは治るのです!

Yさんの物語

わたしは精神疾患を長年抱えてきた多くの人々とここで出会ってきましたが、その中でもYさんとの出会いはわたしの人生にとって最も衝撃的でした。2010年春、5年間患っていた統合失調症を改善するため初めてファミリーを訪れたYさん(当時28歳)は、彼女が病気になったためにうつ病になってしまった父親(当時61歳)と一緒にいさどんの面談を受けました。統合失調症の症状である幻覚・幻聴のみならず幻触まで現れ、コミュニケーションがスムーズに取れず、まるでロボットのようにぎこちなく手足を動かしている彼女を見たわたしは、「これほど重度の統合失調症の人にわたしは出会ったことがない。たとえ彼女がここに滞在したとしても、改善されることは難しいだろう」と思いました。ところが、彼女が改善される可能性を見出したいさどんは、病気をもたらした心の性質にしっかりと向き合い、それを改善していけば社会復帰できるでしょう、と彼女に伝えたのです!

その時のことを今、彼女はこう振り返ります。「初対面のいさどんにずばっと自分の本質を突かれたことが今でもとても印象に残っています。いさどんに『あなたは二重人格で嘘つきだね』と言われたことがその通りだったので、『この人は本物だ!この人を信じて取り組んでみよう』と思い、その年の秋に自然療法プログラムをスタートすることにしたのです。」

こうして自然療法プログラムをスタートし、みんなが善意で接しているのを感じたYさんからは徐々に緊張や不安が解消され、それと共に体の動きも自然な姿に戻っていきました。そうした姿を間近で観ることは、わたしにとって信じられないような想いと同時に大きな喜びでした。また、少しずつリラックスできるようになった彼女が滞在を開始して3日目には減薬を始め、滞在10日後には断薬し、薬がなくなっても症状が変わらないことを目の当たりにしたとき、ここには薬に代わる何かがあるのだとわたしは考えるようになりました。

今、Yさんはケア滞在の最初の2ヶ月をこう振り返ります。「毎晩の大人会議を含め生活の中でみんなが真剣に心を学ぶ姿勢から自分も学んでいくことができました。みんなと話す中でみんなが伝えてくれるベースにはその人を想う愛があることもわかりました。また、いさどんとの面談もとても効果がありました。1週間毎に行われる面談ではいさどんから課題が与えられるのですが、その結果を受けてまた次の面談で新たな課題が与えられていくのです。滞在1週間後から日記を書くことが課題として与えられたのですが、日々の中で自分を見つめ、自分が何を考え感じているのかについても、少しずつ気付けるようになっていきました。」

そして滞在がスタートしてから2ヶ月が経ったとき、Yさんがなぜ病気と呼ばれる現象をもらったのか、その事実に真正面から向き合う機会が訪れたのです!今、当時のことをYさんはこう振り返ります。「自意識の強いわたしには自分の非を認めたくないという自己防衛本能が働いていたのでしょう。だから、病気を引き起こした自らの心に向き合うために2ヶ月という準備期間が必要だったのです。滞在してから2ヶ月後、木の花ファミリーの思いやりにあふれた環境の中で自己防衛をしないでいられるようになり、自らの心を観る精度が高まった段階で、いさどんからわたしが二重人格になった経緯を次のように伝えられました。『あなたは幼い頃から母親や周囲に対して感情を抑圧する癖があり、就職してからは感情をさらに抑圧してきました。そして幻聴が始まった23歳の時に、今まで抑えていた感情が自らの手から離れて暴走し、コントロール出来なくなり、現実逃避の果てに別の人格(自分を罵倒する声)を作ってしまったのでしょう。』いさどんがそれを解明したのは、わたしの心の中にわたしが病気となる原因を作った種がある、とまさに気付き始めていたときでした。それまでのわたしなら自分の病気を両親や環境のせいにしていたので、いさどんの言っていることをそのまま受け入れることができなかったかもしれません。この面談を境に、自分ともう一人の人格を同一化する作業を第一に進めながら、自分が病気だというよりも、自分の心がそのような病的な状態をつくったのだと捉えるようになりました。それからは自意識が強い自分をよく知って、自己コントロールしていくことがもっとも大きなテーマとなりました。」

それ以降、Yさんの思考がどんどん秩序だったものとなり、彼女が書く日記や大人会議での発言も客観性を帯びた安定したものになっていきました。さらに、表情も明るく顔つきも健康になっていき、滞在3ヶ月半でYさんは見事自然療法プログラムを卒業したのです!

天からの贈り物を分かち合っていく

その後、彼女はここで長期滞在を続け、アルバイトをしながら、「かつてのわたしのような病を持つ人々を支援する仕事に就き、少しでも人の役に立ちたい」という想いから、精神保健福祉士になるための学校に通い始めました。その2年後、見事資格を取得したYさんは、2015年夏から精神保健福祉士として精神科病院に勤務するようになったのです。

現在、来院する患者さんの話を聞きながら忙しい毎日を送るYさんはこう語ります。「現代の医療は主に表面的に現れた症状に対処する対症療法であり、一般に心理カウンセリングなどもありますが、木の花ファミリーの自然療法プログラムほど心の精度の高いものにわたしは出会ったことがありません。そのため、精神科病院で出会う人の中には木の花ファミリーに来て自然療法プログラムを受けたらいいと思う人がたくさんいます。わたしはこのプログラムを受けて、自分を知り、コントロールする力を身につけさせていただいたことで、少し自信がつきました。このプログラムを受けた人たちを観ると、意欲を持って取り組んだ人達はどんどん変化し、元気になっていく姿がありました。わたし自身その姿に感動したことや、元気になった姿を見させていただいたことへの感謝が湧いてくることが何度もありました。ファミリーメンバーがこうした人々を受け入れ、人が変化していくことに寄り添い、共に歩み、回復することの喜びを共有することは素晴らしいと思いました。わたしだけではなく、ここではたくさんの人が病気の状態から脱し社会復帰していったことは、まさにここが真の癒しを提供する愛ある場である証拠です。ここはこれからの社会、また人類にとって貴重で重要なコミュニティです。」

6年前に木の花ファミリーに出会ったときは自分という狭い枠に囚われ、病的状態にまで至ってしまったYさんに今、他者の喜びを自らの喜びとする「菩薩の精神」が芽生えてきたのです。わたしが木の花ファミリーメンバーになってからもうじき9年になりますが、自然療法プログラムを担当することを通して、自分自身の成長のみならず他者のために貢献できるよう心磨きをすることは、まさにわたしの天命であったとますます実感しています。驚くべきほど短期間で人の変化を間近で見せてもらえるたいへん貴重な機会をいただき、うつ病や統合失調症などの精神疾患のみならずアトピーや糖尿病といったあらゆる心身の問題はすべて心が原因であるという真理に出会えたことは、この世界にあるすべての問題を解き明かす鍵を手に入れたも同然なのです!

日本語で「病気」は「気が病む」と書き、その原因は心(気)の滞りにあります。病気とは生命のバランスが崩れ、命と命が響き合わない状態です。それとは逆に、「健康」とは「元気」なことであり、元の気の通りに命と命が響き合いながら、連鎖し循環する姿です。木の花ファミリーの自然療法プログラムでは、20年以上もの間心の病を抱えていた人たちがわずか数ヶ月で回復するケースが多々あり、人はそれを「奇跡」と呼びます。しかしながら、なぜ病気に至ったのかを過去から現在に至るまで緻密に観ていき、病気を引き起こした心のあり方を改善する意欲さえあれば、誰でもその状態を克服することができるのです。それはこの世界の法則から捉えれば、「奇跡」なのではなく、至極「当たり前」のことです。真の意味で病気とは、本来の生命のあるべき姿から外れていることをわたしたちに知らせるメッセージであり、元の状態に戻そうとする自浄作用なのですから、ありがたいことでもあるのです。しかし、できれば健康なうちに命のありがたさに気付きたいものです。そのために、ファミリーメンバーは心磨きを最優先にして日々を生き、「菩薩」になるための道を歩んでいるのです。

わたしたちはYさんを治療したのではありません。彼女がなぜそのような状態になったのかを共に探っていっただけなのです。そして、彼女が自らの姿勢を振り返り、元の調和の心に還っていっただけなのです。わたしの生き方も木の花ファミリーの生活も、世界中にそうした調和のネットワークが広がっていくためにあります。ですから、すべての人々が健康になることはわたしたちの願いです。一人ひとりの健全な体と心が健全な世界を創っていきます。一人ひとりの心が変われば、世界は変わるのです。一人ひとりの心が元の調和の心に還っていけば、自ずと病気は消え、世界中のあらゆる問題事が自動的に解決し、平和が地球上に訪れるのです。

21世紀は人類がそのことに目覚める時代です。善意・愛・調和のネットワークが地球全体に広がることを願って、今日も日本の富士山麓にある心の湯治場では、皆さんのお越しを楽しみにお待ちしています。

 

14107811_small
2016年9月、収穫祭にて

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です